肌の乾燥によるシミと見た目年齢

乾燥が作り出す肌のシミと見た目年齢の関係

鏡を見てシミを発見したときって、本当にショックですよね……。

「でも、シミができるのは加齢が原因だから仕方ないわ」

なんて思っていませんか?

シミは加齢が原因でできるのもたしかですが、実際には、加齢と言うよりも、乾燥が作りだしているものなんです。

肌が乾燥するとシミができる

シミにも種類あります。

  • 老人性色素斑
  • 肝斑
  • そばかす

他にも種類はいろいろありますが、有名なシミはこんなところ。

もっとも一般的なのが「老人性色素斑」と呼ばれるもので、シミと呼ばれるモノの大半は、老人性色素斑のことを指します。

このシミは紫外線が原因で作られます。しかし、紫外線だけが原因ではありません。

肌が乾燥しているから、紫外線のダメージをまともに受けて、シミが作られてしまうのです!

小学生が毎日外で遊んでいても、シミができることはありませんよね。

ところが、年齢を重ねて肌の水分量が減ってくると、メラニン色素の排出がうまくできないようになり、シミとして残ってしまうのです。

いわゆる「色素沈着」と言われる状態です。

年をとっても、肌が乾燥しないように気を付けていれば、シミはできにくくなります。

ちなみに、よく聞く「肝斑」というのは、30代~40代の方に多いシミで、年をとると消えていきます。

そのため、女性ホルモンが関係しているという説が有力です。

肝斑は顔の左右に対称な形で出るのが特徴ですが、区別しにくい場合は皮膚科で判断してもらうのが良いですよ。

シミがあるほど見た目年齢はアップ!

あなたはファンデーションにカバー力を求めているのではありませんか?
シミをカバーしてしまえば、肌はきれいに見えますよね。

そして、肌はきれいな方が若く見えます。

見た目年齢が若い人ほどシミが少なく、実年齢を感じさせないもの。

でも、いくらファンデーションできれいにカバーしても、すっぴんの肌がシミだらけだとつらくありませんか?

見た目年齢を若くしたいなら、シミを作らせないようにするのが一番です。

肌の乾燥を改善すれば見た目は若く

肌の水分量を増やすことで、肌が健康に近づきます。

健康な肌になると、シミができにくくなるため、見た目年齢を若いままキープできるということです。

もちろん、今あるシミを消すのは簡単なことではありません。でも、乾燥を改善すると今あるシミも少しずつ薄くなります。

シミが目立たなくなってしまえば、見た目年齢は若く見えるようになるでしょう。

シミが原因で実年齢よりも老けて見られる人は、まずは肌の乾燥対策をして、シミを増やさないことから始めてみましょう!

ページの先頭へ