乾燥肌の人のための保湿クリーム講座

乾燥肌と保湿クリーム~見た目年齢を若くする使い方と豆知識~

乾燥肌の方にとって、保湿クリームは常備しておきたいアイテムの1つ。

でも、保湿クリームと言ってもいろんな種類がありますし、正しく選べている人は少ないもの。

保湿クリームに含まれる成分にもいろんな種類がありますし、見た目年齢を若返らせたいなら、これらを効果的に使えるようにならなければなりません!

◎保湿クリームの目的

保湿クリームを使う目的は、その名の通り、保湿するためです。

ただ、保湿をするだけなら乳液でもいいですよね?

保湿クリームと乳液の違いは、油分の量です。クリームのほうが油分を多く含み、より肌を保護しやすいのが特徴。

また、保湿クリームと呼ばれるものの中には殺菌・消毒作用のあるものや肌を修復する効果のあるものも。

これらも使い分けると乾燥肌をコントロールしやすくなりますよ。

○保湿クリームに含まれる保湿成分とは?

スキンケア化粧品として販売されている保湿クリームに含まれる保湿成分には、こんなものがあります。

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • 天然保湿因子(MNF)
  • ワセリン
  • グリセリン
  • オリーブ油や馬油などのオイル
  • など。

保湿クリームと言っても、どんな保湿成分が含まれるかによって、保湿力も変わってきます。

○ハンドクリームやボディクリームとの違いは?

顔用に売られている保湿クリームのほか、ハンドクリームやボディクリームとして販売されているものもありますよね。

たとえばニベア。ニベアは全身に使える保湿クリームとして人気があり、当然顔にも使用できます。

ほかにも、ユースキン、オロナイン軟膏、馬油クリームなど顔にも使える保湿クリームはたくさんあります。

実は、ハンド用、ボディ用、顔用、と明確に線引きできるわけではありません。

ただ傾向としては、顔用のものにはセラミドなど比較的効果で保湿力の高い成分が配合されていることが多いということ。

格安で、皮膚の表面を保護するだけなら格安なニベアなどでも大丈夫。

でも、表面だけでなく、皮膚本来の水分保持力を引き出したい、つまり乾燥肌自体を改善したいと思っているなら、ヒアルロン酸やセラミドといった成分を含んだ保湿クリームのほうが優れている、ということになります。

◎保湿クリームの選び方

では、保湿クリームはどのように選べばいいのでしょうか?

人によって相性もあるので「これ!」と断定はできませんが、以下のポイントを押さえながら選べば失敗しにくいですよ。

○無添加や低刺激の保湿クリームについて知っておきたいこと

見た目年齢が気になる乾燥肌の方にとっては、こんな言葉は魅力的にうつります。

  • 無添加
  • 低刺激
  • 敏感肌用

こうしたフレーズが書かれた商品から保湿クリームを選ぶようにすると、失敗しにくいのはたしかです。

ただ、無添加化粧品が良くて添加物が入っていたらダメ、という話ではありません。

実際、無添加というのは1980年以前に決められた「旧表示指定成分」が入っていないというだけで、有害な物質が一切入っていないという意味ではないのです。

もちろん、「低刺激」だとか「敏感肌用」と書かれている商品は肌への刺激が少ない成分が配合されていることが多いのですが、過信は禁物!ということを覚えておいてくださいね。

