乾燥肌とビタミンC

「ビタミンC」のウソとホント~乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座~

ビタミンCはもっとも身近な美容成分で、肌にいいというのも知っていますよね。

たしかにビタミンCは肌に良いものですが、本当にビタミンCの効果を知っていますか?

意外と知られていない効果もあり、乾燥と見た目年齢に悩んでいる人は、気を付けたほうがいい点もあるんですよ。

◎ビタミンCは美肌・美白に効果あり

ビタミンCは化粧品に配合される美容成分としてだけでなく、果物や野菜から摂取する栄養としても身近な存在。

でも意外と、「とりあえず体にいいらしい」ぐらいのことしか知らないのでは?

ビタミンCが持つ効果には、こんなものがあります。

  • 新陳代謝を促進する
  • シミ、そばかすの予防・改善(メラニン色素の排出)
  • 皮脂を抑える
  • 抗炎症作用
  • 免疫を高める

他にも、疲労回復効果もあり、人間には欠かせない栄養分でもあるんですね。

○肌が乾燥している人には良くない?

ビタミンCの効果で、気づいたことはありませんか?

「皮脂を抑える」

そう書かれていましたね。

肌が乾燥していて皮脂の分泌量が少ない人がビタミンC配合の化粧品を使うと、かえって肌の乾燥が進み、シワができやすくなる可能性もあるのです。

ビタミンCはシミやそばかすを予防・改善する効果もあることから、美白化粧品には配合されます。

しかしビタミンCには皮脂を抑制して肌を乾燥させる力もあるので、乾燥肌の人にはあまりおすすめできない成分なんですよ。

○ビタミンCの表示名

ビタミンCは、そのまま化粧品に添加されるのではなく「ビタミンC誘導体」として配合されることが多いです。

ビタミンC誘導体とは、皮膚に浸透する際にビタミンCに変化する物質のことです。

化粧品に配合される際には、このような名前で記載されていますよ。

  • ビタミンC誘導体
  • アスコルビン酸
  • リン酸型ビタミンC
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル
  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • ステアリン酸アスコビル
  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)

厳密には、ビタミンC誘導体にも種類があり、水溶性・脂溶性・ミックス(APPS)の3つがあります。

ローションやクリームなど、化粧品の種類ごとに使われるビタミンC誘導体の種類が異なります。

◎ビタミンCにまつわるウソ・ホント

ビタミンCについて知っているようで知らない素朴な疑問を集めました。

ビタミンCと「ビタミンC誘導体」は同じもの?
別物ですが、効果は同じです。 化粧品に使われるのはビタミンC誘導体ですが、効果としてはビタミンCと同じです。ただ、肌へ浸透しやすいという意味ではビタミンC誘導体のほうが優れており、化粧品にはビタミンC誘導体がよく使われています。
ビタミンCのサプリメントには乾燥を防ぐ効果はある?
効果はあります サプリメントでもビタミンCの効果が得られます。ビタミンCには肌を乾燥させる力もありますが、それ以上に新陳代謝の促進など美肌効果も多いです。 ただ、ビタミンCは食品添加物としても使われており、現代人は毎日大量のビタミンCを摂っていると言われています。 わざわざサプリメントを飲むほどではないでしょう。
ビタミンCの化粧品は朝使わないほうがいいって本当?
ウソです。 ビタミンCを顔に塗るとシミができやすい、という話がありますが、これは間違いです。 オレンジなど、ビタミンCを豊富に含む食品には、「ソラレン」という物質も含まれています。そして、ソラレンは紫外線を吸収する働きがあるため、朝柑橘類を食べるのは良くない、というのは言われていますね。 もちろん、手作りパックなどで果汁をダイレクトに肌に塗るのもNGです。 でも、これはあくまでもソラレンの話で、ビタミンCには関係のない話なのでビタミンC配合の化粧品を使うのはまったく問題ありませんよ。

ページの先頭へ