乾燥肌の人のためのメイク落とし(クレンジング)方法

MENU

乾燥肌とメイク落とし〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜

スキンケアに気を遣っているはずなのに乾燥肌が改善されない。

 

そんな方は、メイク落としに問題があるかもしれません!

 

メイク落としにもいろんな商品がありますが、今使っているクレンジング剤、本当に肌に合っているのでしょうか?

 

ここでは、乾燥肌や見た目年齢に悩んでいる人向けに、正しいメイク落としの選び方やメイク別の使い分け、正しいクレンジング方法についてまとめていますよ。

 

◎メイク落としで肌が乾燥していませんか?

メイク落とし(クレンジング剤)は、メイクを落とすためには必要なものです。

 

メイクが落せていないと、肌に負担を与えてしまいますよね。

 

ファンデーションやマスカラなど、コスメは肌に付いたままにしておくことで雑菌を繁殖させてしまうことにもなります。

 

一方、落としすぎの問題も。洗浄力の高いクレンジング剤を使うことでメイクをしっかり落とせますが、必要な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥を招いていることもあります。

 

乾燥肌の人は、メイク落としもきちんと考えて選ばなければならないのです。

 

◎乾燥肌向け!メイク落としの選び方

メイク落としもいろんな商品が売られていますが、肌質によっては負担になるものもあります。

 

クレンジング剤を購入するなら、基本的には敏感肌向けの商品から選ぶのがおすすめです。

 

ただ、敏感肌向けのクレンジング剤は洗浄力が弱いものもあるので注意が必要です。

 

普通のクレンジング剤と同じ使い方ではメイクが落としきれずに、やっぱり肌に負担をかけてしまうこともあります。

 

メイク落としの使い方については後半でまとめているので参考にしてくださいね。

 

逆に、敏感肌向けとして売られている商品の中にも、肌に合わないものはあります。

 

その場合は、クレンジング剤を使わずにメイクを落とすことも検討しましょう。

 

クレンジング剤を使わない方法についても触れていますので、続きも読んでみてください。

 

○メイク落としの種類

まず、基本的なメイク落とし(クレンジング剤)の種類は以下の通りです。

 

※洗浄力が強い順に並べています。

 

  1. クレンジングオイル
  2. クレンジングジェル
  3. クレンジングクリーム
  4. クレンジングミルク

クレンジング用として売られているこれらの商品は、たとえばクレンジングオイルでも、ただのオイルではありません。

 

合成界面活性剤が配合されていて、その力で強力な洗浄力を発揮するようになっています。

 

するっとメイクが落ちるので楽な分、肌への負担は大きいです。

 

乾燥肌の方、見た目年齢を改善したい方は、こうした「お手軽」なクレンジング剤との付き合いは、慎重に考えたほうがいいでしょう。

 

○見た目年齢が気になるならメイク落としを使わない方法も

乾燥肌なら、クレンジング剤を使わずにメイクを落とす方法を検討してもいいかもしれません。

 

  • オイル
  • コールドクリーム
  • 純石鹸

オイルというのは、クレンジングオイルとは違って「純粋なオイル」を指します。オリーブオイルやホホバオイルといったオイルを使ってメイクを落とします。

 

コールドクリームも、一般的なクレンジングクリームとは違い、お湯で洗い流すのではなく、拭き取り用のものがあります。

 

石鹸でメイクを落とすこともできますね。石鹸にも化粧石鹸と純石鹸がありますが、より肌に優しいのは純石鹸です。

 

成分表示に「石ケン素地」や「純石けん」、「脂肪酸ナトリウム」と書かれているものが純石鹸ですよ。

 

○ポイントメイクは専用リムーバーを

アイメイクなどポイントメイクを落とすために使うのがポイントメイクリムーバーです。

 

特に、ウォータープルーフのマスカラやアイラインは落ちにくいですよね。

 

しかも、目の周りは特に皮膚が薄いところで、乾燥しやすいもの。

 

ゴシゴシこすって落とすなんて絶対にNGです! 専用のポイントメイクリムーバーを使い、優しく落とすのが鉄則ですよ。

 

※補足ですが、肌が荒れているときは、ポイントメイク自体を控える方がいいですよ。

 

○乾燥肌に悩む人におすすめのメイク落とし

乾燥肌で見た目年齢に悩んでいる人におすすめのメイク落としの選び方をまとめました。

 

