カサカサな口元・唇(くちびる)は1日でも早くケアしよう!

口元・唇(くちびる)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ

唇や口元、乾燥していませんか? 口角の皮膚がひび割れてしまったり、唇がガサガサになってしまったり……。

それだけではありません。唇が乾燥すると唇のシワも深く目立つようになるため、見た目年齢が老けて見えちゃうんです!

唇・口元の乾燥対策をすれば、見た目年齢を引き下げることもできますよ!

唇・口元が乾燥する原因

唇や口元は、目元と同様に、皮膚が薄いところです。

皮膚が薄い分、ダメージに弱く乾燥しやすいんですよね。

皮膚は薄いのに、口元は日頃酷使しています。ご飯を食べたり飲み物を飲んだり。

さらに、唇の乾燥が気になると、つい唇を舐めてしまうことはありませんか? 乾燥して突っ張るからと唇を舐めていると、余計に乾燥して唇・口の周りの乾燥が進んでしまいます。

他の原因として考えられるのが、やはりスキンケアの問題です。化粧品が合っていないという可能性もありますね。

口元の場合は、細かい部分なのでスキンケアがきちんとできていないこともあります。

日頃のスキンケアを振り返ってみてください。口元まできちんと、クレンジングやスキンケア、できていますか?

唇・口元を乾燥から守るための対策

唇・口元の乾燥対策として、まずしなければならないのは「舐めないこと」!

リップクリームを塗る手間を惜しんではいけません。つねに携帯して、唇を舐めたくなったらリップクリームを使いましょう。

次に、化粧品による刺激を減らすこと。口紅(リップ)による刺激はどうしてもあります。塗らずに済むなら、塗らない方がいいのです。

塗るとしても、なるべく低刺激のものを使いましょう。

そして、スキンケアですね。

口元は、塗り忘れが無いように丁寧にスキンケアすること。

唇は、リップクリームに気を遣いましょう。保湿用のリップクリームにもいろんな種類がありますよね。

色付き・香り付きのリップクリームはそれだけ添加物も含まれています。

唇が荒れているときには、なるべく成分がシンプルなものを使うと良いでしょう。

リップクリームではなく、ワセリンを使うのもおすすめですよ。
※リップクリームの主成分はワセリンですから、ワセリンを塗るだけでも十分です。

リップクリーム以外の唇ケア

唇のシワがひどい場合は、スペシャルケアも取り入れましょう。シワがなくなれば見た目年齢も下がりますしね。

唇によく効くと言われているのが、はちみつです。はちみつが配合されている化粧品もありますが、食用のはちみつを塗るだけでも十分効果があります。

むしろ、普通のはちみつの方がシンプルな成分のため、肌荒れしにくいという人もいますよ。

見た目年齢を若返らせるメイク術

まず口元ですが、口元のファンデーションは、ヨレないように薄く塗るのがポイントです。

口角の部分が荒れていると隠したくなるものですが、厚塗りすることによってかえって目立ってしまいます。

また、化粧品の成分のせいで余計に荒れてしまうこともあるので気を付けましょう。

口元のファンデーションは、スポンジやパフでごしごしこすることのないよう、優しく乗せるようにしてくださいね。

唇は口紅(リップ)が欠かせないものですが、塗らずに済むなら塗らないでおきましょう。フルメイクが必要なときだけにしておくのがおすすめです。

もし口紅(リップ)が必要なら、グロスを使う方がいいですよ。グロスを塗ることでツヤ感が出ますし、唇のシワも気にならなくなります。

軽いメイクのときはグロスだけ、フルメイクのときには口紅+グロスというメイクで若々しい唇を作ってくださいね。

もちろんやりすぎはNG。皮膚への負担が大きくなってしまうので、控えめにメイクすることも忘れないでくださいね。

ページの先頭へ