乾燥肌の人のための化粧水講座

MENU

乾燥肌と化粧水〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜

若いうちから何の疑問も持たずに使用している化粧水。そもそも化粧水って、何のために使うのでしょうか? 本当に必要なものなのでしょうか?

 

乾燥肌になっている人は、化粧水の使い方が原因で見た目年齢にも悪影響を与えている可能性があります。

 

化粧水の役割や使い方をあらためて知っておきましょう!

 

◎化粧水とは?

スキンケア化粧品のうち化粧水というのはお肌の表面を整える役割を持っています。

 

洗顔で失われた皮脂や保湿成分を補い、角質層をなめらかにするのが目的です。

 

○化粧水に含まれている成分とは?

化粧水の大半は水です。でも、その水には意味があります。化粧水に含まれる成分も、そのまま顔に塗ると刺激が強すぎるものも多いです。

 

肌にとってちょうど良い濃度に薄めるためにも、水は必要。また、顔全体に塗りやすくするためという意味でも、水は重要な役割を果たしています。

 

化粧水には水のほか、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体といった美容成分が配合されています。

 

ここの配合次第で肌への効果も変わってきます。

 

○グリセリンやBG、PGって?

化粧水の成分表示を見ると、はじめに水が書かれていて、次にグリセリンやBG、PGといった名前が書かれていることが多いです。

 

これらは、いずれも保湿成分の一種で、害が少なく安全に使える、というのが共通点です。

 

BGやPGはグリセリンをさらに扱いやすくしたような成分で、これらの成分が化粧水のテクスチャ(=使用感)を決めていると言っても過言ではありません。

 

また、これらはヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分に比べると安価で手に入りやすく、どんな化粧品にも幅広く使われているんですよ。

 

○保湿成分は美容液や乳液にも含まれているけれど?

ここまで読んで、「でも、保湿成分は乳液や美容液にも含まれているんだから、化粧水で保湿する意味ってあるの?」と思われた方もいるのではないでしょうか。

 

たしかに、化粧水でも乳液でも保湿ができるなら、どちらか1本でも良さそうなものです。

 

実際、どちらか1本だけの使用でも肌の調子がいいなら、それも間違いではありません。

 

ただ、保湿成分には水溶性のものと脂溶性のものがあるんです。

 

乳液やクリームは油分を多く含むので、脂溶性の保湿成分とは相性がいいです。一方、水溶性の保湿成分は油分の少ない化粧水のほうが、相性がいいんですね。

 

水溶性の保湿成分を肌に与えるという意味では、化粧水を使う必要があるのです。

 

◎乾燥肌向けの化粧水の選び方

化粧水の役割は成分の意味が分かったところで、乾燥肌向けの化粧水の選び方を紹介しましょう。

 

大事なポイントは、この1点に尽きます。

 

「肌に合うこと」

 

どんな化粧水も、「水に、グリセリンなどの安価な保湿成分が加えられ、さらに商品ごとにさまざまな美容成分が配合されている」という意味では同じです。

 

でも、やっぱり配合されている成分によって合う・合わないがありますし、その他防腐剤など品質を守るためにやむを得ず配合される成分のバランスによっても使用感が変わります。

 

ただ、乾燥肌の人におすすめの選び方もあります。
以下のキーワードが記載されている化粧水を中心に選ぶということです。

 

  • 低刺激
  • 無添加
  • 敏感肌用
  • 乾燥肌向け
  • エイジングケア

いずれも低刺激かつ、保湿成分に重点を置いて作られているため、乾燥肌の人でも使いやすいです。

 

もし、乾燥肌なのにこうした商品ではない、普通の化粧水を使っている人は、自分に合った化粧水に今すぐ変えることをおすすめします。

 

とは言え、上記のキーワードが書かれているからと言って、必ずしも肌に合うわけではありません。

 

