冬の暖房使用を肌視点で考える

MENU

冬の乾燥対策〜お肌のことを考えた暖房器具の使い方完全ガイド〜

肌の乾燥は、生活習慣やスキンケアだけの問題ではありません。

 

空気の乾燥も、肌の乾燥に影響しますよね。

 

冬は特に空気が乾燥しています。暖房器具の使い方によってはますます空気を乾燥させ、肌へのダメージも大きくなってしまう!

 

そこで、ここでは冬の乾燥対策として、肌のことを考えた暖房器具の使い方を徹底的に解説します!

 

暖房器具別、気を付けておきたいこと

ではさっそく、暖房器具別の使い方について見ていきましょう。

 

エアコンは控えめに

エアコンは空気が乾燥すると言われていますよね。実際、エアコンを使うと空気はものすごく、乾燥してしまいます。

 

正直、ほかの暖房器具があるなら、エアコンは使わない方がいい、と言いたいぐらいです。

 

エアコンを使わなければならない場合は、必ず加湿器と一緒に使うようにしましょう。

 

また、湿度計を使って部屋の湿度を計測しておくのもおすすめ。少なくとも40%、できれば50%程度の湿度をキープできるように調整してくださいね。

 

エアコンの設定温度を上げすぎないことも大切です。温度が上がるほど空気が乾燥しやすくなりますし、外気との差が大きいと健康にも良くないので、「厚着した状態でちょうどいいぐらい」を目安に温度を設定してくださいね。

 

加湿器はハイブリッド式がおすすめ

加湿器には、スチーム式、気化式、超音波式などの種類があります。肌に一番いいのはスチーム式なのですが、スチーム式加湿器は熱を使うため電気代が高いのが難点。また、ヤケドの危険性もあります。

 

効果と光熱費のバランスが良いのはハイブリッド式で、スチーム+気化もしくはスチーム+超音波という形です。

 

もっとも避けたいのは超音波式。本体価格が安いのが魅力ですが雑菌が溜まりやすく、不衛生になりやすいので注意してくださいね。

 

セラミックファンヒーター・電気ストーブ

セラミックファンヒーターというのは電気で動くタイプのヒーターですね。セラミックファンヒーターも電気ストーブも、空気は乾燥しやすいですが、エアコンに比べると暖房能力も低いのでそこまで乾燥しません。

 

ただ、部屋全体を温めるとなるとこころもとない暖房器具なので、脱衣所など狭いスペースで限定的に使うのがいいでしょう。

 

石油ストーブ(オイルヒーター)・ガスストーブ(ガスファンヒーター)

石油ストーブとは、昔ながらの「灯油を入れて使うストーブ」のこと。オイルヒーターは最近よく見かけるタイプの暖房器具ですね(デロンギが有名)。

 

ガスストーブとガスファンヒーターも別物で、それぞれ電気ストーブとセラミックファンヒーターに似たもの、と思っておいてください。

 

いずれも暖房機能が高く、冬は頼りになる暖房器具ですね。

 

しかも、部屋の空気が乾燥しにくいんです! まったく乾燥しないわけではありませんので過信は禁物ですが。

 

ただ、昔ながらの「ストーブの上にヤカンを乗せておく」といったスタイルだと同時に加湿もできますよ。

 

こたつ

こたつは消費電力も低く優秀な暖房器具で、部屋の空気が乾燥することもほとんどありません。

 

ただし! こたつ内は乾燥します。つまり、こたつの中に突っ込んでいる脚は乾燥してしまうということ。

 

特に、太ももが乾燥してかゆくなってしまうことも。

 

顔の肌は無事ですが、体の乾燥が気になる人はこたつは控えたほうがいいでしょう。

 

ホットカーペット・電気毛布

ホットカーペット・電気毛布いずれも、それ自体が発熱してピンポイントで暖める暖房器具です。つまり、空気の乾燥はほとんど起こりません。

 

ただし、これもこたつと同様に、暖めている部分は熱によって乾燥しやすくなります。

 

ホットカーペットや電気毛布の上で寝るなんてもってのほか!

 

低温ヤケドのおそれもあるため、絶対にやらないでくださいね。

 

ただ、体の乾燥が見られない人なら使っても問題ありませんよ。

 

肌を乾燥させたくない人におすすめの暖房器具はこれ!

