べたついたり、化粧ノリが悪くなったりからの卒業

【べたつき、化粧ノリ悪化編】基礎化粧品での失敗やトラブルを次に活かすには?

基礎化粧品選びって、けっこう難しいですよね……。

今使っているものが合わないからと別のものに変えても、やっぱり合わないとか、やっぱり前の方がよかったとか……!

特に、べたつきを感じるとか化粧のりが悪化してしまったといった使い心地の問題は、なかなか解決しにくいものです。

湿疹が出たりしみるなど明らかに肌に合わない場合はすぐに基礎化粧品を変えれば済む話ですが、「なんか使い勝手が悪いんだよな~」というときはどうすればいいのでしょうか?

べたつきは慣れの問題もある

まず、基礎化粧品を使ったあとのべたつきが気になるケースを考えてみましょう。

今までよりもべたつく感じがして気持ち悪い、という場合は、慣れの問題もあるんですよね。

まだ1日2日しか使っていないのに「べたつくからダメ!」と判断してしまう女子も多いのですが、慣れてしまえばそっちの方が肌に合う、ということもあるものです。

長寿アニメの声優さんが変わっても、しばらく経つと慣れてきて、もはや元の声優さんの声が思い出せない、あの現象と同じです。

使い続けているうちに「こんなモンよね」と納得できたり、それどころか「これが一番合うかも!」と運命を感じることもあるのではないでしょうか?

1週間~2週間程度使ってみても、どうしても慣れないなと思う場合は自分の好みではないということなので、思い切って基礎化粧品を変えてしまった方がよさそうですね。

化粧のりが悪いと感じた場合の対策は2パターン

べたつきが気になるというのとは違い、化粧のりに悪影響を及ぼすパターンも考えてみましょう。

化粧のりが悪化してしまうというのはかなり深刻な問題です。

その場合、対策は2つのパターンに分かれます。

まずは、基礎化粧品を変えてしまうというやり方です。もったいないですが、別の基礎化粧品にチャレンジするってことですね。

もう1つは、コスメの方を変えるというやり方です。新しい基礎化粧品に合わせてベースメイクコスメを変えてみると、うまくいくこともあります。

もしくは、下地だけ変えるとか、パウダーをやめてBBクリームだけにしたらいい感じになったとか、アイテムを増やしたり減らしてりしてみるのもおすすめです。

どちらのパターンを選ぶかは人それぞれ。「コスメはお気に入りのものだから変えたくない!」という場合は基礎化粧品を変えましょう。

「基礎化粧品自体はそんなに悪く感じないから使いたい!」という場合はベースメイクコスメの方を変えたほうがいいですよ。

失敗を繰り返さないための基礎化粧品選びのポイントとは?

やっぱり基礎化粧品は違うものにしよう!

その場合、次の基礎化粧品で失敗するわけにはいきません。失敗が重なるとお金ももったいないですしね。

失敗を繰り返さないためには、まずは何よりも「サンプルを試す」ということをおすすめします。

気になるのがべたつきだけなら、お店に置いてあるサンプルを触るだけでもある程度分かります。

べたつきを感じた基礎化粧品よりも軽めのテクスチャのものを選ぶようにすれば、失敗しにくいものです。

ただ化粧のりに関しては、実際にスキンケアしてみて、そのあとメイクしてみないことには分かりません。

サンプルを作っている基礎化粧品ブランドは多いですし、少しお金がかかることもありますが、丸々1本損することを考えれば安いものですよね。

べたつき・化粧のりの悪化という問題は実際に使ってみないと分からないので、サンプルを試してから本商品の購入を決めるようにしましょうね。

サンプルを試してみてもどれがいいのか分からない場合は、最悪以前使っていて一番マシだったものにとりあえず戻すという方法もあります。

コロコロと化粧品を変えすぎると結局どれがいいのか分からなくなりがちなので、冷静に判断していきましょう!

ページの先頭へ