基礎化粧品の整理整頓と断捨離術

MENU

【整理整頓】乾燥肌と見た目年齢のための基礎化粧品「断捨離」術

あなたのメイクボックスは、使っていない基礎化粧品で散らかっていませんか?

 

「せっかく買った基礎化粧品が肌に合わなかった。」

 

「気になる基礎化粧品を買ったけど、使いかけの古いものがまだ残っている。」

 

よくありますよね、そういうこと。

 

いくら肌を美しくしようとしても、メイクボックスやドレッサーが散らかっているのでは気分も台無しです!

 

基礎化粧品にも断捨離が必要です!

 

基礎化粧品の片付け術や不要になった基礎化粧品の処分方法を紹介するので、今からぜひ試してみてくださいね!

 

基礎化粧品も断捨離しよう!

使いかけの基礎化粧品がいくつも残ったままになっている。いつ買ったものか分からない基礎化粧品がある。

 

こんな状態では、うっかり古い基礎化粧品を使ってしまう恐れもありますし、見た目も汚いです。

 

基礎化粧品も、使っていないものは処分し、使っているものだけを残してきれいな状態を保つようにしましょう。

 

基礎化粧品の断捨離をすればメイクボックスやドレッサーもすっきり片付きますし、見た目も美しくなるのでテンションも上がりますよ♪

 

基礎化粧品の断捨離する手順

さっそく、基礎化粧品を断捨離する手順をみていきましょう。

 

【1】家にあるすべての基礎化粧品を集める

 

メイクボックスやドレッサーだけでなく、洗面所にも基礎化粧品があったりしませんか? それらをすべて1か所にまとめましょう。

 

【2】いる・いらない・保留に分ける

 

1つずつ手に取って、いる(残す)・いらない(処分する)・保留の3つに分類しましょう。

 

【3】いらないものは処分

 

いらないものは処分しますが、処分方法も悩みますよね。のちほど詳しく解説します。

 

【4】保留のものは吟味して再仕分けする

 

まだ使うかどうか迷う「保留」のものは、もう一度じっくり考えてみましょう。「本当にこれ使うことある?」と自問し、残すかどうか決断してください。※基本的には処分してしまった方がいいです。

 

【5】いるものはきれいに片付ける

 

残すと判断したものについては、きれいに整理整頓して収納しましょう。片付け方法についても後から解説しますね。

 

いらなくなった基礎化粧品の処分方法

まずは、処分する基礎化粧品をどうするか、ですね。

 

中身が残ったままの基礎化粧品を捨てるのはちょっと罪悪感がありますし、捨て方がよく分からないということもありますよね。

 

そこで、捨てる前に何かに使えないかを検討してみるといいですよ。

 

具体的には、こんな方法があります。

 

  • ボディローションとして体に塗る
  • ハンドクリームとして使う
  • 入浴剤代わりにお風呂に入れる
  • 掃除に使う

掃除に使うというのは意外かもしれませんが、使えることもあるんです。

 

クリーム系だと、シールはがしとして使えます。アルコールが強めの化粧水なんかだと、雑巾に含ませて拭き掃除することで、殺菌効果も期待できます。

 

こうしてなるべく使い切るようにすると、処分するときの罪悪感も軽くなります。

 

ただ、古すぎる基礎化粧品は体に使うのは危険ですし、掃除に使うにしても量が多すぎるということもあるかもしれません。

 

そんな場合は捨てるしかありませんね。

 

基礎化粧品をごみとして捨てる場合は各自治体の決まりに従って処分しましょう。

 

残った中身の捨て方は自治体でも決まっていないことがあるのですが、基本的には新聞紙などに含ませて捨てるのが正解です。

 

びんなプラスチック容器などはきちんと捨て方のルールがあると思いますので、適切に分別した上で処分してくださいね。

 

基礎化粧品の整理整頓・片付け術

残すと判断した基礎化粧品は、散らかってしまわないように、「メイクボックスの底からいつのか分からない化粧水を発掘」なんていうことが二度と起こらないように、きちんと整理しましょう。

 

基礎化粧品をメイクアップコスメとごちゃまぜにして収納している人もいますが、分けて収納する方がいいです。

 

1つのメイクボックスに収納するとしても、基礎化粧品だけ小さなかごにまとめるなどして、ごちゃまぜにならないようにしましょう。

 

かごなどに入れて収納することにより、整理しやすいだけでなく「取り出しやすく片付けやすくなる」というメリットもあります。

 

