粉ふきが出る乾燥状態のスキンケア

MENU

レベル4:粉ふきが出る乾燥状態をケアする大切なポイント

肌が乾燥して粉ふきが発生している人は、かなり乾燥が進んでいます!

 

ちょっと乾燥している、というレベルではないので、徹底した保湿ケアが必要になります。

 

粉ふきは保湿だけではダメ

保湿と言うと、クリームや乳液を塗るものだと思っていませんか? たしかに、乳液もクリームも保湿に欠かせないアイテムではありますが、それだけでは不十分。

 

乾燥した肌の保湿には、まず水分を与えることが大切です。

 

化粧水をパシャパシャっと付けるだけでなく、より丁寧なスキンケアを心がけましょう。

 

具体的には、コットンパックはおすすめです。
薄く裂いたコットンにたっぷりと化粧水を含ませて、顔に乗せます。

 

コットンパックならべたべたと顔を触り続けることなく、じっくりと水分を浸透させることができます。

 

たっぷりと水分を与えたら、ようやく乳液やクリームで保湿する段階になります。

 

粉ふきがあるところだけちゃちゃっとクリームを塗るのもダメ。乾燥が進んでいる状態なので、より丁寧に、しっかりと保湿ケアをしましょう。

 

徹底した保湿で肌を落ち着かせよう

乾燥が進んだ状態の粉ふき肌には、徹底した保湿をおすすめします。

 

お風呂上りや洗顔後のスキンケアはもちろんのこと、日中も、乾燥を感じる前に保湿ケアしていく、というのがおすすめです。

 

ただ、ささっと保湿ミストをかけるだけというのでは不十分。ミストはいい加減に使うとかえって肌の水分を奪ってしまいます。

 

日中に保湿するときには、メイクをやり直すぐらいのつもりでしっかりとミストをして、その後クリームなどで保湿しましょう。

 

ただ一方で、なるべく顔を触らない、といことも大切です。
粉ふきがあると、どうしても気になって顔を触ってしまいますよね。

 

それでは余計に肌のダメージが悪化してしまうので、無意識に顔を触らないようにしてください。顔を触るのは、スキンケアするときだけ、と考えてください。

 

室内の湿度にも気を付けよう

粉ふきが起こるほど乾燥している状態だと、肌表面の乾燥だけでなく、室内の湿度にも気を付けた方がいいでしょう。

 

エアコンを使っていると部屋が乾燥するので、湿度を測ってみて、湿度が低いような加湿器を使ってください。

 

加湿器はデスクに置けるミニタイプもあるので、用意しておくと良いですよ。ちなみに、湿度計も100円ショップなどで手に入ります。

 

要注意:皮をむかないで!

 

粉ふきが起こるほどの乾燥状態になると、つい触ってしまう人が多く、しかも、爪でひっかいて皮膚をぽろぽろむいてしまう人もいます。

 

こんなことをすると、治るものも治りません!

 

どれだけ気になっても、粉ふきがある部分を触らないこと。ましてや爪を立てるようなことは絶対にしないでください。

 

これ以上悪化すると皮膚科の受診が必要になるレベルにまで乾燥が進んでしまうので、絶対にここで食い止めてください。

 

