乾燥肌の人のための洗顔方法

乾燥肌と洗顔料~見た目年齢を若くする使い方と豆知識~

乾燥肌の人は、人一倍洗顔には気を付けなければなりません。

と、なんとなく分かっていても、実践できていない人ってすごく多いんです!

そこで、ここでは正しい洗顔料の選び方と、正しい洗顔方法について解説していきたいと思います。

◎乾燥肌を改善したいなら洗顔のあり方を見直そう

乾燥肌の原因はいろいろありますが、洗顔のやり方を見直すだけでも改善され、見た目年齢も若くなった、という人はいます。

洗顔のやり方は、具体的には2つのポイントがあります。

  • 洗顔料の見直し
  • 洗顔方法の見直し

この2つをしっかり見直すことによって、乾燥肌を克服し、見た目年齢を下げることもできるのです。

◎見た目年齢を若返らせる洗顔料の選び方

洗顔の目的は、皮膚の表面についた汚れを落とすことです。

汚れが付いたままになると皮膚の中に雑菌が入って炎症を起こしたり、角質層にダメージを与えて肌の乾燥を招いてしまうこともあります。

ただ、いくらきちんと顔を洗っていても、洗顔料が肌に合っていなければ逆効果になることもあるのです。

自分に合った洗顔料を見つけるために、正しい洗顔料の選び方を知っておきましょう!

○洗顔料の種類は「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」

洗顔料には、2種類あります。

「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」です。

【洗顔フォーム】

チューブ等に入った、ペースト状の洗顔料。
顔を洗うことを前提としているので、顔の肌に合った成分(保湿成分等)が配合されています。
ただ一方で、合成界面活性剤が使用されているものがほとんどで、肌への負担は大きいです。

【洗顔石鹸】

固形石鹸で、洗顔用に売られているものもあります。
石鹸にもいろんな種類があり、保湿成分等が配合されているものもあれば、合成界面活性剤が添加されているものもあります。

このように見ると、洗顔フォームと洗顔石鹸では、「固形かペースト状か」という違いしかないように見えますね。

でも、乾燥肌の方には固形石鹸のほうがおすすめです。

○洗顔石鹸がおすすめな理由

洗顔料としては石鹸のほうが、乾燥肌の方にはおすすめしたいのですが、その理由はこれです。

「肌への負担が少ない低刺激の商品が見つけやすいから」

洗顔フォームの場合は、ほとんどに合成界面活性剤が含まれています。成分表示を見るだけで低刺激かどうかを判断できる人は少ないですよね。

でも、固形石鹸の場合は判断がしやすいんです。

固形石鹸にもさまざまな添加物が入っているものがありますが、詳しい選び方については以下から説明しますね。

○石鹸にも種類がある

「固形石鹸」には、洗顔料として売られているものもあれば、浴用として売られているものもありますし、中には掃除用のもの(ウタマロ石鹸など)もあります。

洗顔料として使える固形石鹸には、以下の種類があるんですよ。

  • 化粧石鹸
  • 洗顔石鹸
  • 浴用石鹸
  • 純石鹸
顔にも体にも使える「化粧石鹸」

石鹸には洗濯用や工業用のものもありますが、それらと区別する形で、体や顔に使える石鹸のことを「化粧石鹸」と呼びます。

そして、洗顔石鹸や浴用石鹸も、化粧石鹸の一種なんですよ。

洗顔用に作られた洗顔石鹸

洗顔料として販売されている石鹸のことを、洗顔石鹸と呼びます。もちろん体にも使えますが、特徴としては、保湿成分が配合されていたり、なるべく低刺激に作られているものが多い、ということです。

お風呂に置きっぱなしでも安心な浴用石鹸

その名の通り、お風呂で使うことを想定した石鹸のことです。もちろん顔にも使えます。
特徴としては、バス用として大きめのサイズになっていること、そして、浴室に置きっぱなしにしていても大丈夫なように溶けにくく作られていることです。

もっともオーソドックスな純石鹸

純石鹸も、体にも顔にも使える石鹸です。大きな特徴は、その名の通り「純粋な石鹸」であること。
石鹸の成分表示に「石ケン素地」「純石けん分」「脂肪酸ナトリウム」などと記載されている石鹸が、純度100%の石鹸です。

※いずれの場合も、1種類しか記載されていませんから、見ればすぐ分かります。

添加物が入っていない分使い心地や香りの面では劣りますが、添加物が入っていない分だけ刺激が少なく、敏感肌の人でも安心して使いやすいのが特徴です。

○洗顔用石鹸の選び方

一番安心で簡単なのは、純石鹸を選ぶことです。純石鹸は成分表示に1種類しか記載されていないので、誰でも簡単に見分けられますよね。

ただ、浴用や洗顔用などの化粧石鹸でも、良いものはたくさんあります。

こうした商品を中心に選ぶと失敗しにくいですよ。

  • 低刺激
  • 無添加
  • 敏感肌・乾燥肌向け
  • エイジングケア向け

もちろん人によって合う・合わないはありますし、無添加だから安心、なんていうわけではないのですが、何も書いていない石鹸を選ぶよりは、失敗する確率は低いと言えます。

化粧品ブランドでも洗顔ソープを販売しているところは多く、トライアルセットが手に入るものもあるので、試してもいいと思いますよ。

ただ、こうした化粧石鹸をいくつか試して思うような効果が得られないなら、洗顔料は純石鹸にしてしまったほうがいいでしょう。

○洗顔後のつっぱりは問題ない

石鹸で顔を洗うと、「肌がつっぱるから怖い」という人もいます。

たしかに、洗顔フォームに比べると石鹸は肌がつっぱりますよね。

でも、実は肌のつっぱり自体は問題ないんです。

洗顔フォームを使って肌がつっぱらないのは、洗顔フォームに含まれる保湿成分があるからですが、洗顔フォームの成分が肌に残留しているということは、かえって肌の乾燥につながることもあるぐらいです。