メイクレベル別に分けていますので、自分に合った方法を選んでくださいね。

 

フルメイク(濃いメイク)向け

 

【ポイントメイクリムーバー+クレンジングミルク・クリームorコールドクリーム】

 

乾燥肌が気になるけれど、職業柄フルメイクが欠かせない、という人向けです。

 

クレンジング剤を使うなら、クリームタイプかミルクタイプにしましょう。

 

また、時間があれば、コールドクリームで丁寧に拭き取るほうがいいですよ。

 

いずれにせよ、フルメイクならアイメイクもしっかりしていると思いますので、ポイントメイクリムーバーは使いましょう。

 

肌が弱っているけれどメイクは欠かせない人向け

 

【ポイントメイクリムーバー+オイル】

 

肌が荒れているのにフルメイクをしなければならない……という方におすすめの方法です。

 

オリーブオイルやホホバオイルなどを使い、丁寧に拭き取りましょう。

 

※もちろん、肌が弱っているときにはメイクをしないのが一番です! 仕事柄必要、というわけでないなら、薄いメイクに切り替えてください!

 

また、お休みの日はメイクをしないで済ませるようにしてくださいね。

 

薄めのメイクの人向け

 

【ポイントメイクリムーバー+純石鹸】

 

ポイントメイクはするけれど、肌はファンデーションのみでウォータープルーフでもない、いたいな人向けの方法です。

 

たいていのファンデーションは石鹸で落ちますから、ポイントメイクだけきちんと落とせば問題ありません。

 

ただし、下地+BBクリーム+パウダーファンデ、のようにしっかりメイクしている方は、たとえ自分では薄めだと思っていても、フルメイク向けのメイク落としを選んでくださいね。

 

お湯でオフできるメイク向け

 

【純石鹸】

 

最近はお湯だけで落とせるコスメも増えています。

 

ファンデーションだけでなく、アイブロウやアイライナー、マスカラなど、なんでもお湯でオフできるようになっていますよね。

 

こうしたコスメを選んでいる人なら、クレンジング剤を使わなくても、純石鹸だけの洗顔で十分メイクが落とせますよ。

 

なるべく肌に負担をかけたくないなら、お湯で落とせるコスメに変えて、メイク落としも石鹸のみに変えるのがおすすめです。

 

○年齢でメイク落としを変えるべき?

乾燥肌と言っても、年代ごとにその深刻さは変わります。もちろん、若くてもひどい乾燥肌の人もいますから、ここでは大まかな目安だけお伝えしておきますね。

 

20代のうちは市販のクレンジング剤でもOK

 

20代のうちは、まだ肌の回復も早いですし、肌自体が強いので、一般的なクレンジング剤を使っていても大きな問題はありません。

 

とはいえ、なるべくオイルは避け、クリームタイプやミルクタイプを使うのがおすすめですよ。

 

30代はなるべく肌に負担をかけないで

 

30代と言えば出産したり、仕事でも出世したりして忙しくなる年代です。だからメイク落としに時間をかけていられない……というのは分かります。

 

でも、肌の将来のためには、やっぱり手間をかけてあげたいものです。

 

どうしても時間が無い、というとき以外は、(合成界面活性剤入りではない)普通のオイルや、コールドクリームを使って丁寧にメイク落としするようにしましょう。

 

また、コスメ自体をお湯で流せるものに変えて、純石鹸を使ったクレンジングを取り入れるのもおすすめです。

 

普段は純石鹸、フルメイクをしたときだけオイル、といった使い分けをしてもいいでしょう。

 

40代・50代以降は自分の肌に合う方法を

 

40代以降になってくると、肌が強い人と弱い人の差が大きくなってきますから、一概には言えません。

 

乾燥肌の人でも、軽度の人と重度の人とでは対策が変わってきますよね。

 

乾燥がひどい人は、市販のクレンジング剤は使わないようにしましょう。乾燥肌が改善されるまでだけでもいいので、なるべく純石鹸やオイルを使ったクレンジングをしてください。

 

比較的軽度の乾燥だという方でも、基本的にはなるべく肌の負担が少ない方法でメイク落とししましょう。

 

◎メイク落としの使い方

いくら肌に優しいクレンジング剤を持っていても、正しく使えていなければ意味がありません。

 

クレンジング剤ごとの正しい使い方を紹介しますね。

 

○各クレンジング剤共通の基本!

