かゆみや湿疹で悩みたくない!

【かゆみ、湿疹編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?

新しい基礎化粧品に変えたら肌に合わなかった、という経験は乾燥肌の方なら一度や二度はあるのでは?

ちょっと合わないような?ぐらいなら大したことないのですが、かゆみがあったり湿疹が出たりする場合は、そのまま使い続けるのは危険です!

このページでは、基礎化粧品でかゆみ・湿疹が出た場合の対処法を紹介しています。また別の基礎化粧品を選ぶときに失敗しない方法も書いているので参考にしてくださいね!

かゆみ・湿疹は今すぐ使用中止して!

まず、基礎化粧品を変えてかゆみ・湿疹が出た場合はすぐに使用をやめてください。ごり押しで使い続けるメリットは一切ありません!

仮にかゆみや湿疹の原因が基礎化粧品でなくても、肌が荒れているような状態で基礎化粧品を使うのは傷口をえぐるようなもの。まずは肌を休ませて、元の状態に戻しましょう。

使用を中止して改善されるなら、基礎化粧品が原因ということが分かります。使用を中止しても治らない場合は別の原因が隠れていることもあるので、別の対策が必要となります。

改善されなければ皮膚科へGO!

基礎化粧品の使用を中止して数日経ってもかゆみ・湿疹が改善されない場合は、皮膚科を受診するのがおすすめです。

湿疹が出ている場合は特に、その原因を突き止めなければなりません。ただ化粧品が合わなっただけなのか、それとも何らかの皮膚疾患が原因なのか?

自己診断はできませんから、皮膚科で調べてもらいましょう。

また、皮膚科で処方される薬はドラッグストアで買えるものよりも強力なものが多く、治りも早いですよ。

どうしても皮膚科に行ける時間がなくドラッグストアで市販薬を買う場合は、薬剤師さんに相談することをおすすめします。

そして、かゆみ・湿疹が治まらない場合は生活習慣や使用しているコスメ・シャンプーなど、ほかの原因を探ってみることも大切です。

不規則な生活のせいで肌が弱っていることも考えられますし、少し前に使い始めたコスメやシャンプーがじわじわと肌にダメージを与えていた可能性もあります。

皮膚科を受診してすぐに治ればいいのですが、長引く場合はいろんな可能性を探ってみましょう。

使用中止でおさまったら、別の基礎化粧品を探してみよう

基礎化粧品の使用を中止したことでかゆみ・湿疹が治まった場合は、その基礎化粧品が原因だった可能性が高くなります。

まだ疑わしいと感じる場合は、もう一度その基礎化粧品を試してください。被害を抑えるために、部分的に使ってみるのがおすすめです。

もしそれで異常が無かった場合はたまたま別の原因で肌トラブルが起こっただけだと考えられます。

もう一度使ってみてやっぱり肌に合わないようなら、別の基礎化粧品を探してみましょう。

次の基礎化粧品を探すときには今回の失敗を活かして、慎重に選びましょうね。

基礎化粧品選びに失敗しないために意識したいこと

別の基礎化粧品を選ぶときには、「敏感肌向けって書かれているから」とか「女優さんがおすすめしてなんか良さそうだから」といった安易な理由で選ばないようにしましょう。

前回失敗したことを踏まえ、慎重に選ぶようにしてください。

基礎化粧品でかゆみや湿疹が出るような人だと、なるべく敏感肌向けの商品を選ぶのがおすすめです。

敏感肌向けの基礎化粧品にもいろいろありますが、

  • より価格が高いもの
  • より歴史があるもの

から選ぶようにすると失敗しにくい傾向があります。

やはり価格が高いものの方がハズレの可能性は低くなりますし、古くからあるものの方が多くの人から支持されているものです。

もちろん、最新の基礎化粧品の方が機能性が高かったり保湿力の高い成分が使われているということもあるんですが、一方で悪い点が分かりにくいというデメリットもあります。

繰り返しになりますが、かゆみや湿疹など、肌トラブルがある場合は必ず治療を優先させてください。

肌荒れしている状態ではどんな基礎化粧品を使ってみても刺激になるだけですから、肌の状態を戻してから基礎化粧品を使うようにしましょう!

ページの先頭へ