肌のつっぱり・ヒリヒリ感を和らげるスキンケア

レベル1:肌のつっぱり・ヒリヒリ感を改善するためのスキンケア

肌のつっぱりを感じている、化粧品を付けたときに少しヒリヒリ感を感じる。

こんな人は、軽度の乾燥状態になっています。

これぐらいであればすぐに改善できるレベルなので、すぐに手を打ちましょう!

高保湿化粧品に変える

まずは普段使っている基礎化粧品をチェック!

  • ベタつくからと乳液やクリームを避けていませんか?
  • 付ける量は足りていますか?
  • 付ける量が多すぎませんか?

乾燥しやすい人の中には、乳液やクリームを避けたがる人が多いもの。でも、化粧水だけでは保湿はできないので、必ず乳液もしくはクリームを使いましょう。

ベタつくのが嫌なら、ベタつかないタイプのさらっとした乳液を探してくださいね。

また、付ける量に問題が無ければ、化粧品自体が肌に合っていない可能性もあります。肌の乾燥が気になるなら、高保湿タイプのものに替えてみましょう。

同じメーカーでも、高保湿系のラインが出ていることは多いですよね。高保湿と謳っているものがなくても、エイジングケア用のラインだと保湿力も高く作ってあるのでおすすめです。

化粧品を変えたあと、お肌のつっぱりやヒリヒリ感がどのように変化したのか、観察しておいてくださいね。

睡眠など生活習慣のチェックも忘れずに

化粧品を変えるだけで乾燥が解決することは多いのですが、同時にチェックしておきたいのが生活習慣。

ここ最近急に乾燥が気になるようになった、という場合は、生活習慣の変化はなかったでしょうか?

  • 忙しくて睡眠時間が減っていた
  • 外食が続いた
  • 花粉症でマスクをずっと付けていた

など、普段と変わったことがあれば、それが乾燥の原因になっている可能性が高いですよ。

100%健康的な生活をするのは難しいですが、少し変えるだけでも不健康な習慣は減らせます。

思い当たるところがあれば早めに改善しておきましょうね。

加齢の可能性も見逃さないで!

特に生活習慣を変えていなくても、ずっとお気に入りの基礎化粧品を使っていても、乾燥が気になるようになった。

こんな場合は、年齢によるお肌の乾燥が考えられます。

今まで肌のつっぱりやヒリヒリを感じたことが無い人でも、年を取ると気になるようになってくるものです。

年齢とともに肌は乾燥しやすくなりますから、乾燥が気になりだしたらそろそろ基礎化粧品をエイジングケアのものに変えてもいいサインです。

まとめ:化粧品の見直しと生活習慣のチェックを

いくら良い化粧品を使っていても、乱れた生活を放置していると肌の乾燥は悪化します。

多少生活リズムが崩れることは仕方のないことでも、慢性的に続くようなら危険!

たとえば仕事が忙しいなら飲みに行く回数を減らすとか、子育てが大変なら家事は少しでも楽をする、というように変えてみてください。

レベル1の軽度の乾燥であれば、ちょっとした習慣だけでも肌状態は改善できます。乾燥がちょっと気になるな、という方は早めに手を打っていきましょう!

ページの先頭へ