きちんと保湿ケアを続けていけば徐々に肌の状態は安定していくので、辛抱強くケアを続けてくださいね。

関連ページ

レベル1:肌のつっぱり・ヒリヒリ感を改善するためのスキンケア
健康な肌の人でも、ときたま乾燥を感じることがあります。でも、「よくあることだから」と放置していませんか?いつのまにか乾燥肌が普通の状態になり、ますます乾燥は進んでしまいます!お肌のつっぱりやヒリヒリ感を感じたら、早めに手を打ちましょうね。
レベル2:カサカサ肌をいたわるためのケア
カサカサ肌が気になる、という比較的軽度の乾燥状態は、間違ったケアをしてしまうことで一気に乾燥が進んでしまいます。意外と間違ったケアをしてしまっている人は多いので、正しい保湿の方法やスキンケアの考え方を紹介しますね。
レベル3:小じわ対策のために見直したい生活習慣とスキンケア
小じわを発見するとショックですよね。でも、あきらめるのはまだ早いです!小じわは乾燥が原因になっていることがほとんどなので、スキンケア、特に保湿の見直しで改善することが多いんです。どんなことに気を付ければいいのか、チェックしてみてくださいね。
レベル5:重度の乾燥(肌の赤み、かゆみ、ひび割れ)を治療するために自分でできること
肌に赤み・かゆみ・ひび割れなどがある方は、かなり乾燥が進んだ、深刻な状態です。こんな重度の乾燥は、化粧品でどうにかできるものではありません!場合によっては皮膚疾患が見つかることもあるので、適切な治療が必要です。
季節の変わり目にすごく乾燥する方へ
季節の変わり目には肌も乾燥しやすくなりますよね。でも、季節に応じたスキンケアをしていけば、ゆらぎ肌を防ぐことは可能です!季節ごとにどのような対策が必要なのか、それぞれまとめています。
おでこ(ひたい)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
おでこは普通なかなか乾燥しないところです。にも関わらず乾燥しているということは、スキンケアのやり方や化粧品の他に原因が隠れている可能性が高いです!おでこの乾燥は見た目年齢にも直結する問題なので、原因を特定して早めに対策していきましょう。
目元の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
目元の乾燥は、見た目年齢を老けさせる大きな原因になります。目の周りは皮膚が薄い分どうしても乾燥しやすいので、きっちり保湿して小ジワを防ぎましょう。また、目元の乾燥が気になる方はメイクの際にも気を付けるポイントがあるんですよ。
ほほ(頬)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
頬(ほほ)は乾燥しやすい部分。いい加減なケアをしているとすぐにカサカサしてしまうもの。乾燥すると保湿ケアに重点を置きがちですが、実は洗顔が原因かもしれません。頬が乾燥していると見た目年齢も老けて見えてしまうので、正しいケアをしてくださいね。
口元・唇(くちびる)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
唇・口元は乾燥しやすいところ。唇が乾燥するとシワが目立って見た目年齢も老けて見えますし、なんとかしたいと思いませんか?唇や口元が乾燥する原因はいくつもあるので、原因を確認した上で正しい対策をしていきましょう。
あご・フェイスラインの乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
あご・フェイスラインが乾燥していると、見た目年齢にも悪影響を与えます。あご・フェイスラインがピンポイントで乾燥しているという人は、意外なところに原因があるかもしれませんよ。
首・デコルテの乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
首・デコルテをじっくり見られることはありません。でも、わたしたちが人の見た目年齢を判断するとき、無意識に見てしまっているのは首・デコルテなんです。ここでは、首・デコルテが乾燥する原因と、乾燥対策について紹介しています。
乾燥肌とメイク落とし〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
乾燥肌は見た目年齢も老けさせてしまいます。でも、メイク落としの方法を変えるだけでも乾燥肌が改善する人もいるんです。乾燥肌の人が選ぶべきクレンジング剤の種類や、正しいメイク落としの使い方について、もう一度学び直してみませんか?
乾燥肌と洗顔料〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
洗顔料のせいで乾燥肌になっていませんか?見た目年齢まで老けさせてしまう乾燥肌なら、洗顔料の選び方を変えてみましょう!このページでは、洗顔料の正しい選び方と、正しい洗顔方法について解説しています。
乾燥肌と化粧水〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
乾燥肌の人も、化粧水の選び方や使い方を変えれば、肌質が改善することもあります。見た目年齢を若返らせたいなら、化粧水に関する正しい知識を身に付けましょう!このページでは化粧水の役割や選び方、正しい使い方も紹介しています。
乾燥肌と美容液〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
美容液は美容成分を肌に補給する目的で使われるものですが、乾燥肌の人が選ぶべき美容液とはどんなものでしょうか?美容液は使うだけできれいになれる、というものでもありません。見た目年齢を真剣に考えるなら、美容液について正しく理解しておきましょう!
乾燥肌と保湿クリーム〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
保湿クリームは、見た目年齢が気になる乾燥肌の人には欠かせないアイテムです。でも、保湿クリームにはいろんな種類があり、使い分けも必要なんです。このページでは、保湿成分のことや保湿クリームの正しい選び方・使い方について解説しています。
乾燥肌と乳液〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
乾燥肌で悩んでいるあなた、乳液は何を使っていますか?その乳液は、肌に合っていますか?見た目年齢を若返らせるためには、乾燥肌が改善できる乳液が必要です。ここでは乳液の役割・選び方・使い方について解説しています。
乾燥肌が気になる人は、化粧品の「アルコールフリー」にこだわるべき?
アルコールフリー、エタノールフリーと記載されている化粧品の方がなんとなく良さそうだと感じてしまいますよね。実際、肌への刺激はあります。乾燥肌の人がアルコールフリーにこだわるべきかどうか、詳しく解説しています。
【かぶれ、赤み編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
新しい基礎化粧品を試したら赤みが出た、肌がかぶれた……。化粧品の使用を中止すれば解決すると思っていませんか?基礎化粧品選びの失敗は次に活かさなければ意味がありません!また、本当に化粧品が原因なのかを見極めるのも重要なことなんです。
【ニキビ編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品選びに失敗してニキビができてしまった!でもちょっと待って!それって本当に基礎化粧品が原因でしょうか?新しい基礎化粧品を使ってニキビができてしまったときの対処法や、失敗を次に活かす方法について解説しています。
【ヒリヒリ、しみる編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品がヒリヒリとしみるとすごくショックですよね。しみる以上は使用を中止しなければなりませんが、その後また使ってみても大丈夫なのでしょうか?基礎化粧品選びの失敗を次に活かす方法と、使用を中止したあとにすべき対処法について紹介しています。
【かゆみ、湿疹編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品を新しいものに変えたせいで、かゆみや湿疹が出ることがあります。そんな場合はすぐに使用を中止すべきですが、それだけだと失敗が次へ活かせません。かゆみ・湿疹が出た場合の正しい対処法や次の基礎化粧品を選ぶポイントを解説しますよ!
【べたつき、化粧ノリ悪化編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品のべたつきが気になったり、化粧のりが悪化したりしてしまうことってありませんか?せっかく買った基礎化粧品も、使い勝手が悪ければ意味がありません。ここでは、べたつき・化粧のりの悪化があった場合の対策について解説しています!