○「無添加」の化粧水がいいとは限らない

勘違いしている人が多いのが「無添加」という言葉です。化粧品の場合、「無添加」というのはあり得ません。

 

たとえば野菜ジュースなら、「野菜以外何も加えていない」という意味で無添加と言うことはできます。

 

でも、化粧水はそもそもさまざまな美容成分が配合された水のことなので、何も添加しなければただの水になってしまいます。

 

化粧水に記載されている「無添加」というのは、旧表示指定成分が無添加、という意味。

 

旧表示指定成分というのは、1980年以前に「この成分は有害かもしれないから、配合する場合はちゃんと表示してね」と決められていた成分のこと。

 

無添加と記載されている化粧水はあくまでも1980年以前の基準で決められた一定の成分が入っていない、というだけ。

 

それ以降に登場した新しい成分でも肌に悪影響を及ぼすものはありますから、実はあまり意味がない記載だと思っておいた方がいいですよ。

 

低刺激に作られていることをアピールするためにあえて「無添加」という言葉を使っている化粧品もあれば、実は低刺激でもなんでもない化粧品もありますので注意が必要です。

 

○「敏感肌用」の化粧水がいいとは限らない

敏感肌向けの化粧水も、敏感肌・乾燥肌の人に合わないものはたくさんあります。

 

敏感肌・乾燥肌と言っても、レベルがあります。軽度の乾燥肌ならまだ使える化粧品は多いのですが、重度の乾燥肌やアトピーなど皮膚疾患を持っている人には、ほとんどの化粧品が使えない場合も。

 

「敏感肌用」という表示に飛びつくのではなく、まずはサンプルやトライアルセットを試して、異常が出ないかを確かめてから本商品を買うようにしましょう。

 

◎化粧水の正しい使い方

良い化粧水も、正しい使い方ができていないとかえって肌を乾燥させてしまいます。

 

見た目年齢が老けて見られるという方は、特に注意が必要ですよ!

 

○化粧水の基本的な付け方

  1. 手・顔を清潔にしておく(洗顔を済ませておく)
  2. 手のひらに少したっぷりめに化粧水をとる
  3. 化粧水を手のひらに伸ばす(軽く温めるイメージ)
  4. ほほ・目元・口元を中心に手のひら全体で付ける
  5. 最後におでこなどTゾーンにも付ける
  6. 首にも付ける

化粧水の正しい付け方は「ハンドプレスすること」です。

 

手のひら全体を顔に付け、軽く押さえるようなイメージで付けましょう。

 

○コットンパックをマスターしよう

化粧水のもう1つの使い方として、「コットンパック」というやり方があります。

 

コットンを使ってパックをすることで、週に1回など定期的に取り入れると効果的です。

 

時間があれば毎日でもOKですよ。

 

  1. コットンを薄く裂く
  2. 裂いたコットンに化粧水を浸していく
  3. 顔にコットンを乗せていく
  4. 5分程度放置し、はがす

時間は正確には決まっていませんが、コットンが乾いてくるまでにはがしましょう。

 

手でスキンケアするときよりも長時間化粧水を浸透させられるので、取り入れてみてくださいね。

 

○こんな化粧水の使い方はNG

化粧水をつけるとき、肌に叩き込むように付けるのは厳禁です! 叩き込んだからと言って、美容成分が皮膚の奥深くまで入っていくわけではありません。

 

むしろ、叩いた刺激によって角質層がダメージを受けてしまいます。

 

コットンパックをする場合には、長時間の放置に気を付けましょう。

 

長時間パックしたほうが保湿できる、なんてことはありません。長時間放置してしまうとコットンが徐々に乾いてきますよね。

 

肌が乾くときには一緒に皮膚の水分まで奪ってしまうので、逆効果です。

 

まだ皮膚がしっとりしている状態のうちに、美容液や乳液など次のケアにうつるようにしてくださいね。

 

また、かゆみ等の異常が出たときは、その化粧水の使用を即中止することも大切です。 「高かったから」とか「好きなモデルさんがおすすめしたてから」みたいな理由で無理に使い続けてはダメ。

 

異常が出ているのに使い続けるとどんどん乾燥肌が悪化して、見た目年齢も老けていく一方になります!

