乾燥肌体質は改善できる!

MENU

乾燥肌を根本から治すために体質改善したい!

体質改善は生活習慣から

 

乾燥肌は肌質ではありません。
日ごろのケア次第では乾燥肌を克服し、普通肌になることもできるんです!

 

とは言え、乾燥肌を自覚している人が普通肌になるには時間がかかります。

 

化粧品など小手先の対策だけでなく、根本的な体質改善が必要になるんです。

 

でも、本腰を入れて体質改善に取り組めば、肌質は劇的に改善していきますよ!

 

※長い記事ですが、乾燥肌対策として実践していただきたいことをすべて網羅しています。このページを保存して、定期的に読み返してみてくださいね。

 

乾燥肌を根本的に改善する体質改善とは?

 

体質改善のためにやるべきことは正直たくさんあります。
一気にやろうとせず、1つずつ実践していくようにしてくださいね。

 

乾燥肌の体質改善ポイントは以下の4点です。

 

  • 食事
  • 入浴
  • 運動
  • 睡眠

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

乾燥肌を克服する食生活

甘いものはNG

 

肌は食べたものから作られます。どれだけ高い化粧品を使っていても、皮膚の細胞を作る材料(栄養)が不足していては意味がありません!

 

また、肌の刺激になる食材もありますから、注意が必要です。

 

脂っこいものと甘いものを控える

脂質や糖質は美容の大敵です。
禁止する必要はありませんが、普段は控えめにしましょう。

 

特に気を付けたいのはこんな食べ物です。

 

揚げ物
洋菓子
菓子パン
ジュース

 

甘いものも和菓子なら比較的ダメージが少ないですよ。

 

一方、脂質の中には肌に良いものもあります。以下の食材については、積極的に取り入れてみてくださいね。

 

  • 魚(特にマグロ、イワシ、サバなど)
  • アマニ油
  • えごま油
  • シソ油

これらはオメガ3系不飽和脂肪酸と呼ばれる脂質で、DHA・EPA・αリノレン酸といった成分が入っています。

 

野菜・果物をたっぷりと

野菜とスムージー

 

美肌になる栄養素として「ビタミンB群がいい」とか「大豆がいい」だとかいろんな話を聞きますが、正直そんなに覚える必要はありません!

 

それよりも、野菜・果物をたっぷりと摂るようにしてください

 

特に、色の濃い野菜です。キャベツや白菜ばかりではなく、色の濃い食材を選ぶように意識しましょう。

 

色の濃い野菜というのはポリフェノールなど抗酸化作用のある成分が入っていることが多いからです。

 

たとえば、こんな野菜がおすすめですよ。

 

  • トマト
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • ほうれん草

などなど……。

 

「色が濃いかどうか」を基準に選んでくださいね。

 

果物は、「1日1個」を目安にしましょう。

 

具体的には、リンゴなら1個、みかんなら2個、といったところ。

 

ただし、果物は糖分も多いため、なるべく朝に食べるのがおすすめですよ。

 

余力があれば、ぜひ手作りスムージーにもチャレンジしてみましょう!

 

【スムージーの作り方】
  1. 入れたい野菜と果物を用意する
  2. ミキサーに入る大きさにカットする
  3. ミキサーに食材と水を入れる
  4. ミキサーで撹拌する

 

分量は、ミキサーの8割ぐらいまで食材を入れる感じで、厳密には決まっていません。
水は、ミキサーの半分ぐらいの位置まで。
※水の代わりに牛乳や豆乳を使ってもOKです。

 

【スムージーにおすすめの食材】
  • バナナ
  • キウイ
  • いちご
  • りんご
  • オレンジ
  • ブルーベリー

特に、年中手に入りやすく安価なバナナは、スムージーに入れても味を整えてくれるのでおすすめです!

 

たんぱく質は意識的に増やそう

赤み肉

 

美肌の栄養素と言うとビタミンやミネラルが真っ先に浮かぶ人が多いと思います。

 

でも、意外と軽視しがちなのがたんぱく質です。

 

たんぱく質は身体の細胞を作る材料になる栄養素。つまり、たんぱく質が不足していると正常な皮膚細胞も作られなくなってしまう、ということなんです!

