乾燥肌とヒアルロン酸

MENU

「ヒアルロン酸」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜

ヒアルロン酸講座

 

美容成分ヒアルロン酸は、保湿力の高さから、乾燥肌の人には人気があります。

 

見た目年齢で悩んでいるなら、ヒアルロン酸がどのような保湿成分なのか、正しい知識を持っておくとよいでしょう

 

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は保湿

 

ヒアルロン酸とは、保湿成分の一種です。

 

人間の体にももともとある成分で、細胞同士をくっつけておく力を持っています。

 

植物にもヒアルロン酸は含まれていて、たとえばオクラのねばねばも、ヒアルロン酸の力なんですよ。

 

たった1gで6Lもの水分を保持できるという驚異の水分保持力。化粧品に配合されていることも多いですね。

 

でも、体内にあるヒアルロン酸は25歳ごろから減りはじめ、30代・40代と年齢を重ねるにつれどんどん減っていくんです!

 

見た目年齢に悩んでいる方は、もしかするとヒアルロン酸の減少が原因で肌が乾燥しているのかもしれません。

 

ヒアルロン酸のおもな効果

ヒアルロン酸は、肌では真皮層に存在しています。

 

そのため、化粧品に配合されているヒアルロン酸が肌のヒアルロン酸を補うのは難しいと言われています。

 

でも、だからと言ってヒアルロン酸配合の化粧品が無意味ということではありません!

 

真皮層にあるヒアルロン酸を補うことはできなくても、肌表面にヒアルロン酸が塗布されていれば、肌表面の保湿はできます

 

もちろんこれは肌本来の保湿力を高めているわけではありませんが、保湿するという意味では十分保湿できている、と言って差し支えありません。

 

また、最近は真皮層にまで届くと言われているヒアルロン酸も出てきていますよ。

 

ヒアルロン酸の種類

ヒアルロン酸で保湿

 

ヒアルロン酸は真皮にまで浸透しない、というお話をしましたが、それは、ヒアルロン酸がとても大きな分子だからです。

 

この大きな分子のヒアルロン酸のことを「高分子ヒアルロン酸」と言ったりもします。

 

一方、最近注目されているのが「低分子ヒアルロン酸」

 

化粧品メーカーがヒアルロン酸をナノ化したもので、分子が小さくなっている分、肌に浸透しやすくなっているのです。

 

ただし、本当に浸透するのかどうか、といったところまでははっきりわかっていません。

 

高分子ヒアルロン酸でも低分子ヒアルロン酸でも、肌表面の保湿には役立ちます。

 

低分子ヒアルロン酸だから良い、というわけではないので、ヒアルロン酸配合の化粧品を選ぶときにはあまり気にしなくてもいいでしょう

 

それよりも肌に合うかどうかのほうが大切ですよ。

 

高分子ヒアルロン酸と低分子ヒアルロン酸の詳細はこちら

新発見、ヒアルロン酸の“大きさ”と“代謝”が肌のバリア機能を左右 ナリス化粧品、日本研究皮膚科学会で研究結果を発表

 

ヒアルロン酸配合のオススメ化粧品がコレ!

フラセラ

 

『フラセラ』で肌の老化・酸化対策をすることが、乾燥と見た目年齢ケアにもつながる!

 

ヒアルロン酸にまつわるウソ・ホント

ヒアルロン酸Q&A

 

ヒアルロン酸にまつわる素朴な疑問はここで解決しておきましょう。

 

ヒアルロン酸は塗る・食べる・注入どれがいい?

注入(注射)>塗る(化粧品)>食べる(サプリメント等)の順です

 

ヒアルロン酸は、化粧品に配合されているものだけでなく、サプリメントや注射もあります。
一番効果があるのはヒアルロン酸注入、つまり注射です。涙袋を作ったりほうれい線をなくしたり、といった「プチ整形」にもヒアルロン酸注入が採用されているんですよ。
ただ、ヒアルロン酸注入は乾燥対策で肌のうるおいを取り戻すというよりも、シワやたるみに注入してダイレクトに「ふっくらさせる」のが目的なので、乾燥肌自体への効果は微妙です。
シワやたるみを解決したいならヒアルロン酸注入も選択肢なるでしょう。
一方、サプリメントや化粧品といった「経口摂取」と「経皮吸収」も、意味がないわけではありません。
ただし、サプリメント等での経口摂取では、ヒアルロン酸は肌へ補給されないとする説もありますし、実際効果を感じている人もまだ多くはありません。
おすすめは経皮吸収、つまりヒアルロン酸配合の化粧品を使ったケアですよ。

ヒアルロン酸を摂取するとひざ痛にも効く?