洗顔後30分経ってもまだ肌がつっぱっている、というのなら問題ありですが、洗顔後にスキンケアをして肌が落ち着くなら、それは正常な肌の反応だと思ってくださいね。

○洗顔フォームを使うなら

それでも洗顔フォームを使いたい! という方は、なるべく低刺激な洗顔フォームを選ぶことが鉄則です。

洗顔フォームである以上、固形石鹸以上に低刺激ということはあり得ないのですが、極力刺激が少なくなるよう作られている洗顔フォームもあります。

こちらも、「低刺激」「無添加」「敏感肌・乾燥肌向け」など、刺激が少なそうな商品から選ぶようにすると失敗は少ないでしょう。

重度の乾燥肌の方にはおすすめしませんが、比較的軽度の乾燥肌の方なら、洗顔フォームでも問題ないかもしれませんね。

◎正しい洗顔方法をおさらいしよう

せっかく良い洗顔料を使っても、洗顔方法が間違っていれば乾燥肌は改善しません。それどころか、どんどん悪化してしまうおそれもあります!

本当に正しい洗顔方法が実践できているか、確かめてみてくださいね。

○正しい洗顔の流れとポイント

1. 水に近いぬるま湯を使おう

洗顔は「ぬるま湯」が基本ですが、ぬるま湯と言っても、「ちょっと物足りない」と感じるぐらい、温度の低いお湯にしてください。

2. はじめにお湯で顔をすすぐ

洗顔前には顔を濡らしますが、これはただ「濡らす」のではなく、「はじめにお湯で顔を洗う」と意識してください。

皮膚表面についた汚れをざっくりと落とすのが目的で、軽く洗ってから洗顔料を使うことで、より肌に優しく洗顔ができます。

3. 洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔料は当然泡立てて使っていると思いますが、泡立てが不十分な方が多いです。洗顔料のCMみたいに、きめ細かいモコモコの泡を作ってくださいね。

固形石鹸でもちゃんと泡立ちます。難しいと思う人は、泡立てネットを使ってみましょう。

4. 泡を転がすように洗う

顔を洗うのは手のひらや指の腹を使うのが基本。でも、これは決して「手で洗う」のではありません。

顔に乗せた「泡」で洗うのです。手が顔に直接つかないぐらいの距離感で、泡を転がすように洗いましょう。

5. 洗う順番はTゾーン⇒ほほ⇒目・口

油分の多いところから洗うようにしてください。まずはじめに、Tゾーンに泡を乗せて洗います。

次に、ほほ・フェイスラインを洗います。そして最後に、もっともデリケートな目と口を洗います。

6. 優しく丁寧に洗い流す

最後にすすぎですが、まさか、シャワーを直接顔に当てていないですよね?

すすぎは手のひらですくったお湯で、優しく!

そして、すすぎ残しがないように、少ししつこいぐらいに洗い流してください。

7. 柔らかいタオルで優しく拭き取る

洗顔後は、しっかり水分を拭き取るのも大切です。ただ、必ず柔らかいタオルを使いましょう! 使い古した固いタオルは厳禁です。

拭き取るときもこすらずに、タオルを顔全体に優しく押し当てるようにしてくださいね。

○ダブル洗顔はNG!

夜の洗顔では、「メイクを落としてから洗顔料で顔を洗う」というダブル洗顔を実践している人も多いのではないでしょうか。

しかし、乾燥肌に悩んでいるレベルの人には、ダブル洗顔はおすすめしません!

メイクをしているときでも、洗顔は一度だけにすること。

フルメイクをしているときはどうしてもクレンジング剤を使うと思いますので、それだけで洗顔は済ませましょう。

また、ファンデーションのみのメイクや、お湯でオフできるコスメを使っている人は、石鹸だけの洗顔でもちゃんとメイクは落とせます。

また、メイクをしていないときなら、お湯だけの洗顔でもいい場合もあります。試しにお湯のみの洗顔をしてみて、肌に合うようなら続けてみてくださいね。

「夜は石鹸、朝はお湯のみ」などと使い分けてもOKですよ。

◎まとめ

洗顔料と言えば洗顔フォーム! という人も多いのですが、見た目年齢に悩むような人には、洗顔フォームはおすすめしません。

肌が弱っているときは固形石鹸のほうがいいんです。

乾燥肌が改善してきたなら使い勝手の良い洗顔フォームに戻してもOKですが、それでもなるべく低刺激のものを選ぶようにしてくださいね。

乾燥肌の人は洗いすぎになっていることも多いので、洗浄力の強い洗顔フォームは必要ありませんし、固形石鹸のほうが肌の調子が良くなったと感じている人も多いので、ぜひ試してみてくださいね。

ページの先頭へ