季節の変わり目には専用の乾燥対策を!

季節の変わり目にすごく乾燥する方へ

季節の変わり目は特に、肌の乾燥を感じますよね。

乾燥からお肌を守るには保湿が大切ですが、年中同じスキンケアではダメなんです。

ここでは、季節の変わり目に肌が乾燥しやすい人がやるべき対策を紹介します。

季節ごとにどのようなスキンケアをすべきなのか、しっかりチェックしておきましょう!

春から夏は紫外線対策を徹底!

暖かくなってくることでまず気を付けたいのは紫外線対策です。

紫外線により肌がダメージを受けると、乾燥しやすくなってしまいますよね。

また、日焼け止めが肌に合わず、乾燥を引き起こしてしまうことも。

日焼け止めが合わないと感じたら、顔に塗るのはやめて、ボディ用にまわしてしまいましょう。

暑くなってくると肌も乾燥しにくくなると考えられがちですが、エアコンの存在を忘れてはいけません。

エアコンを使うようになると室内も乾燥しますので、エアコンの効いた室内にいる時間が長い人は特に、油断して保湿を怠ることがないようにしてくださいね。

夏から秋は肌を癒すことを意識

夏は、紫外線やエアコンの風、猛暑による疲労などで、お肌も疲れが溜まります。

秋になると乾燥の外的要因自体は減ってきますが、夏の疲れがどっと出てしまうことも。

夏の疲れを残したまま冬に突入するとますます肌の状態は悪化してしまいます。

秋に入る頃には、「夏のダメージを回復させる」という意識でスキンケアをしましょう。

具体的には、メイクを薄めにしたり、メイクをする日自体を減らしたり、といった対策があります。

また、基礎化粧品も高機能なものよりもシンプルな成分のものを選び、肌に与える負担を極力少なくするのがおすすめですよ。

秋から冬は高保湿化粧品の出番

季節の変わり目でも特に、意識している人が多いのが秋から冬にかけてですよね。

ドラッグストアに行けば高保湿化粧品が並ぶようになります。

ボディ用の保湿剤をよく見かけるようになるのもこの季節。

秋から冬にかけては、高保湿化粧品に切り替えるのがおすすめです。

冬は1年の中でももっとも肌が乾燥してしまう季節ですから、しっかり水分をあたえた上で、油分の補充も意識的におこなってくださいね。

冬から春は適度な保湿と花粉対策を

冬が終わり暖かくなってくると、まず心配なのは花粉です。花粉症は、鼻水やくしゃみが出るだけではありません。

人によっては、花粉症の症状が肌に出ることもあります。

春にかけて肌がゆらぎやすいという方は、花粉症を疑った方がいいでしょう。

花粉症の場合は服薬によりかなり症状を抑えられるので、病院を受診してくださいね。

また、アレルギーの有無に関わらず、冬から春にかけての季節の変わり目には、保湿のやり方も変えていきましょう。

冬は水分・油分をしっかり与えることを重視しますが、暖かくなってきたら少し減らします。

水分・油分を過剰に与えているとかえって肌の乾燥を招いてしまいます。

冬用の高機能化粧品の使用は控えて、軽めの保湿に切り替えると肌が安定しやすいですよ。

早めの対策がゆらぎ肌を防止する

季節の変わり目は肌がどうしてもゆらいでしまうもの。

だからこそ、早めの対策が必要なんです!

「なんか乾燥してきたかも。季節の変わり目だからかな~?」と思ったら、スキンケアの見直しをしてください。

放置していると肌の乾燥が進んで回復しにくくなってしまいます。

ピリピリ、カサカサと少しでも肌の乾燥を感じたら、季節ごとに「保湿を徹底する」、「保湿を軽めにする」など、その都度スキンケアのやり方を調整してみてくださいね。

ページの先頭へ