○「セラミド」配合の保湿クリームがおすすめ

顔に使うための保湿クリームは、やっぱりセラミド配合のものがおすすめです。

セラミドはもっとも保湿力の高い保湿成分で、乾燥肌をなんとかしたいと思っているなら欠かせない成分です。

改めて探してみると、セラミドが配合されている保湿クリームってそんなに多くないんです。

セラミド配合で、なおかつ低刺激なものを中心に試してみれば、自分に合った保湿クリームが見つかりやすくなりますよ。

○肌が荒れがちなときの保湿クリーム

普段使いの保湿クリームとは別に、肌の状態が不安定なとき用の保湿クリームも常備しておくのがおすすめです。

部分的にカサカサしている、ニキビができたなど、肌トラブルがあるときにはこんな保湿クリームがおすすめですよ。

ヘパリン類似物質配合の保湿クリーム

ヘパリン類似物質とは、保湿のほか、血行促進・抗炎症作用がある成分です。

皮膚科で処方されることが多いのが、ヘパリン類似物質配合の保湿クリームです。皮膚科ではヒルドイドやビーソフテンという名で処方されます。

市販のものでは、へパソフト・HPクリーム・ピアソンHPなどの商品がありますよ。

オロナインH軟膏など

軟膏として有名なのがオロナインH軟膏。消毒・殺菌作用があり、肌荒れにも効果的です。

軟膏にもいろんな種類がありますが、基本的には保湿クリームではありません。

治療を目的として使うものなので、パッケージに記載されている効果・効能を確認した上で、肌の状態にあったものを選ぶようにしましょう。

ほかにも身近なものだと、メンソレータム軟膏、ユースキンなどもありますね。

尿素系クリーム

保湿成分として、ハンドクリームでよく見かけるのが「尿素」。顔用の保湿クリームではあまり見かけませんよね。

尿素には肌を柔らかくする効果があるのですが、ターンオーバーを短くしてしまう恐れもあるため、顔への常用はしないほうがいいんです。

とはいえ、肌がカサカサしているときには尿素系の保湿クリームで落ち着くこともあるので、使ってみてもいいでしょう。肌荒れがひどいときにはしみると思いますので、使わないほうがいいですよ。

ワセリン

あらゆる化粧品の基剤としても使われているワセリン。白色ワセリンなどの名称で販売もされています。

ワセリンは皮膚の表面を保護する役割しかないので保湿クリームとしては全然使えません。

ただ、肌が荒れて敏感になっているとき、ほかの保湿クリームでしみるときには、ワセリンで皮膚を保護しておくのがおすすめです。

◎保湿クリームの使い方

保湿クリームは、顔に塗り広げて使うのが基本です。

○乳液では乾燥する人は「保湿クリーム」

スキンケアの基本は、「化粧水+乳液」です。でも、乳液だけでは乾燥してしまうという人は、保湿クリームを使うと良いでしょう。

つまり、乳液だけで十分保湿できているなら、保湿クリームを塗る必要はありません。

保湿クリームが必要な人は乾燥が進んでいる人や、30代・40代・50代以上の年代の人。

年齢とともに肌は乾燥しやすくなりますし、基本的には年齢が高くなるほど、油分の多いもの(乳液よりも保湿クリーム)を使うようにしましょう。

20代のうちは、よほどひどい乾燥肌でない限りは乳液だけで十分な人が多いですよ。

○肌が荒れがちなときの保湿クリーム

一方、乾燥肌のために肌が荒れ気味のときには、普段使いのスキンケア化粧品はお休みしなければなりません。

そんなときには、こうした保湿クリームでスキンケアしてくださいね。

  • ヘパリン類似物質配合の保湿クリーム
  • 尿素系の保湿クリーム
  • 軟膏系の保湿クリーム
  • ワセリン

※軟膏として売られているものの中には、ステロイド配合のものもあります。ステロイドは悪いものではありませんが、気軽に使えるものではありません。

使い慣れない方は使わないほうがいいですし、肌荒れが治らない方は、皮膚科で説明を受けた上でステロイド剤の処方をしてもらうのがおすすめです。

さらに補足しておくと、顔にはステロイドよりもプロトピック軟膏という薬のほうが使いやすいので、気になる方は皮膚科で聞いてみてくださいね。

○しみるとき・かゆみがあるとき

保湿クリームをつけてしみる、かゆくなる、赤くなる、といった異常を感じた場合は、すぐにその保湿クリームの使用を中止しましょう。

きれいに洗い流したあとで、肌荒れしているとき用の保湿クリームで保護しておくようにしてください。

普段のスキンケアをお休みして様子を見て、回復してから普段のスキンケアに戻してくださいね。

また、肌荒れが治らない・悪化する場合は、皮膚科を受診して適切な治療を受けてくださいね。

保湿クリームは保湿力が高く、皮膚の表面を保護する役割も大きいので、乾燥肌の人には欠かせないものです。

でも、間違った選び方をすると保湿クリームのせいで肌が荒れてしまう原因にもなるので、十分に気を付けてくださいね。

自分に合った保湿クリームを使い続けていれば、徐々に見た目年齢にも効果が表れてくるはずですよ。

ページの先頭へ