まずは、どのクレンジング剤を使うにしてもおさえておきたいポイントです。

 

・ぬるま湯で洗顔する
ぬるま湯と言っても「温かい」というよりは「少し冷たい」と感じるぐらいの温度がおすすめです。36〜37度ぐらいの低い湯温で洗いましょう。

 

・たっぷりめに使う
顔に乗せて指の腹でなでたとき、まだ摩擦を感じるようならクレンジング剤が足りないということです。

 

指がするすると滑るぐらいの量を使うようにしてくださいね。

 

基本的には「500円玉大」などと書かれている商品が多いですが、人により適正な量は違うため、自分にあった量を見つけてください。

 

・お湯でしっかり洗い流す
すすぎが十分にできていないと、メイクの成分やクレンジング剤が皮膚に残ったままになります。

 

湯温が低ければ大丈夫なので、怖がらず少ししつこいぐらいにすすぎましょう。

 

ぬるぬる感が残っているうちは落せていないと思ったほうがいいですよ。

 

また、シャワーを顔に当てるとか、手でバシャバシャこする、というのは厳禁!

 

なるべくこすらず、強くお湯を当てず、優しく洗い流すようにしてください。

 

・柔らかいタオルを使う
タオルの質感にも注意してください。古く固くなったタオルでは肌に刺激を与えてしまいます。

 

柔軟剤のCMに出てきそうな、ふわふわの柔らかいタオルを使うのがおすすめですよ。

 

つねにふわふわのタオルを使おうと思えばお金もかかってしまいますから、顔専用にハンドタオルをたくさん用意しておき、固くなってきたものはふきんなどに使っていけばいいでしょう。

 

・タオルでこすらない
水分を拭き取るとき、まさかゴシゴシこすっていませんよね?

 

正しくは、顔全体にタオルを当てて、優しく押さえるだけ。いくら柔らかいタオルでも、こすれば刺激になるので注意しましょう。

 

○お湯で流せるタイプのクレンジング

一般的なオイル・ジェル・クリーム・ミルクといったクレンジング剤のことです。

 

クレンジング剤は指の腹を使って優しく「くるくる」と洗うのが基本。

 

おすすめは、中指と薬指の腹を使うやり方です。人差し指だと力が入りやすいんですよね。

 

指の腹を優しく肌に充てて、小さくくるくると円を描くように洗ってください。

 

○ポイントメイクリムーバー

ポイントメイクリムーバーは洗浄力が強いので、実はなるべく使わない、というのが一番なんですよね。

 

なるべく、マスカラやアイライナー、リップなども、お湯で落とせるものを選ぶのがおすすめです。

 

とは言え、そうもいかない場合は正しく使いましょう。

 

ポイントメイクリムーバーは、コットンにたっぷりとつけて、メイクを落としたいところに当てます。

 

約60秒数えたら、すべらせるように肌から離します。

 

これでほとんど取れているはずですし、残ってしまった分もメイクの成分自体はかなりゆるんでいるので、その後お湯で洗い流せば大丈夫ですよ。

 

また、ポイントメイクリムーバー自体も刺激が強いので、お湯でしっかり洗い流すよう意識してくださいね。

 

○オリーブオイルなど洗い流せないタイプのクレンジング

クレンジング剤として売られているオイルはお湯で洗い流せますが、普通のオイルではそうはいきません。

 

まず、顔全体になじませてくるくると小さく円を描くように洗います。

 

その後、洗い流すのではなく、拭き取ってください。

 

コットンを使って拭き取っていきますが、このとき、同じところを何度も拭くのではなく、全体を1回ずつ拭くようにしてくださいね。

 

何度も拭きとるとそれだけ摩擦で刺激を与えてしまいます。

 

拭き取ったあとは、お湯で洗い流します。

 

このとき、まずは少量のお湯を手になじませて、顔全体になじませます。水と油は混ざりませんが、少量のお湯を混ぜることで乳化させることができます。

 

乳化させたオイルは洗い流しやすくなるので、このひと手間は惜しまないでくださいね。

 

○純石鹸を使ったクレンジング

純石鹸は、しっかりと泡立ててから使いましょう。

 

純石鹸は固形石鹸なので、まずは濡らした手に石鹸を持ち、手にひらにたっぷりと付けるようにしてください。

 

そして、少量のお湯を足しながら手のひらでしっかり泡立てること!

