乾燥肌とライスパワー

「ライスパワー」のウソとホント~乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座~

ライスパワーは美容成分としてはあまり知られていませんが、乾燥肌の方にうれしい保湿機能を持った成分だって知っていますか?

乾燥による小じわに悩んでいる、見た目年齢が老けて見られる、という方には知っておいてほしいです。

そこで、ライスパワーがどのような美容成分でどんな効果があるのか、まとめてみました!

◎ライスパワーはお米を原料とした美容成分

ライスパワーはその名の通り、お米から作られている美容成分です。

現在は、限られたメーカーの化粧品にしか配合されていません。

○効果は「皮膚水分保持機能の改善」

化粧品に配合されているライスパワーは、正確には「ライスパワーNo.11」という名称のものです。

このライスパワーNo.11には、水分保持機能の改善効果があります。

ちょっと分かりにくいですが、「皮膚のセラミドを増やし、肌本来の保湿力を高める効果」だと思っていただければ大丈夫です。

油分で肌表面をコーティングするのとは違い、肌が自分で保湿できるようにしていくものなんですね。

特に、乾燥による小じわ対策として使った人は効果を感じやすいようですよ。小じわが改善されれば、見た目年齢も若くなりそう!

○ライスパワーには種類がある

ライスパワーという成分は1つではなく、何十種類もあるんです。

乾燥肌への効果が認められているのが、医薬部外品としても認められているライスパワーNo.11です。

ライスパワーは効果ごとに番号が割り当てられており、その効果もさまざま。

化粧品に配合されているライスパワーもいろいろありますが、特に効果が期待されているのがライスパワーNo.11なんですね。

○ライスパワーの成分表示名

ライスパワーが配合されている化粧品には、どこかに「ライスパワー」の記載がありますが、成分表示名としては以下のように記載されています。

  • ライスパワーエキス
  • ライスパワーNo.11
  • コメエキス

ライスパワーにはNo.11以外にも種類がありましたよね。

「ライスパワーエキス」や「コメエキス」と書かれている場合は、念のためメーカーの公式サイトなどでライスパワーNo.11が配合されているかどうか確認したほうがいいでしょう。

◎美容成分「ライスパワー」にまつわるウソ・ホント

ライスパワーは美容成分としてまだ有名ではありませんので、よくわかっていない人が多いです。

ありがちな疑問を集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

ライスパワーについている番号には何か意味があるの?
効果が全然違います ライスパワーにはたくさんの種類があり、期待される効果も全然違います。それぞれ番号が振られていて、乾燥肌におすすめなのはライスパワーNo.11ですよ。
ライスパワーは「米ぬか」と同じような効果?
違います 米ぬかを配合した化粧品がありますが、米ぬかとライスパワーは別物です。 米ぬかも肌に良いと言われていますが、別の美容成分だと考えましょう。
日本酒のエキスとライスパワーは違うの?
違います 日本酒もお米から作られていますよね。でも、日本酒のエキスとライスパワーは別物です。 ライスパワーを製造しているのは酒造メーカーなので勘違いされがちですが、同じものではないんですよ。
米アレルギーがあるから使わないほうがいい?
パッチテストをしましょう ライスパワーの製造元である酒造メーカーでは米アレルギーの人でも使用できると案内しています。 ただ、絶対に大丈夫だというわけではありませんので、米アレルギーがある方はまずはパッチテストをした上で使用するのがおすすめですよ。

ページの先頭へ