肌がピリピリする化粧品の疑問

つけるとすぐにピリピリする化粧品があるのはなぜ?

新しい化粧品を使ったとき、こんな症状が出たことはありませんか?

  • ・ピリピリする
  • ・赤みが出た
  • ・かゆくなった

これって乾燥肌のせい?

不安になりますよね。

初めて使う商品で肌がピリピリしたとき、肌ではどのようなことが起こっているのでしょうか?

乾燥肌と、化粧品で肌がピリピリしてしまうことの関係について解説します。

ピリピリの正体は肌の炎症!

ピリピリ・赤み・かゆみの原因は、肌の炎症です。

特に肌荒れしているわけでなくても、それは見た目だけの判断ですよね?

見た目に問題がなくても、実はとーっても小さな炎症が起こっていることはあります。

ケガをしているときに水がしみることがありますよね。

これと同じで、肌に小さな炎症が起こっていることによって、化粧品がしみてしまうんです。

肌の炎症とは?

肌に小さな傷がついていることがあります。

小さな傷があると、皮膚の表面がめくれてしまっていて、外からの刺激に弱くなっています。

そもそも皮膚はとても小さな皮膚細胞の層ですから。多少傷ついているぐらいでは、目に見えないのは当然です。

でも、やはり「目に見えない肌荒れ」がある部分は、なんとなく肌がカサついていたり、つるつる感が損なわれているもの。

カサカサしているところは、新しい化粧品を使ったときにピリピリするのも当然です。

肌の炎症は乾燥が原因

肌が炎症を起こしてしまうのは、乾燥が原因です。

炎症を起こしている肌は圧倒的に水分が足りず、そのせいで皮膚がめくれてしまっているんですね。

いわゆる「肌のバリア機能」が失われている状態です。

普段は特に乾燥肌だと思っていなくても、一時的に乾燥しているという可能性もあります。

肌が乾燥して化粧品がピリピリする場合は、ひとまず化粧品の仕様を使用を中止しましょう。

数日間はワセリンや椿油など刺激の少ない保湿剤を使い、肌を落ち着かせてから化粧品の使用を再開するのがおすすめですよ。

アレルギーが原因のことも

ここまでは肌の炎症について紹介してきましたが、中にはアレルギーが原因で刺激を感じる人もいます。

化粧品に含まれる何らかの成分に反応しているわけですね。

「昨日まで大丈夫だったのに、新しい化粧品に変えた途端にピリピリした」という場合はアレルギーを疑ったほうがいいでしょう。

ただ、アレルゲンの特定は困難です。化粧品にはたくさんの成分が含まれているため、どの成分に反応しているのかは特定しにくいですよね。

アレルギーが疑われる場合もいったん化粧品の使用を中止しましょう。

しばらく経ってからまた試してみてもダメなら、アレルギーの可能性が高いです。

その場合は、以前使っていた化粧品に戻すか、もしくはもっと低刺激な化粧品を試すのがいいですよ。

また、ピリピリしたり赤みが出たりするだけでなく肌荒れがひどくなってしまった場合は皮膚科を受診して治療を受けてくださいね。

化粧品をつけてピリピリするのは普通のことではありません。

乾燥からくる肌荒れやアレルギーが原因になっているので、無理に化粧品を使うのではなく、いったん使用を中止して様子を見てくださいね。

ページの先頭へ