 

洗顔料のCMをイメージして、きめ細かい泡を作るのがポイントですよ。

 

泡立てネットを使えばきめ細かい泡も簡単に作れるので、100円ショップなどで購入しておくといいですよ。

 

泡立てた泡は、おでこ・両ほほ・あご・鼻に乗せて、あとはほかのクレンジング剤同様、くるくると指の腹を使って洗っていきます。

 

◎まとめ

メイク落としにはクレンジング剤を使わなければならない、という思い込みは捨てましょう。

 

おすすめは、やっぱりお湯でオフできるコスメをつかい、純石鹸やオイルで洗顔することです。

 

もちろん、それが難しいという方はクレンジング剤を使っていただいてもかまわないのですが、肌荒れがひどいときにはなるべくお休みするようにしてください。

 

メイクをしっかり落としつつ皮膚の皮脂を守るようにすれば、それだけで乾燥肌が改善される人もいます。

 

一般的なクレンジング剤は簡単にメイクが落せてすすぎも楽ですし、純石鹸等を使ったクレンジングは慣れるまでは大変かもしれません。

 

それでも、肌に優しいことは間違いないので、少しずつ取り入れてみてくださいね。

関連ページ

レベル1:肌のつっぱり・ヒリヒリ感を改善するためのスキンケア
健康な肌の人でも、ときたま乾燥を感じることがあります。でも、「よくあることだから」と放置していませんか?いつのまにか乾燥肌が普通の状態になり、ますます乾燥は進んでしまいます!お肌のつっぱりやヒリヒリ感を感じたら、早めに手を打ちましょうね。
レベル2:カサカサ肌をいたわるためのケア
カサカサ肌が気になる、という比較的軽度の乾燥状態は、間違ったケアをしてしまうことで一気に乾燥が進んでしまいます。意外と間違ったケアをしてしまっている人は多いので、正しい保湿の方法やスキンケアの考え方を紹介しますね。
レベル3:小じわ対策のために見直したい生活習慣とスキンケア
小じわを発見するとショックですよね。でも、あきらめるのはまだ早いです!小じわは乾燥が原因になっていることがほとんどなので、スキンケア、特に保湿の見直しで改善することが多いんです。どんなことに気を付ければいいのか、チェックしてみてくださいね。
レベル4:粉ふきが出る乾燥状態をケアする大切なポイント
肌に粉ふきが発生するほどの乾燥は、すぐにスキンケアを改めないとさらに乾燥が進んでしまう可能性があります。粉ふきにはまず保湿が重要。とは言え、間違った保湿をしている人が多いので心配です。粉ふきがあるときの保湿のやり方を知っておきましょう。
レベル5:重度の乾燥(肌の赤み、かゆみ、ひび割れ)を治療するために自分でできること
肌に赤み・かゆみ・ひび割れなどがある方は、かなり乾燥が進んだ、深刻な状態です。こんな重度の乾燥は、化粧品でどうにかできるものではありません!場合によっては皮膚疾患が見つかることもあるので、適切な治療が必要です。
季節の変わり目にすごく乾燥する方へ
季節の変わり目には肌も乾燥しやすくなりますよね。でも、季節に応じたスキンケアをしていけば、ゆらぎ肌を防ぐことは可能です!季節ごとにどのような対策が必要なのか、それぞれまとめています。
おでこ(ひたい)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
おでこは普通なかなか乾燥しないところです。にも関わらず乾燥しているということは、スキンケアのやり方や化粧品の他に原因が隠れている可能性が高いです!おでこの乾燥は見た目年齢にも直結する問題なので、原因を特定して早めに対策していきましょう。
目元の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
目元の乾燥は、見た目年齢を老けさせる大きな原因になります。目の周りは皮膚が薄い分どうしても乾燥しやすいので、きっちり保湿して小ジワを防ぎましょう。また、目元の乾燥が気になる方はメイクの際にも気を付けるポイントがあるんですよ。
ほほ(頬)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
頬(ほほ)は乾燥しやすい部分。いい加減なケアをしているとすぐにカサカサしてしまうもの。乾燥すると保湿ケアに重点を置きがちですが、実は洗顔が原因かもしれません。頬が乾燥していると見た目年齢も老けて見えてしまうので、正しいケアをしてくださいね。
口元・唇(くちびる)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
唇・口元は乾燥しやすいところ。唇が乾燥するとシワが目立って見た目年齢も老けて見えますし、なんとかしたいと思いませんか?唇や口元が乾燥する原因はいくつもあるので、原因を確認した上で正しい対策をしていきましょう。
あご・フェイスラインの乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