効果があります

 

ヒアルロン酸はひざ痛などの治療にも使われます。
ヒアルロン酸はただの保湿成分ではなく、もともと体内に存在する成分で、関節にも多く存在しています。
化粧品としての働きはまだ十分に証明されていない部分がありますが、関節の痛みを治療する方法としては実際に病院でも採用されているので安心してくださいね。

ヒアルロン酸入りの化粧品はべたべたするけどどうすれば?

ヒアルロン酸は、そもそも「ねばねば」している成分です

 

ですから、ヒアルロン酸配合の化粧品もどうしてもべたつく傾向があります。
メーカーごとに使用感が良くなるよう調整はされていますから、気になるようなら別の化粧品を試してみてください。
皮膚が脂っぽい方だとヒアルロン酸配合の化粧品が合わないと感じる方が多いですが、乾燥肌の方だと、はじめはべたつきが気になったとしても、保湿力の高さから続けたくなることも多いですよ。

ヒアルロン酸は本当に効果あるの?

浸透力が無いからと言って効果がないわけではありません

 

水分保持力はあり、おすすめの保湿成分です ヒアルロン酸は分子が大きく皮膚に浸透しないため、「だから効果が無い」と結論づける人もいます。
しかし、浸透力が無いからと言って効果がないわけではないんです。
ヒアルロン酸配合の化粧品を使うことにより肌表面の保湿はできますし、ヒアルロン酸が持つ保湿力はとても高いため、やっぱりおすすめしたいです。
ただ、肌の水分保持力そのものを強化してくれるとまでは言えませんので、過剰な期待は禁物です。
ヒアルロン酸を乾燥肌のスキンケアに取り入れるなら、効果が曖昧なサプリメントより、高額な注射より、化粧品で取り入れるのがおすすめです。
特に、30代以上の乾燥肌の方はヒアルロン酸が減ってきていますので、上手に取り入れましょう!

 

 

 

関連ページ

「フラーレン」のウソとホント〜感想と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
フラーレンは酸化に対抗する力が魅力で、老化対策はもちろん、乾燥・見た目年齢の悩みを改善するケアにも使える成分。肌本来の基礎体力を高めてくれるため、ドクターズコスメにも積極的に採用されています。
「コラーゲン」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
コラーゲンは、乾燥と見た目年齢に悩む人にとっては身近な美容成分ですよね。でも、コラーゲンの働きや種類について正しく理解できている人はいません。このページでは、コラーゲンの働きや種類、さらにはよくある質問について、まとめていますよ。
「セラミド」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
見た目年齢に悩む乾燥肌の人におすすめの保湿成分セラミド。でも、セラミドのこと、本当にわかっていますか?このページでは、セラミドに関する情報を分かりやすくまとめています。セラミドに関するさまざまなウソ・ホントにもお答えしていますよ!
「ローズマリー」のウソとホント 乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座
ローズマリーは美容成分として化粧品に配合されていることもあります。乾燥肌で、見た目年齢に悩んでいる人にもおすすめなんですよ。具体的にどのような効果があるのか、ローズマリーエキスや精油(エッセンシャルオイル)との違いも紹介します。
「ライスパワー」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
ライスパワーは、見た目年齢に悩む乾燥肌の方にもおすすめの保湿成分です。でも、ライスパワーにも種類があること、知っていますか?ライスパワー配合の化粧品を選ぶ際に気にするべき表示名や、ライスパワーにまつわる疑問をまとめました。
「プラセンタ」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
プラセンタは美容成分の中でも期待できる効果が多く、乾燥と見た目年齢に悩む人にとっては救世主にもなりえるほどの成分。使わない手はありません!ここでは、プラセンタのサプリメントや注射など、プラセンタの基礎知識を紹介しています。
「ビタミンC」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
ビタミンCは身近な美容成分であり栄養素です。「美肌になりたいならビタミンC!」となんとなく思っている人も多いですよね。でも実は、見た目年齢や肌の乾燥に悩んでいる人には、手放しでおすすめできる美容成分ではないんです。
「アスタキサンチン」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
アスタキサンチンは抗酸化作用を持つ美容成分として、エイジングケア化粧品に配合されることがあります。見た目年齢が老けて見られがちな人にはおすすめの成分です。アスタキサンチンを取り入れることにより、乾燥の改善が期待できますよ。
「リコピン」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
リコピンは抗酸化作用があると言われている成分の中でも、もっとも強い抗酸化作用を持つと言われています。そのため、見た目年齢や肌の乾燥に悩んでいる方にもおすすめ! ここではリコピンの効果や摂り方を紹介していますよ。
「植物エキス」のウソとホント〜乾燥と見た目年齢に悩む人のための成分講座〜
化粧品に配合される美容成分としてよく見かける植物エキス。でも、植物エキスがいったい何なのか、知らない人のほうが多いのでは?このページでは、植物エキスがどういうものなのかを解説し、その効果や、精油との違いも紹介していますよ。