【おさらい】間違ったスキンケア・お手入れのよくあるケース

【逆に乾燥させてる!?】間違ったスキンケア・お手入れ方法

あなたは、スキンケアのやり方に自信がありますか?

お肌が乾燥しているせいで見た目年齢が老けて見える……。そんな悩みを持つ方は、スキンケアには注意していますよね。

スキンケアの重要性はよく知っているはず。

でも、間違ったスキンケアを続けていては逆効果!
意外とやってしまう人が多い間違ったスキンケアがあるんです。

ここでは、間違ったスキンケアとして代表的な4つを紹介していきますね。

【1】洗いすぎで必要な皮脂までとっている

さすがにこれをやってしまっている人はいないと思いたいのですが……。肌が乾燥しているのに、ダブル洗顔とかしていませんよね!?

  • ダブル洗顔(クレンジング+洗顔フォーム)
  • 刺激の強いクレンジング剤や洗顔料
  • 1日2回以上の洗顔
  • 熱いお湯による洗顔

いずれも、「洗いすぎ」になります!

肌を清潔にするのは良いことですが、洗いすぎることにより、肌にとって必要な「常在菌」や皮脂まで洗い流してしまいます。

その結果、バリア機能が低下してしまい、水分が蒸発……お肌の乾燥につながります!

【2】熱心にこすりすぎて肌に負担をかけている

洗いすぎの方にも多いパターンですが、顔を洗うとき、ごしごしと肌をこすっていませんか? また、スキンケアの際にもマッサージのように肌をこすっていないでしょうか。

  • 洗顔
  • スキンケア
  • 小顔マッサージ
  • かゆみを感じたとき
  • 枕などの摩擦

など、顔をこすってしまう機会は多いもの。

肌に摩擦を加えると、肌表面の角質層が乱れ、健康な肌を損ねてしまうことがあります。

また、雑菌のついた手で触ることによって、雑菌が顔の肌にうつってしまうことも……肌荒れの原因になりますよね。

強くこするのは論外ですが、ほんの少しの摩擦でも肌には負担がかかっていると思ってください。

なるべくこすらないように意識してくださいね。

【3】長時間触ることにより肌を傷める

顔の皮膚は、体の皮膚よりも繊細です。特に、乾燥が気になる方の場合は肌が弱っていることが多いため、余計にダメージを受けやすいのです。

あなたの見た目年齢が老けて見えるのは、もしかすると触りすぎなのかもしれません。

顔の肌を触る機会は、なるべく少ない方がいいです。それでなくても、女性は顔を触る機会が多いですからね。

  • 顔を洗うとき
  • スキンケアをするとき
  • メイクをするとき

など、1日何十回も顔を触っているはず。

これ以外にも、暇なときについ顔を触ってしまったりしていると、それだけ肌へ負担をかけているということ。

乾燥から肌を守りたければ、とにかく顔を触らないようにするのが鉄則です。

【4】スキンケアで肌を叩くとダメージ大!

一昔前のスキンケアでは、コットンや手の平を使ってペチペチとパッティングするのが良いと言われていました。

「化粧水などの成分をお肌に叩き込む」なんていう言われ方もしていましたね。

まさか、未だに顔を熱心にペチペチしていませんよね!?

繊細な顔の皮膚は、叩くだけでも角質層を乱れさせてしまいます。角質層に負担を与えることによって肌のバリア機能が低下し、顔から水分を奪っていくのです。

乾燥したくなければ、顔の肌は叩かずに、優しくスキンケアしてくださいね。

ライター

顔の肌は思っている以上に繊細です

  • 洗いすぎ
  • こすりすぎ
  • 触りすぎ
  • 叩く

こういったスキンケアを続けていると、肌はどんどん弱っていき、乾燥の原因になります。

肌のために良かれと思って続けていたスキンケアが実は肌を乾燥させていたなんて、ショックですよね……。

でも、気づいたときにやめれば、十分取り戻せます!

正しい方法でスキンケアを続けて行けば徐々に肌のバリア機能が回復して、水分を保持できる肌質になっていくもの。

今まで間違ったスキンケアをしていた人は、今日から肌に優しいスキンケアに変えてくださいね。

ページの先頭へ