粉ふきが出る乾燥状態のスキンケア

レベル4:粉ふきが出る乾燥状態をケアする大切なポイント

肌が乾燥して粉ふきが発生している人は、かなり乾燥が進んでいます!

ちょっと乾燥している、というレベルではないので、徹底した保湿ケアが必要になります。

粉ふきは保湿だけではダメ

保湿と言うと、クリームや乳液を塗るものだと思っていませんか? たしかに、乳液もクリームも保湿に欠かせないアイテムではありますが、それだけでは不十分。

乾燥した肌の保湿には、まず水分を与えることが大切です。

化粧水をパシャパシャっと付けるだけでなく、より丁寧なスキンケアを心がけましょう。

具体的には、コットンパックはおすすめです。
薄く裂いたコットンにたっぷりと化粧水を含ませて、顔に乗せます。

コットンパックならべたべたと顔を触り続けることなく、じっくりと水分を浸透させることができます。

たっぷりと水分を与えたら、ようやく乳液やクリームで保湿する段階になります。

粉ふきがあるところだけちゃちゃっとクリームを塗るのもダメ。乾燥が進んでいる状態なので、より丁寧に、しっかりと保湿ケアをしましょう。

徹底した保湿で肌を落ち着かせよう

乾燥が進んだ状態の粉ふき肌には、徹底した保湿をおすすめします。

お風呂上りや洗顔後のスキンケアはもちろんのこと、日中も、乾燥を感じる前に保湿ケアしていく、というのがおすすめです。

ただ、ささっと保湿ミストをかけるだけというのでは不十分。ミストはいい加減に使うとかえって肌の水分を奪ってしまいます。

日中に保湿するときには、メイクをやり直すぐらいのつもりでしっかりとミストをして、その後クリームなどで保湿しましょう。

ただ一方で、なるべく顔を触らない、といことも大切です。
粉ふきがあると、どうしても気になって顔を触ってしまいますよね。

それでは余計に肌のダメージが悪化してしまうので、無意識に顔を触らないようにしてください。顔を触るのは、スキンケアするときだけ、と考えてください。

室内の湿度にも気を付けよう

粉ふきが起こるほど乾燥している状態だと、肌表面の乾燥だけでなく、室内の湿度にも気を付けた方がいいでしょう。

エアコンを使っていると部屋が乾燥するので、湿度を測ってみて、湿度が低いような加湿器を使ってください。

加湿器はデスクに置けるミニタイプもあるので、用意しておくと良いですよ。ちなみに、湿度計も100円ショップなどで手に入ります。

要注意:皮をむかないで!

粉ふきが起こるほどの乾燥状態になると、つい触ってしまう人が多く、しかも、爪でひっかいて皮膚をぽろぽろむいてしまう人もいます。

こんなことをすると、治るものも治りません!

どれだけ気になっても、粉ふきがある部分を触らないこと。ましてや爪を立てるようなことは絶対にしないでください。

これ以上悪化すると皮膚科の受診が必要になるレベルにまで乾燥が進んでしまうので、絶対にここで食い止めてください。

きちんと保湿ケアを続けていけば徐々に肌の状態は安定していくので、辛抱強くケアを続けてくださいね。

ページの先頭へ