以上、さまざまな暖房器具について紹介してきましたが、肌のことを考えた暖房器具はこれです。

 

  • 石油ストーブ
  • オイルヒーター
  • ガスストーブ
  • ガスファンヒーター
  • ホットカーペット
  • 電気毛布

いずれも空気が乾燥しにくく、肌への影響が少ない暖房器具です。

 

ホットカーペットと電気毛布は使い方に注意が必要ではありますが、必要に応じて適度に使っていればまったく問題ありませんよ。

 

エアコンは必ず加湿器とセットで!

もっとも身近なエアコンは、もっとも空気を乾燥させる暖房器具です。

 

身近な暖房器具のため、使わざるを得ないことも多いですよね。

 

だからこそ、必ず加湿器と一緒に使うようにしてください。

 

加湿器を併用していれば空気の乾燥は防げます。エアコンを使っていても湿度が下がりすぎなければ、お肌への影響もありませんよ。

 

加湿器を持っていない・超音波式の加湿器しか無い、という方は、より効果が高く安全な加湿器を探してくださいね。

 

また、自宅に石油(オイル)系やガス系の暖房器具がある方は、そちらを優先的に使うようにしましょう。

関連ページ

【完全版】ワセリンを乾燥肌に有効活用する方法が丸わかり!
ワセリンは乾燥肌の人は持っておきたい保湿剤。低刺激なので肌荒れ時でも使える一方で、もちろんデメリットもあります。このページでは、ワセリンの正しい使い方や、ほかの保湿剤との違いを紹介しているので、これを読めばワセリンのことがすべて分かります!
乾燥肌を根本から治すために体質改善したい!
乾燥肌にはもううんざり……。そろそろ本気で体質改善したい!そんな方のために、食生活や運動、入浴方法などをまとめました。乾燥肌を根本的に治したい人に必要な対策を網羅しています。
【これでカンペキ!】加湿器を使った乾燥対策・賢い使い方講座
加湿器は、肌の乾燥にも効果があると思われています。でも一方で、逆効果だとする意見も……。ここでは、肌の乾燥が加湿器で解決できるのか?そして、加湿器の正しい選び方と賢い使い方について解説しています。
水分補給の極意〜肌と身体の両方を乾燥から守るために〜
化粧水は、肌の表面しか保湿できません。肌の細胞自体を保湿するには、口から摂るしかないんです。肌が乾燥していると見た目年齢も老けて見えてしまいますから、正しい水分補給についてきちんと知っておきましょう!
【保存版】乾燥と見た目年齢に影響する「日焼け」対策
正しい日焼け対策ができている女性はほとんどいませんが、紫外線が肌の乾燥に悪いことは知っていますよね?見た目年齢の老化を食い止めるためにも日焼け対策は重要です。このページでは正しい日焼け対策を徹底的に解説しているので、見逃さないでくださいね!
「基礎化粧品は肌を甘やかすの?」というそもそもな疑問
基礎化粧品に頼りすぎると肌を甘やかすから良くないという話を聞いたことはありませんか?肌断食で調子が良くなる人はたしかにいますが、実は、それは肌を甘やかしているのとは関係がないのでは?基礎化粧品が本当に肌を甘やかすのか、詳しく紹介しています。
”ずぼら”な人に贈る♪面倒くさくない最低限の乾燥対策
ちゃんとスキンケアしなきゃってわかっているのに、ついサボってしまうことはありませんか?ずぼらな性格のせいでスキンケアが手抜きになって肌が乾燥してしまうというのは困りますよね。ここでは、ずぼらな方でもできる最低限の乾燥対策を紹介しています!
【整理整頓】乾燥肌と見た目年齢のための基礎化粧品「断捨離」術
使い切っていない基礎化粧品、断捨離していますか??化粧水などの基礎化粧品、中身が残ったままだと処分方法も分からないし、そのままになっている人は多いです。このページでは、基礎化粧品の断捨離の仕方と、不要な化粧品の処分方法について解説しています。
高い基礎化粧品で「変化なし」・・・、効果を感じなかったときの賢い判断と次の行動
高い基礎化粧品を買ったのに、全然効果が無い!このまま使い続けるかさっさと別の基礎化粧品を試すのか迷うところです。ここでは、高い基礎化粧品の効果がなかったときの賢い決断について紹介しています。くれぐれも、間違った行動はとらないでくださいね!