 

たんぱく質の代表であるお肉は高脂質&高カロリーなので控えている人も多いのですが、美肌を作るたんぱく質もあるんですよ

 

美肌のために取り入れるべき食材にはこんなものがあります。

 

  • 魚介類
  • 大豆製品
  • 赤みの肉

 

おすすめ順です。

 

魚は比較的低カロリーで、DHAなど良質な脂質も含まれるため美容食材だと言えます。アスタキサンチンを含むサーモンもおすすめ。

 

豆腐、納豆、豆乳といった大豆製品には「大豆イソフラボン」をはじめさまざまな栄養素を含まれており、美容のためには欠かせませんよね。

 

もちろん、美肌効果もばっちりです。

 

卵は言うまでもなく完全栄養食で、しかも安価なので取り入れやすいのではないでしょうか。一時期はコレステロールの問題で避けられることも多かったですが、現在では1日2個程度食べても大丈夫だと言われています。

 

牛肉や豚肉、鶏肉といった肉類も、脂質が少ない部位を選べばヘルシーで、強い皮膚を作るための栄養素が摂取できますよ。

 

赤身の肉や、鶏肉ならムネやササミといった部位がおすすめです。

 

便秘気味の方は食物繊維を

 

腸内環境が悪化していると、肌のコンディションも悪くなります。肉の脂身や揚げ物などの脂質も腸に負担をかけるため控えたほうがいいんですね。

 

便秘気味の方は特に、食物繊維を積極的に摂るのがおすすめ。

 

食物繊維を摂ることにより便秘が解消されるほか、善玉菌を増やして腸内環境を整えることができますよ。

 

食物繊維が豊富な食材としてはこちらがおすすめですよ。

 

  • こんにゃく
  • きのこ
  • 海藻類
  • ごぼう

 

ほかにもいろいろありますが、身近な食材のほうが食生活に取り入れやすいと思います。

 

腹8分目にしよう

「これを食べれば美肌になれる!」ということばかり気にしていてはいけません。
大切なのは、「食べ過ぎないこと」です。

 

食事をとりすぎると、胃腸に負担がかかりますよね。特に、小腸に負担をかけると腸内環境が悪化してしまいます。

 

腸内環境が悪化すると……もうお分かりですね? 肌にも良くありません。

 

腸内環境が整っていると、肌に必要な栄養素もしっかり吸収されるようになり、肌が強くなりますよ。

 

いつもお腹いっぱいになるまで食べてしまっている人は、満腹感を感じる前に食事をやめるようにしてみましょう。

 

サプリメントの活用

サプリメント

 

ここまで、乾燥肌を克服するための食生活について紹介してきましたが、完璧な食生活なんてあり得ません

 

現代人は忙しいので、毎日自炊するのも難しいでしょう。

 

食事からでは栄養バランスが取れないと感じる人は、サプリメントを取り入れてもいいでしょう。

 

特に、以下の栄養素はサプリメントで取り入れてもいいと思います。

 

  • ビタミンB群
  • DHA、EPA(フィッシュオイル)
  • ヒアルロン酸 ・コラーゲン

 

美肌というとビタミンCが大事なのですが、意外とビタミンCは不足することが少ないり要素です。

 

それよりも、上記の栄養素のほうが不足しやすいので、試しにサプリメントで補ってみても良いでしょう。

 

水分補給も忘れずに

水分補給

 

乾燥肌の人の中には、身体の水分自体が不足している人もいます。

 

あまり水分を摂らない人、トイレの回数が少ない人は意識的に水分補給してください。

 

水分は水かお茶が基本ですが、一番おすすめなのはです。

 

水道水でもかまいませんよ。ただ、水道水は味が苦手という人も多いですし、その場合はペットボトルで購入したり、ウォーターサーバーを検討してみても良いでしょう。

 

ジュースなどカロリーのあるものは糖分の摂りすぎにつながるため、水分補給としては向きません。
たまに飲む程度にしましょう。

 

入浴のせいで乾燥していませんか?

毎日の入浴のせいで肌を乾燥させている人もいます。あなたの入浴方法は間違っていないでしょうか?

 

お湯の温度は「ぬるめ」が正解

ぬるま湯

 

入浴時のお湯の温度は、何度にしていますか?