 

化粧水は正しく選び、正しく使うことで乾燥肌にも効果を発揮します。くれぐれも、間違った使い方をしないでくださいね。

関連ページ

レベル1:肌のつっぱり・ヒリヒリ感を改善するためのスキンケア
健康な肌の人でも、ときたま乾燥を感じることがあります。でも、「よくあることだから」と放置していませんか?いつのまにか乾燥肌が普通の状態になり、ますます乾燥は進んでしまいます!お肌のつっぱりやヒリヒリ感を感じたら、早めに手を打ちましょうね。
レベル2:カサカサ肌をいたわるためのケア
カサカサ肌が気になる、という比較的軽度の乾燥状態は、間違ったケアをしてしまうことで一気に乾燥が進んでしまいます。意外と間違ったケアをしてしまっている人は多いので、正しい保湿の方法やスキンケアの考え方を紹介しますね。
レベル3:小じわ対策のために見直したい生活習慣とスキンケア
小じわを発見するとショックですよね。でも、あきらめるのはまだ早いです!小じわは乾燥が原因になっていることがほとんどなので、スキンケア、特に保湿の見直しで改善することが多いんです。どんなことに気を付ければいいのか、チェックしてみてくださいね。
レベル4:粉ふきが出る乾燥状態をケアする大切なポイント
肌に粉ふきが発生するほどの乾燥は、すぐにスキンケアを改めないとさらに乾燥が進んでしまう可能性があります。粉ふきにはまず保湿が重要。とは言え、間違った保湿をしている人が多いので心配です。粉ふきがあるときの保湿のやり方を知っておきましょう。
レベル5:重度の乾燥(肌の赤み、かゆみ、ひび割れ)を治療するために自分でできること
肌に赤み・かゆみ・ひび割れなどがある方は、かなり乾燥が進んだ、深刻な状態です。こんな重度の乾燥は、化粧品でどうにかできるものではありません!場合によっては皮膚疾患が見つかることもあるので、適切な治療が必要です。
季節の変わり目にすごく乾燥する方へ
季節の変わり目には肌も乾燥しやすくなりますよね。でも、季節に応じたスキンケアをしていけば、ゆらぎ肌を防ぐことは可能です!季節ごとにどのような対策が必要なのか、それぞれまとめています。
おでこ(ひたい)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
おでこは普通なかなか乾燥しないところです。にも関わらず乾燥しているということは、スキンケアのやり方や化粧品の他に原因が隠れている可能性が高いです!おでこの乾燥は見た目年齢にも直結する問題なので、原因を特定して早めに対策していきましょう。
目元の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
目元の乾燥は、見た目年齢を老けさせる大きな原因になります。目の周りは皮膚が薄い分どうしても乾燥しやすいので、きっちり保湿して小ジワを防ぎましょう。また、目元の乾燥が気になる方はメイクの際にも気を付けるポイントがあるんですよ。
ほほ(頬)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
頬(ほほ)は乾燥しやすい部分。いい加減なケアをしているとすぐにカサカサしてしまうもの。乾燥すると保湿ケアに重点を置きがちですが、実は洗顔が原因かもしれません。頬が乾燥していると見た目年齢も老けて見えてしまうので、正しいケアをしてくださいね。
口元・唇(くちびる)の乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
唇・口元は乾燥しやすいところ。唇が乾燥するとシワが目立って見た目年齢も老けて見えますし、なんとかしたいと思いませんか?唇や口元が乾燥する原因はいくつもあるので、原因を確認した上で正しい対策をしていきましょう。
あご・フェイスラインの乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
あご・フェイスラインが乾燥していると、見た目年齢にも悪影響を与えます。あご・フェイスラインがピンポイントで乾燥しているという人は、意外なところに原因があるかもしれませんよ。
首・デコルテの乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ
首・デコルテをじっくり見られることはありません。でも、わたしたちが人の見た目年齢を判断するとき、無意識に見てしまっているのは首・デコルテなんです。ここでは、首・デコルテが乾燥する原因と、乾燥対策について紹介しています。