あご・フェイスラインが乾燥していると、見た目年齢にも悪影響を与えます。あご・フェイスラインがピンポイントで乾燥しているという人は、意外なところに原因があるかもしれませんよ。
首・デコルテの乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
首・デコルテをじっくり見られることはありません。でも、わたしたちが人の見た目年齢を判断するとき、無意識に見てしまっているのは首・デコルテなんです。ここでは、首・デコルテが乾燥する原因と、乾燥対策について紹介しています。
乾燥肌と洗顔料〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
洗顔料のせいで乾燥肌になっていませんか?見た目年齢まで老けさせてしまう乾燥肌なら、洗顔料の選び方を変えてみましょう!このページでは、洗顔料の正しい選び方と、正しい洗顔方法について解説しています。
乾燥肌と化粧水〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
乾燥肌の人も、化粧水の選び方や使い方を変えれば、肌質が改善することもあります。見た目年齢を若返らせたいなら、化粧水に関する正しい知識を身に付けましょう!このページでは化粧水の役割や選び方、正しい使い方も紹介しています。
乾燥肌と美容液〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
美容液は美容成分を肌に補給する目的で使われるものですが、乾燥肌の人が選ぶべき美容液とはどんなものでしょうか?美容液は使うだけできれいになれる、というものでもありません。見た目年齢を真剣に考えるなら、美容液について正しく理解しておきましょう!
乾燥肌と保湿クリーム〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
保湿クリームは、見た目年齢が気になる乾燥肌の人には欠かせないアイテムです。でも、保湿クリームにはいろんな種類があり、使い分けも必要なんです。このページでは、保湿成分のことや保湿クリームの正しい選び方・使い方について解説しています。
乾燥肌と乳液〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
乾燥肌で悩んでいるあなた、乳液は何を使っていますか?その乳液は、肌に合っていますか?見た目年齢を若返らせるためには、乾燥肌が改善できる乳液が必要です。ここでは乳液の役割・選び方・使い方について解説しています。
乾燥肌が気になる人は、化粧品の「アルコールフリー」にこだわるべき?
アルコールフリー、エタノールフリーと記載されている化粧品の方がなんとなく良さそうだと感じてしまいますよね。実際、肌への刺激はあります。乾燥肌の人がアルコールフリーにこだわるべきかどうか、詳しく解説しています。
【かぶれ、赤み編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
新しい基礎化粧品を試したら赤みが出た、肌がかぶれた……。化粧品の使用を中止すれば解決すると思っていませんか?基礎化粧品選びの失敗は次に活かさなければ意味がありません!また、本当に化粧品が原因なのかを見極めるのも重要なことなんです。
【ニキビ編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品選びに失敗してニキビができてしまった!でもちょっと待って!それって本当に基礎化粧品が原因でしょうか?新しい基礎化粧品を使ってニキビができてしまったときの対処法や、失敗を次に活かす方法について解説しています。
【ヒリヒリ、しみる編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品がヒリヒリとしみるとすごくショックですよね。しみる以上は使用を中止しなければなりませんが、その後また使ってみても大丈夫なのでしょうか?基礎化粧品選びの失敗を次に活かす方法と、使用を中止したあとにすべき対処法について紹介しています。
【かゆみ、湿疹編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品を新しいものに変えたせいで、かゆみや湿疹が出ることがあります。そんな場合はすぐに使用を中止すべきですが、それだけだと失敗が次へ活かせません。かゆみ・湿疹が出た場合の正しい対処法や次の基礎化粧品を選ぶポイントを解説しますよ!
【べたつき、化粧ノリ悪化編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品のべたつきが気になったり、化粧のりが悪化したりしてしまうことってありませんか?せっかく買った基礎化粧品も、使い勝手が悪ければ意味がありません。ここでは、べたつき・化粧のりの悪化があった場合の対策について解説しています!