 

熱いお湯が気持ちいいという人もいますが、乾燥肌の人には40度以上のお湯はおすすめしません。

 

なるべく、38度ぐらいのお湯を使うのがおすすめです。

 

熱いお湯で洗うと、必要な皮脂まで洗い流してしまうため余計に肌が乾燥します。

 

熱いお湯に慣れている人にとってはぬるすぎると感じる温度かもしれませんが、試しに数日間実践してください。

 

きっと、肌の感触がまるで違うと思います。

 

また、水圧にも注意。シャワーの水圧も強いほうが気持ちよく感じるものですが、乾燥肌の人は同じ水圧でも、細かいシャワーがおすすめ。

 

水道代が節約できる「節水シャワーヘッド」だと通常のシャワーよりも細かいお湯が出るため、肌にも優しいんですよ。

 

シャワーヘッドだけなら簡単に取り換えられますし、価格も2,000円しないので、試してみましょう。

 

ゴシゴシこすらない

肌は、物理的な刺激にも弱いものです。洗顔時に顔をゴシゴシこすっていませんか?

 

また、身体を洗うときに固いボディタオルを使っていないでしょうか?

 

しっかりと石鹸を泡立てれば、ゴシゴシとこすらなくても汚れはとれます。

 

身体も手で洗うのがおすすめですよ。

 

ゴシゴシとこする、かゆいときに掻くなど、物理的な刺激はなるべく肌に与えないでください。

 

肌が乾燥しているとかゆみを感じやすいので、洗うときにもゴシゴシこすってしまいたい気持ちは分かります。

 

でも、そうして強い刺激を与えることにより、ますます肌が傷ついて、ますます肌が乾燥することになるのです。

 

シャンプーやボディソープの選び方

シャンプー

 

化粧品は低刺激なものを選ぶのに、シャンプーやボディソープは家族と同じものを使っている、なんていうことはないですよね?

 

もし、あまり考えずに選んでいるなら今すぐ変えましょう!
また、「低刺激」や「無添加」と書かれた商品を選んでいる人も安心はできません。

 

一見肌によさそうな商品でも、実は大して低刺激ではない、ということも少なくないからです。

 

シャンプー・ボディソープについて、それぞれ選び方を紹介します。

 

【シャンプー・コンディショナー】

 

シャンプーには、大きく分けて3つの種類があります。そのうち、おすすめなのが「アミノ酸系シャンプー」です。

 

  • 高級アルコール系……市販のシャンプーの大半はこれ
  • アミノ酸系……美容院で売られているシャンプーはたいていこれ。
  • 石鹸系……肌が弱い人向けのシャンプー

 

一般的な市販のシャンプーは、洗浄力が高く価格が安いのが特徴ですが、洗浄力が高すぎて、肌が弱い人にとっては良くないんです。

 

一方、石鹸シャンプーとは、石鹸の成分から作られており、肌が弱い人やアトピー性皮膚炎を持っている人には人気があります。

 

ただ、石鹸シャンプーは使用感が悪いのがデメリット。どうしても髪がきしんでしまいます。

 

慣れれば石鹸シャンプーのほうがいいという人もいますので、チャレンジしてみる価値はありますよ。

 

アミノ酸系シャンプーは価格が高いのがデメリットですが、肌に優しく、使用感も問題ないので一番手軽に使えます。

 

価格が高いと言っても手が出ないほどではありません。

 

1本1,000円前後で購入できるものもありますよ。

 

シャンプーは顔にもつきますから、なるべく肌に優しいものを使ってくださいね。

 

【ボディソープ】

 

身体の肌まで乾燥してしまっているという人は、ボディソープも見直したほうがいいしょう。

 

正直、「ボディソープ」の使用はおすすめしません。

 

乾燥肌を改善したいのであれば、固形石鹸を使ってください

 

使い始めは肌がきしむような感覚がありますが、慣れるとその方がさっぱりして気持ちよくなるはずです。

 

固形石鹸にもいろいろありますが、一番刺激が少ないのは無添加の固形石鹸です。

 

香りが付いていたり色とりどりになっていたりするおしゃれな石鹸は添加物の入った「化粧石鹸」というものです。

 

そこまで肌にトラブルが無ければ、好みの化粧石鹸を使ってみても良いでしょう。

 