また、使用している基礎化粧品のアイテム数が少ない場合は、洗面所に置いておくだけでもOKというケースも。

 

化粧水と乳液だけなら場所も取りませんし、わざわざ専用の収納を用意する必要はありません。

 

収納と言うとつい収納グッズがほしくなりますが、きちんと断捨離をすれば収納グッズがなくてもきちんと収納できるものです。

 

収納グッズを使わず「置くだけ」「入れるだけ」の収納にした方が片付けも楽ですし、結果的には散らかりにくくなりますよ。

 

基礎化粧品を無駄にしない買い方をしよう

断捨離をしているときには、使い切れなかった化粧品を前に、後悔の気持ちが湧き上がってくることもあります。

 

「どうしてもっとよく考えてから買わなかったんだろう」と。

 

だからこそ、次からは基礎化粧品を無駄にしないようにしましょう!

 

新しい基礎化粧品を試したいときには、必ずサンプルやトライアルセットを使うようにしてください。

 

それだけでもかなりの無駄が省けます。

 

また、「新商品だから」とか「好きな女優さんがCMに出ているから」といった具合に、コロコロと基礎化粧品を変えるのもやめましょう。

 

肌に合わなかった場合は別ですが、肌に合っている基礎化粧品があるなら、使い切るまでは次のものを買わないようにするのが大切ですよ。

関連ページ

【完全版】ワセリンを乾燥肌に有効活用する方法が丸わかり!
ワセリンは乾燥肌の人は持っておきたい保湿剤。低刺激なので肌荒れ時でも使える一方で、もちろんデメリットもあります。このページでは、ワセリンの正しい使い方や、ほかの保湿剤との違いを紹介しているので、これを読めばワセリンのことがすべて分かります!
乾燥肌を根本から治すために体質改善したい!
乾燥肌にはもううんざり……。そろそろ本気で体質改善したい!そんな方のために、食生活や運動、入浴方法などをまとめました。乾燥肌を根本的に治したい人に必要な対策を網羅しています。
【これでカンペキ!】加湿器を使った乾燥対策・賢い使い方講座
加湿器は、肌の乾燥にも効果があると思われています。でも一方で、逆効果だとする意見も……。ここでは、肌の乾燥が加湿器で解決できるのか?そして、加湿器の正しい選び方と賢い使い方について解説しています。
水分補給の極意〜肌と身体の両方を乾燥から守るために〜
化粧水は、肌の表面しか保湿できません。肌の細胞自体を保湿するには、口から摂るしかないんです。肌が乾燥していると見た目年齢も老けて見えてしまいますから、正しい水分補給についてきちんと知っておきましょう!
【保存版】乾燥と見た目年齢に影響する「日焼け」対策
正しい日焼け対策ができている女性はほとんどいませんが、紫外線が肌の乾燥に悪いことは知っていますよね?見た目年齢の老化を食い止めるためにも日焼け対策は重要です。このページでは正しい日焼け対策を徹底的に解説しているので、見逃さないでくださいね!
「基礎化粧品は肌を甘やかすの?」というそもそもな疑問
基礎化粧品に頼りすぎると肌を甘やかすから良くないという話を聞いたことはありませんか?肌断食で調子が良くなる人はたしかにいますが、実は、それは肌を甘やかしているのとは関係がないのでは?基礎化粧品が本当に肌を甘やかすのか、詳しく紹介しています。
”ずぼら”な人に贈る♪面倒くさくない最低限の乾燥対策
ちゃんとスキンケアしなきゃってわかっているのに、ついサボってしまうことはありませんか?ずぼらな性格のせいでスキンケアが手抜きになって肌が乾燥してしまうというのは困りますよね。ここでは、ずぼらな方でもできる最低限の乾燥対策を紹介しています!
冬の乾燥対策〜お肌のことを考えた暖房器具の使い方完全ガイド〜
冬は空気が乾燥しますが、お肌も乾燥します!暖房器具の使い方を間違えると肌の乾燥も進んでしまうんですよ。お肌を乾燥させないために知っておきたい暖房器具の使い方やおすすめの暖房器具について解説しています。
高い基礎化粧品で「変化なし」・・・、効果を感じなかったときの賢い判断と次の行動
高い基礎化粧品を買ったのに、全然効果が無い!このまま使い続けるかさっさと別の基礎化粧品を試すのか迷うところです。ここでは、高い基礎化粧品の効果がなかったときの賢い決断について紹介しています。くれぐれも、間違った行動はとらないでくださいね!