乾燥肌とメイク落とし〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
乾燥肌は見た目年齢も老けさせてしまいます。でも、メイク落としの方法を変えるだけでも乾燥肌が改善する人もいるんです。乾燥肌の人が選ぶべきクレンジング剤の種類や、正しいメイク落としの使い方について、もう一度学び直してみませんか?
乾燥肌と洗顔料〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
洗顔料のせいで乾燥肌になっていませんか?見た目年齢まで老けさせてしまう乾燥肌なら、洗顔料の選び方を変えてみましょう!このページでは、洗顔料の正しい選び方と、正しい洗顔方法について解説しています。
乾燥肌と美容液〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
美容液は美容成分を肌に補給する目的で使われるものですが、乾燥肌の人が選ぶべき美容液とはどんなものでしょうか?美容液は使うだけできれいになれる、というものでもありません。見た目年齢を真剣に考えるなら、美容液について正しく理解しておきましょう!
乾燥肌と保湿クリーム〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
保湿クリームは、見た目年齢が気になる乾燥肌の人には欠かせないアイテムです。でも、保湿クリームにはいろんな種類があり、使い分けも必要なんです。このページでは、保湿成分のことや保湿クリームの正しい選び方・使い方について解説しています。
乾燥肌と乳液〜見た目年齢を若くする使い方と豆知識〜
乾燥肌で悩んでいるあなた、乳液は何を使っていますか?その乳液は、肌に合っていますか?見た目年齢を若返らせるためには、乾燥肌が改善できる乳液が必要です。ここでは乳液の役割・選び方・使い方について解説しています。
乾燥肌が気になる人は、化粧品の「アルコールフリー」にこだわるべき?
アルコールフリー、エタノールフリーと記載されている化粧品の方がなんとなく良さそうだと感じてしまいますよね。実際、肌への刺激はあります。乾燥肌の人がアルコールフリーにこだわるべきかどうか、詳しく解説しています。
【かぶれ、赤み編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
新しい基礎化粧品を試したら赤みが出た、肌がかぶれた……。化粧品の使用を中止すれば解決すると思っていませんか?基礎化粧品選びの失敗は次に活かさなければ意味がありません!また、本当に化粧品が原因なのかを見極めるのも重要なことなんです。
【ニキビ編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品選びに失敗してニキビができてしまった!でもちょっと待って!それって本当に基礎化粧品が原因でしょうか?新しい基礎化粧品を使ってニキビができてしまったときの対処法や、失敗を次に活かす方法について解説しています。
【ヒリヒリ、しみる編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品がヒリヒリとしみるとすごくショックですよね。しみる以上は使用を中止しなければなりませんが、その後また使ってみても大丈夫なのでしょうか?基礎化粧品選びの失敗を次に活かす方法と、使用を中止したあとにすべき対処法について紹介しています。
【かゆみ、湿疹編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品を新しいものに変えたせいで、かゆみや湿疹が出ることがあります。そんな場合はすぐに使用を中止すべきですが、それだけだと失敗が次へ活かせません。かゆみ・湿疹が出た場合の正しい対処法や次の基礎化粧品を選ぶポイントを解説しますよ!
【べたつき、化粧ノリ悪化編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?
基礎化粧品のべたつきが気になったり、化粧のりが悪化したりしてしまうことってありませんか?せっかく買った基礎化粧品も、使い勝手が悪ければ意味がありません。ここでは、べたつき・化粧のりの悪化があった場合の対策について解説しています!