固形石鹸は、泡立てネットを使って泡立てたあと、その泡を手に取り、手で洗いましょう。

 

ボディタオルを使いたい人は、ナイロンのものは避け、なるべくやわらかい麻やシルクのものを選んでくださいね。

 

半身浴や反復浴を取り入れる

乾燥肌を克服するためにおすすめなのが、半身浴や反復浴です。

 

血行を良くすることで、必要な栄養素が皮膚に届けられるようになります。

 

半身浴は、みぞおちより下だけをお湯に浸ける入浴法。長時間入浴できるため、しっかり体が温まります。

 

反復浴は、お湯に入ったり出たりを繰り返す入浴法。体を洗って入浴、髪を洗って入浴、といった具合に、繰り返すことで体を温めます。

 

また、温冷交代浴という方法もあります。

 

これは、温かいお湯と冷たい水に交互に浸かるという入浴法で、もっとも美容・健康に良いと言われています。

 

ただ、自宅では2つも浴槽はありませんから、入浴と水シャワーを交互に繰り返すようにしましょう。

 

また、たまには銭湯に行き、サウナと水風呂を交互に繰り返すというのもおすすめですよ。やはり、自宅のお風呂よりしっかり温まるので、たまに取り入れると肌の調子が変わります。

 

お風呂あがりのスキンケア

スキンケア

 

お風呂あがりのスキンケアは、なるべく早い方がいいです。

 

浴室から出るとどんどん水分が蒸発してき、水分が蒸発するときに一緒に肌の水分まで奪ってしまうのです。

 

とは言え、まだ髪もぼとぼとで体も火照っているような状態では、落ち着いてスキンケアができません。

 

そこでおすすめなのが「2段階スキンケア」です。

 

お風呂あがりにはまずささっと最低限のスキンケアをします。
それから体を髪を拭き、服を着て、それから落ち着いて本番のスキンケアをする、という流れです。

 

お風呂あがりに簡単にスキンケアをするなら、ワセリンを使うのがおすすめです。

 

ワセリンはドラッグストアなどで販売されていますが、万能の保湿剤です。

 

保湿力は高くありませんが余計なものが入っていないため、ワセリンでかぶれるという人はほとんどいません。

 

顔に塗るなら、ワセリンの量はほんの少し、米粒ぐらいでかまいません。

 

まだ手や顔が濡れた状態でワセリンを手に取り、手のひらで伸ばします。
それから顔にハンドプレスしていくと、きちんと保湿できますよ。

 

2段階目のスキンケアには「フラセラ」がオススメ!

フラセラ
『フラセラ』で肌の老化・酸化対策をすることが、乾燥と見た目年齢ケアにもつながる!

 

適度な運動が美肌を作ります

運動嫌いな人は多いですが、乾燥肌を根本的に解決するには、やはり体質改善が必要です。

 

そして、体質改善するためには、運動も欠かせないのです。

 

とは言え、「ジョギング」だとか「ボルダリング」だとか、大げさな運動は必要ありません。

 

体質改善のための運動としておすすめなのは、ウォーキングと簡単な筋トレです。

 

ウォーキングは「ついで運動」

ウォーキング

 

わざわざウォーキングのための時間をとるのは大変ですが、日常生活のついでに運動するならできますよね。

 

歩いて出かけるときには、だらだら歩くのをやめましょう。

 

  • 大股で
  • 腹筋を引き締めて
  • 背筋を伸ばして
  • 前後に腕を振り

 

堂々と、颯爽と、かっこよく歩いてくださいね。

 

細かいことを意識しなくても「かっこよく歩こう」とするだけできれいなウォーキングになるはず。

 

だらだら歩くのに比べると運動量も増えますよ。

 

リラックスついでにできる筋トレを

筋トレ

 

ジムに通って筋トレ、なんてしなくても大丈夫です。

 

自宅で、しかも簡単にできる筋トレだけでも血行を促進し、きれいな肌を作れますよ。

 

たとえば、こんな筋トレはいかがでしょうか?

