乾燥肌とアルコールフリーの関係

乾燥肌が気になる人は、化粧品の「アルコールフリー」にこだわるべき?

アルコールフリー(エタノールフリー)と書かれた化粧品、たまに見かけますよね。

「○○フリー」と書かれていると「そっちの方がいいかなあ?」と思ってしまうもの。

でも、本当にアルコールフリーの化粧品の方がいいのでしょうか?

乾燥肌が気になる人がどう判断すべきなのか、ここから解説していきます!

アルコール(エタノール)が配合されている理由とは?

基礎化粧品のほとんどには、アルコール(エタノール)が配合されています。

その理由には2つあって、それは「防腐剤の役割」と「浸透力の役割」。

アルコール(エタノール)を配合することにより、化粧品の成分が安定して、腐りにくくなります。

水はすぐに腐ってしまうけれど、お酒はなかなか腐りませんよね。それどころか、何十年も前のワインやブランデーでもまだ飲めます。

化粧品にはパラベンなどの防腐剤も添加されますが、アルコール(エタノール)を配合することによって防腐剤の配合量を減らせる、というメリットもあるんですよ。

そして、肌への浸透を助ける、という役割も見逃せません。

アルコール(エタノール)を配合することによって、化粧品に含まれる美容成分が肌に浸透するのを助けることができるんです。

アルコール(エタノール)がなくても浸透しないわけではないのですが、無いよりはあった方がいいんですね。

アルコール(エタノール)が肌に与える影響

アルコールフリー、エタノールフリーとわざわざ記載するぐらいですから、「アルコールやエタノールって良くないものなのかな?」と思いますよね。

これは正しいです。

アルコール(エタノール)は肌を刺激します。乾燥肌の方は肌が敏感になっているので、アルコール(エタノール)の刺激で肌が赤くなってしまうこともあるんですよ。

中には、アルコールアレルギーの人もいます。不安な方は病院でアレルギー検査を受けてみてください。

乾燥肌や敏感肌の人でも、アルコール(エタノール)は問題ないという方はいます。

でも、基本的には刺激になることが多いですし、今問題がなくても、少しずつ肌にダメージを蓄積させるおそれがあることは理解しておいた方がいいでしょう。

アルコールフリー(エタノールフリー)を選ぶべきか判断するには

乾燥肌・敏感肌の方は、アルコールフリー(エタノールフリー)の化粧品を使うのがおすすめです。

「使うな!」とは言いませんが、今問題がなくても、長く使うのはやめておいた方がいいです。

アルコールフリーの化粧品に変えただけで肌の調子が良くなる人もいます。

アルコールフリーの化粧品には防腐剤が多く含まれている可能性もありますが、防腐剤にはいろんな種類があるので、敏感肌向けの商品を選ぶようにすれば防腐剤の問題はさほど大きくありません。

また、アルコールフリーの化粧品を選んだとしても、完全にアルコールが無添加とは限らないということも知っておきましょう。

原料の製造過程でアルコールが使われていることはあるので、成分表示にアルコールやエタノールの記載がなくても、微量に含まれていることはあるんです。

特に、超乾燥肌、超敏感肌の方だと微量のアルコールでも刺激になることは考えられます。

アルコールフリーの化粧品でも合わなかった、という人は、また別のアルコールフリーを試してみてください。

わたし自身も、アルコールには敏感なのでアルコールフリーの化粧品を選んでいますが、やっぱり合うもの・合わないものがあります。

今大きな問題が起こっていない人には今すぐ変えるべきとは言いませんが、それでもなるべくアルコールフリー(エタノールフリー)の化粧品を選ぶようにしてください。

そして、今アルコール(エタノール)配合の化粧品が肌に合わないと思っているなら、今すぐアルコールフリーの化粧品に乗り換えるようにしましょう。

ページの先頭へ