化粧品のよくない・悪い成分はコレ!

基礎化粧品に入っている”肌によくない・悪い成分”を知っておこう!

基礎化粧品のパッケージに記載されている「全成分表示」を見ていると、本当にいろんな成分が入っているんだなぁ、と思いますよね。

中には「肌に良くない成分」が入っている、という話も聞いたことがあるでしょう。

とは言え、本当に悪い成分ならとっくに厚生労働省が禁止しているはず。

基礎化粧品に配合されている成分で、肌に悪い成分はあるのでしょうか?

当サイトの見解をご紹介します。

今すぐ肌に影響するような有害な成分

肌につけるとみるみるうちに肌がボロボロになってしまう。

そんな成分は、基本的にはありません。冒頭もお話ししたとおり、そんな危険な成分は厚生労働省で禁止されるはずだからです。

ただ、注意したいのは新しい成分。今も、化粧品メーカーではさまざまな新しい成分が研究されています。

そうした新しい成分の中には、使い続けることで肌に悪影響をもたらすものもあるかもしれませんよね。

もちろん、化粧品メーカーでも十分にテストをしてから商品化するはずですが、だからと言って安全な成分だとは言い切れないのです。

「これは絶対危険!」といった成分はありませんが、新しい成分が配合されているとうたっている化粧品は、乾燥に悩むような人は使わない方がいいでしょう。

もちろん、肌が荒れているときやアトピー性皮膚炎が悪化しているようなときだとどんな化粧品でも荒れてしまうことはありますので、そのことは分けて考えてくださいね。

あくまでも、「肌トラブルの無い状態で使っても肌が大荒れしてしまうような成分は無い」という話です。

実は肌に良くない成分

すぐに肌に悪影響をおよぼすほどの有害な成分でなくても、「実は肌に悪い」と言われる成分はあります。

というか、実は、ほとんどの基礎化粧品には、使い続けると良くない成分が入っているんです。

たとえばパラベン。防腐剤の一種で成分表示の表示名は「パラオキシ安息香酸エステル」などと書かれていますね。

ただの防腐剤ですから、基礎化粧品本来の働きには関係ないものです。いくらパラベンを肌に塗っても、肌はちっともきれいになりません。

でも、防腐剤が無いとどうなるでしょう? 菌が繁殖し、腐ってしまいますよね。

「必要悪」なんていう言葉がありますが、防腐剤もまた、「肌には良くないけど、無くすと基礎化粧品自体がダメになってしまう」という意味では必要悪なのです。

こうした必要悪を挙げていけばキリがありません。界面活性剤だって、肌に良くないと言われるものの、配合しなければ基礎化粧品の成分が分離してしまい、まったく使えない品質になってしまいます。