 

  • 腹筋
  • 腕立て伏せ
  • プランク
  • スクワット
  • かかと上げ下げ

 

腹筋や腕立て伏せのやり方が分からない人はいないですよね。テレビを見ているときにでもやってみてください。

 

「プランク」というのは聞きなれない方が多いと思いますが、体幹トレーニングの一種。これも、テレビのCMのあいだにできちゃうようなトレーニングなのでおすすめです。

 

スクワットやかかとの上げ下げは、歯磨き中や料理中にできますよ。

 

ウォーキングと筋トレがおすすめな理由

 

ウォーキングは、有酸素運動の一種です。
無理なく長時間続けられる運動のことで、脂肪燃焼にも効果があります

 

また、血行を良くする効果もありますよ。

 

筋トレは、筋肉を鍛えるためのトレーニング。安心してください。ゆるく筋トレすぐ程度でムキムキには絶対なりません。

 

筋肉不足だと、血行も悪くなります。血行が悪くなると栄養素が皮膚まで届きにくくなりますよね。

 

乾燥肌の人でも、筋トレを続けることによってうるおいのある肌を取り戻すことができますよ

 

今回紹介した筋トレをすべてやる必要はないので、できるときに、やりたいものから始めてみましょう。

 

睡眠のとり方で乾燥肌も改善する

睡眠不足は美容の大敵と言いますよね。睡眠の質を上げることで、乾燥肌も改善していきますよ。

 

睡眠時間は7〜8時間以上

睡眠

 

まず、理想的な睡眠時間ですが、個人差があります。ただ、たいていの人は、やはり7〜8時間以上が理想です。

 

忙しくても、なるべく睡眠時間は削らないようにしましょう。

 

時間が無い人も、家事の時短テクニックや便利家電を取り入れてみるなどして、効率的に動けるように工夫してみてください。

 

昼寝を取り入れるのもアリ

睡眠が不足しがちな方は、お昼寝を取り入れるという方法もあります。

 

仕事の休憩時間には、15分程度の仮眠をとってみましょう。あくまでも仮眠ですから横になる必要はありません。

 

机に突っ伏した姿勢で大丈夫なので、休む時間を作ってみてくださいね。

 

寝られなかったとしても、目を閉じてじっとしているだけでも体は休まりますよ。

 

寝具を見直そう

寝具

 

寝具のせいで寝にくくなっていたり、肌に刺激を与えていたり、ということもあります。

 

眠りが浅い、寝つきが悪いという人は、マットレスや枕を見直すと良いでしょう。

 

枕は比較的お金をかけずに良いものが手に入ります。

 

マットレスは良いものを買うと高くつきますが、長く使えるものですからコストパフォーマンスで考えてくださいね。

 

たとえば、10万円のマットレスを買うにしても、10年間使うのであれば1年あたり1万円。1か月あたりは833円です。

 

また、肌への刺激を考えるなら、シーツの素材がポイントです。

 

そもそも、滅多に洗濯していないというのはもってのほか!

 

特に、アレルギーを持っている人はこまめに洗濯してください。枕は薄手のタオルをかけて使えば、毎日タオルを変えるだけなので手軽です。

 

おすすめの素材としてはオーガニックコットン、リネン(麻)、シルクなど。

 

シルクはダメでもリネンは合うなど、人によって合う合わないもあるので、まずは比較的安い枕カバーから試してみて、肌に合うようなら布団カバーも変える、という流れがいいですよ。

 

寝室の室温は?

快適な眠りに割いていな室温は16〜25度です。

 

真冬や真夏はエアコンを使ってコントロールしましょう。

 

最近のエアコンはかなり省エネが進んでいるので、一晩エアコンを使っていたとしてもさほど電気代はかかりません。

 

もちろん、室温が最適に保たれていても寝具が暑苦しい・寒い、ということもあります。タオルケットや羽根布団など、季節にあったものをチョイスしてくださいね。

 

加湿器も使ってみよう

加湿器

 

エアコンを使うと特に、湿度が下がってしまいます。

 

最適な湿度は40〜60%です。極度に乾燥しないように、寝室には加湿器を置いておくのがおすすめですよ。

 

部屋が乾燥していると、肌が乾燥するだけでなく喉が痛くなることもありますし、風邪もひきやすくなってしまいます。

 

健康管理のためにも、加湿器をうまく取り入れてくださいね。

 

寝つきが悪い人はリラックス!

そもそも寝つきが悪い人は、スムーズに眠りに入れるように対策が必要です。

 

もちろん、寝る直前までテレビやスマホの画面を見るなんて言語道断です!

