乾燥肌の人のための乳液講座

乾燥肌と乳液~見た目年齢を若くする使い方と豆知識~

乾燥肌のせいで見た目年齢が老けて見られがちな方!

乳液はちゃんと選んでいますか?

昔は「化粧水で水分を与えて乳液でフタをする」なんて言われていましたが、今は違います。

乳液はただフタをするだけでなく、もっとちゃんとした役割があるんです。

◎乳液の役割を正しく理解しよう

乳液の役割は、保湿です。

それはただ「皮膚にフタをして表面を保護する」というだけのものではありません。

保湿成分自体は、化粧水にも含まれています。ただ、保湿成分には水溶性のものと脂溶性のものがあるんですね。

化粧水の主成分は水なので、水溶性の保湿成分とは相性がいいです。

でも、脂溶性の保湿成分を配合するなら乳液のほうが好都合。

乳液には油分が含まれるため、脂溶性の保湿成分を配合しやすいのです。

つまり、乳液を使う目的は、脂溶性の保湿成分を補給するためだと言えるでしょう。

○乳液に含まれている成分

乳液も、基本的には水が多く含まれています。また、グリセリンやBGなどの基本的な保湿成分も多く含まれていることが多いです。

そしてそれ以外の保湿成分として、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった保湿成分が配合されることになります。

(もちろん、防腐剤やエタノールなどの「製品の質を安定させるための成分」も含まれますよ。)

○ボディローションとの違い

体全体のケアとして使う「ボディローション」。

テクスチャ的には乳液と似たようなものですよね。一体何が違うのでしょうか?

ボディローションと乳液では、明確な違いがあるわけではありません。いずれも、保湿を目的として作られた製品であることには変わりありません。

ただ、顔の皮膚は特にデリケートなので、乳液として売られている商品のほうが、肌に優しい配合になっている傾向があります。

ボディローションは顔に比べると消費量も多くなることから、より格安な保湿成分が多めに配合されているという傾向も。

肌が強い人であればボディローションを顔に塗ってしまっても問題ないかもしれませんが、乾燥肌の方にはおすすめできません。

きちんと、顔用として売られている乳液を使用するようにしてくださいね。

◎乳液の選び方

乳液を選ぶときに、あなたはどんな点に注目していますか? 乳液もたくさんの種類がありますが、もっとも注目すべきなのは保湿成分です。

○保湿成分に注目すべき

保湿成分にはたくさんの種類があります。

が、乳液に配合される保湿成分としておすすめなのがセラミドです。

セラミドはもともと皮膚に存在する成分でもあり、セラミドを補給することで肌が本来持っている水分保持力を高める役割があります。

ワセリンやグリセリンなど「ただ皮膚の表面を保護するだけ」の保湿成分では乾燥肌の改善はできません。

ちなみに、セラミドが配合されている乳液というのは実は多くありません。

セラミドに注目して選ぶだけでかなり絞り込めますし、あとは敏感肌用だったり、「低刺激」と書かれていたり、といった肌への刺激が少なそうな商品から選ぶと失敗しにくいですよ。

○プチプラ商品と通販で人気の商品の違いって?

乳液も、安いものは1,000円以下で買えることもありますよね。

安いからダメ、高いから良い、というわけではありませんが、やはり安すぎる商品はおすすめしません。

乾燥肌の人は同時に敏感肌であることも多いですが、そういう方にはなるべく高品質の商品を使っていただきたいです。

ドラッグストアでも手に入るプチプラ商品も肌に合うなら止めませんが、乾燥肌の人はプチプラ商品から合うものを探すのは一苦労になります。

一方、最近人気があるのが通販限定で販売されている化粧品。

高級ブランド品に比べると格安ですが、中には良い商品もあるので試してみても良いでしょう。

乳液の基本的な選び方(セラミド配合・低刺激)を意識すれば、肌に合う乳液を見つけやすくなりますよ。

◎乾燥肌向け、乳液の正しい使い方

乳液の目的は、肌の保湿です。

もし、乳液を使っているのに肌が乾燥するなら、使っている乳液が合っていないか、もしくは使い方が間違っているかのいずれかです。

○乳液の塗り方の基本

  1. 手のひらに乳液をとる
  2. 手のひらで伸ばす
  3. 手のひら全体で顔を包むようにして付けていく

このとき、ゴシゴシと刷り込むように塗ったり、ペチペチと叩き込むようにして塗っていませんか?

いずれも肌に刺激を与える塗り方なので、絶対にやらないでください。

手のひらで優しくプッシュする感じで、ハンドプレスしてなじませていきましょう。

○足りないのも塗りすぎもダメ

乳液を塗った直後にまだ肌が乾燥しているなら、乳液の量が足りていないということです。もう少し使用量を増やしましょう。

また、乳液ではなくクリームにするという方法もあります。特に、30代・40代・50代以上の方だと皮膚の水分保持力が低下してきているので、クリームのほうがいい場合もあります。

一方、塗りすぎもダメです。

余った乳液が皮膚に残ってべたべたしているような状態になっていませんか?

表面がべたべたしていると、そこにホコリや雑菌が付着してしまいます。

ホコリや雑菌が原因で皮膚が炎症を起こしてしまうこともありますし、残った乳液の成分自体が酸化して、肌にダメージを与えることもあります。

足りない分には付け足せばいいのですが、塗りすぎてしまうと拭き取ったり洗い流したりと余計な手間が増えます。

手間が増えるだけでなく、拭いたり洗ったりすればまた皮膚への負担を増やしてしまいますよね。

はじめから多めに塗るよりも、少なめに塗って少しずつ足していく、というやり方のほうが肌への負担は少なくなりますよ。

○乳液だけでスキンケアはダメ!

乳液が保湿するためのアイテムなのだから、もういっそ乳液だけ塗ってしまえばいいのでは?

なんて考えたくなることもあります。

でも、乳液だけで保湿は完了しません。

化粧水には化粧水の保湿成分が含まれていますし、また、化粧水には肌の表面を整える役割もあるため、省くことはできないのです。

ただし、オールインワン化粧品は別。オールインワンゲルなどの商品はもともと「それ1つでスキンケアが完了する」という趣旨で作られています。

忙しくて「化粧水だけ」とか「乳液だけ」とかのスキンケアになりがちな人は、せめてオールインワンタイプの化粧品を使いましょう。

とはいえ、基本的には化粧水+乳液という2ステップのスキンケアのほうが乾燥肌はコントロールしやすいです。

オールインワンタイプの化粧品はどうしても、という場合のみにしてくださいね。

乾燥肌対策の基本はスキンケアです。自分に合ったアイテムを選び丁寧にスキンケアを続けていけば、見た目年齢も徐々に改善されてくるはずですよ。

ページの先頭へ