ただ、石油系合成界面活性剤と、アルコール(エタノール)には慎重になったほうがいいでしょう。

まず石油系合成界面活性剤。

界面活性剤自体は問題ないのですが、合成海面活性剤、特に石油系のものは、当サイトでは安全だとは言えないと判断しています。

石油系の原料は安価で効果も高いのでよく使われていますが、肌を乾燥させてしまうため、乾燥肌の方は気を付けてください。

次に、アルコール(エタノール)。 アルコール・エタノールはどちらも同じもので、防腐剤のように「基礎化粧品の品質を安定させて腐らせないため」に配合されています。

また、基礎化粧品が肌に浸透するのを助ける役割もあるんですよ。

ただ、アルコール(エタノール)も刺激が強いため、敏感肌・乾燥肌の人は注意した方がいいです。

いずれも「絶対避けるべき!」というわけではなく、もし肌に合わなければ次から避けるようにした方がいい、という感じですね。

「○○フリー」という商品について

アルコールフリー、エタノールフリー。それからパラベンフリーなど。

いずれも、「○○とう成分は入っていないよ」という意味です。

アルコール(エタノール)がどうも肌に合わないな、と感じているなら、アルコールフリー、エタノールフリーと書かれている商品を選んだ方が安心です。

ただし、アルコール・エタノールの場合は、配合されていないとしても、原料の製造過程で添加されていることもあるため、完全に避けるのは難しいのが実際のところ。

一方、パラベンフリーについてですが、こちらはあまり気にしなくてもいいかな、と考えています。

なぜなら、パラベンが入っていない基礎化粧品には、結局別の形で防腐剤が添加されているからです。

別の種類の防腐剤が含まれていてそれが肌に合わないとか、防腐剤を減らす代わりにアルコール(エタノール)を多く配合していて肌に合わないとか。

それでは本末転倒ですよね。

防腐剤を一切添加しないと、化粧品はすぐに腐ってしまいます。オーガニック化粧品なんかだと「3か月以内に使い切ってください」と書かれているものがありますが、あれも完全に防腐剤が入っていないとは限りませんよ。

たとえば水だと、2~3日放置しただけでも菌が繁殖してしまいますよね。一切の防腐剤を使わないということは、それだけすぐに菌が繁殖してしまうということですから、むやみに避ける必要はないはずですよ。

無添加・自然由来に騙されるな!

最近はボタニカルブームと言いますか、「無添加」や「自然由来成分配合」とうたっている基礎化粧品もたくさんあります。

でも、ここにも落とし穴があります。

まず無添加化粧品について。

「無添加」とは、旧指定成分が無添加、という意味であることが多いです。1980年に当時の厚生省が指定した成分のことを言います。

旧指定成分は「まれにアレルギーを起こす人もいるから、配合する場合はちゃんと書いておいてね」というものです。

つまり、一概に悪いものとは言えず、アレルギーを持っている人が化粧品を選びやすくするために決められたことなんですね。

しかも相当昔の話なので、今はもっと技術も進歩しています……。

旧指定成分を避けたところで劇的に基礎化粧品の質が上がるわけでもなく、それどころか、旧指定成分を使わないためにまた別の、肌に良くないかもしれない成分を配合することもあるんです。

次に、自然由来について考えてみましょう。

そもそも、自然由来の何がいいのでしょうか? なんとなく肌に良さそうな気がしてしまいますが、自然のものでも体に悪いものはたくさんありますよね?

スギ花粉のアレルギーの人は多いですし、触ると肌がかぶれてしまう植物だってあるでしょう。

また、「口に入れても安全」のようなうたい文句にも注意しましょう。口に入れて安全でも、肌に塗って安全とは限りません。

逆に、肌に塗って大丈夫でも口には入れない方がいいものというのもありますよね。

「なんとなく良さそう」と思って化粧品を選ぶのはやめましょう。

成分によっては、自然由来のものよりも、化学的に作られた成分の方が肌への負担が少ないこともあるのです。

結局、どんな化粧品を選べばいいのか!?

肌に良くない成分、悪い成分というのはいろいろあります。

考えているうちに「どの基礎化粧品も怖くて使えない!」なんていうことにもなりかねません。

一番いいのは、基礎化粧品を使わないことです。

栄養バランスのとれた食事、適度な運動に睡眠、ストレスの無い生活。そして、紫外線に当たらない生活をすれば完璧ですね!

しかし、そんなこと可能でしょうか? まず無理ですよね。

だからこそ、基礎化粧品でお肌をフォローしてあげることが必要になってくるのです。

基礎化粧品に頼りすぎるのは危険です。

でも、一切使わないのも、やっぱり肌にとっていいとは言えません。

乾燥やホコリ、紫外線といった外部の刺激から肌を守るために、基礎化粧品は使いましょう。

そして、基礎化粧品を選ぶときには、「無添加」だの「自然由来」「植物成分」といった雰囲気に流されないこと。

乾燥肌の人だと「石油系界面活性剤」や「アルコール(エタノール)」には気を付けて、あとは実際にサンプルを使ってみて判断していくことが大切です。

誰かがおすすめしていた化粧品が自分にも合うとは限りませんし、自分の肌に責任を持てるのは自分だけ。

「○○が危険!」とあおるだけで安易によくわからない化粧品を勧めるような話に惑わされず、自分の力で選び取ってくださいね。

ページの先頭へ