 

寝る30分前には、明るい画面を見るのをやめましょう。
また、部屋の照明も落とすのがおすすめです。

 

30分前には目への刺激を減らし、あとはゆっくりと過ごすことをおすすめします。軽いストレッチをしてもいいですね。

 

ストレッチをすると体がリラックスします。
深呼吸もおすすめです。

 

身体を使うとリラックスできて眠りやすくなるので、寝つきが悪い人は夕食後に軽く散歩をしてみるという方法もありますよ。

 

体質改善を本気で考えているなら実践を!

体質改善は簡単ではありません。
やらなければならないことがたくさんあります。

 

でも1つ1つのことはとても簡単なことばかりですし、1つずつ実践していただければ着実に体質は改善されていきます。

 

長年肌の乾燥に悩んでいた人でも、乾燥肌は改善できます。

 

一気にやろうとすると息切れしてしまうので、無理のない範囲で進めてくださいね。


関連ページ

【完全版】ワセリンを乾燥肌に有効活用する方法が丸わかり!
ワセリンは乾燥肌の人は持っておきたい保湿剤。低刺激なので肌荒れ時でも使える一方で、もちろんデメリットもあります。このページでは、ワセリンの正しい使い方や、ほかの保湿剤との違いを紹介しているので、これを読めばワセリンのことがすべて分かります!
【これでカンペキ!】加湿器を使った乾燥対策・賢い使い方講座
加湿器は、肌の乾燥にも効果があると思われています。でも一方で、逆効果だとする意見も……。ここでは、肌の乾燥が加湿器で解決できるのか?そして、加湿器の正しい選び方と賢い使い方について解説しています。
水分補給の極意〜肌と身体の両方を乾燥から守るために〜
化粧水は、肌の表面しか保湿できません。肌の細胞自体を保湿するには、口から摂るしかないんです。肌が乾燥していると見た目年齢も老けて見えてしまいますから、正しい水分補給についてきちんと知っておきましょう!
【保存版】乾燥と見た目年齢に影響する「日焼け」対策
正しい日焼け対策ができている女性はほとんどいませんが、紫外線が肌の乾燥に悪いことは知っていますよね?見た目年齢の老化を食い止めるためにも日焼け対策は重要です。このページでは正しい日焼け対策を徹底的に解説しているので、見逃さないでくださいね!
「基礎化粧品は肌を甘やかすの?」というそもそもな疑問
基礎化粧品に頼りすぎると肌を甘やかすから良くないという話を聞いたことはありませんか?肌断食で調子が良くなる人はたしかにいますが、実は、それは肌を甘やかしているのとは関係がないのでは?基礎化粧品が本当に肌を甘やかすのか、詳しく紹介しています。
”ずぼら”な人に贈る♪面倒くさくない最低限の乾燥対策
ちゃんとスキンケアしなきゃってわかっているのに、ついサボってしまうことはありませんか?ずぼらな性格のせいでスキンケアが手抜きになって肌が乾燥してしまうというのは困りますよね。ここでは、ずぼらな方でもできる最低限の乾燥対策を紹介しています!
冬の乾燥対策〜お肌のことを考えた暖房器具の使い方完全ガイド〜
冬は空気が乾燥しますが、お肌も乾燥します!暖房器具の使い方を間違えると肌の乾燥も進んでしまうんですよ。お肌を乾燥させないために知っておきたい暖房器具の使い方やおすすめの暖房器具について解説しています。
【整理整頓】乾燥肌と見た目年齢のための基礎化粧品「断捨離」術
使い切っていない基礎化粧品、断捨離していますか??化粧水などの基礎化粧品、中身が残ったままだと処分方法も分からないし、そのままになっている人は多いです。このページでは、基礎化粧品の断捨離の仕方と、不要な化粧品の処分方法について解説しています。
高い基礎化粧品で「変化なし」・・・、効果を感じなかったときの賢い判断と次の行動
高い基礎化粧品を買ったのに、全然効果が無い!このまま使い続けるかさっさと別の基礎化粧品を試すのか迷うところです。ここでは、高い基礎化粧品の効果がなかったときの賢い決断について紹介しています。くれぐれも、間違った行動はとらないでくださいね!