あご・フェイスラインはけっこう乾燥しがち

あご・フェイスラインの乾燥対策と見た目年齢を下げるコツ

あごやフェイスラインが乾燥するのってどうしてなんでしょうか?

カサカサしている・ヒリヒリするなど、肌が乾燥すると不快! カサカサした肌は、見た目年齢も老けさせてしまいます。

あご・フェイスラインが乾燥する原因を特定して、どう対策していけばいいのかを知っておきましょう。

あご・フェイスラインが乾燥する原因

あご・フェイスラインが乾燥する原因として考えられるのは以下の3つです。

  • 化粧品が合っていない
  • 空気の乾燥やアレルギー
  • 髪の毛による刺激
  • 触りすぎ

化粧品や空気の乾燥、アレルギーなどの場合は、どの部位の乾燥にも言えることですよね。

あご・フェイスライン以外にも乾燥している部位が多いなら、化粧品を変える、加湿する、アレルギーを疑う、という対策が有効です。

問題は、髪の毛による刺激と触りすぎによる刺激です。

あごやフェイスラインは髪の毛が触れることも多いところですよね。チクチクと毛先により刺激されることで肌が敏感になってしまうことがあります。

また、髪の毛に残留しているシャンプーや、ヘアケア剤・スタイリング剤による刺激も考えられますよ。

そして、あごやフェイスラインを触る癖はないでしょうか? 手にはいろんな雑菌が付いています。

雑菌だらけの手で頻繁に肌を触っていると、それだけ雑菌にさらされることも増えますし、触ることによる摩擦も悪影響を及ぼします。

あご・フェイスラインのガサガサをケアしたい!

あご・フェイスラインのガサガサした乾燥をケアするには、上記の原因を排除するのが先決です。

あご・フェイスライン以外の部位も乾燥しているなら、以下3つを疑い、1つずつ対策していきましょう。

  • 化粧品が合っていない→敏感肌用の化粧品に変えてみる
  • 空気の乾燥→こまめな保湿、室内の加湿
  • アレルギー→皮膚科を受診してアレルギー検査を

あご・フェイスラインがピンポイントで乾燥しているなら、以下の対策が有効です。

髪の毛が触れないようにする

髪の毛がフェイスラインやあごにかからないようにまとめておくようにしましょう。

ヘアバンドを使うと短い髪の毛もすべて固定できるので、顔に髪の毛が付くのが防げますよ。

シャンプー等ヘアケア剤を変える

シャンプーやスタイリング剤、トリートメントなど、髪の毛に付けるものを変えるのもおすすめです。シャンプーは敏感肌用の低刺激のモノにしてみましょう。

スタイリング剤はどうしても低刺激のモノが少ないので、椿油などシンプルなものを使うのがおすすめですよ。

触らない

こればっかり癖なので大変かもしれませんが、なるべく顔を触らないようにすることです。

たとえば、仕事中に顔を触らないようにデスクに鏡を置いておくなど、工夫できることはあります。

無意識に触ってしまう人が多いと思いますので、爪は短く切る、こまめに手を洗うなど、手を清潔に保つのも良い対策になりますよ。

あご・フェイスラインの乾燥と見た目年齢の関係

あご・フェイスラインの肌が乾燥していると、やはり老けて見えてしまうものです。

年齢と共に肌が乾燥するのはある程度仕方のないことですが、正しくスキンケアしていればかなり老化を防げます。

特に、実年齢以上に見た目年齢が老けて見られるという人は要注意!

「年を取ったから仕方ない」とあきらめる前に、あご・フェイスラインが乾燥する原因を作ってしまっていないか、日頃の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?

あご・フェイスラインは、乾燥していると意外と目立つものです。

乾燥を自覚しているなら早めに対策してくださいね。

ページの先頭へ