ずっと愛用の同じ化粧品を変えるタイミング

MENU

ずっと同じ化粧品を安心して使っているけど、加齢とともに変えるべきなの?

ずっと同じ化粧品を使っているあなた、その化粧品で本当に大丈夫ですか?

 

特に目立った肌トラブルも無いから、ずっと同じ化粧品を愛用しているという人もいますが、本当は加齢とともに、化粧品も変えたほうがいいんです!

 

加齢とともに肌質は変わる

年齢を重ねていくにつれ、肌質は変わります。

 

特に実感している人が多いのは「出産後」。
妊娠中はホルモンバランスが変化しますが、産後に体質が変わる人は珍しくありません。

 

食べ物の好みが変わる人がいたり、冷え性が改善された(逆に冷え性になった)など、出産を経験するたびに体質が変わる人もいます。

 

肌質も同じです。もともと脂性肌だった人が乾燥肌になることもありますし、逆に、「ひどい乾燥肌だったのに普通肌になった」というケースもあるんですね。

 

出産だけではありません。40代・50代になると閉経がありますよね。閉経の時期が近づいてくると徐々にホルモンバランスは変わってきますし、肌質だってそのタイミングで変わることが多いんですよ。

 

年々、お肌は乾燥してしまう!

肌質は人それぞれですし、ホルモンバランスによる肌質の変化も人それぞれ。

 

ただ1つ言えることは、人は年齢を重ねるほど乾燥肌になっていくということ!

 

年齢を重ねるほどに代謝が悪くなっていき、また肌の内部のヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった成分も減少していきます。

 

赤ちゃんの肌はあんなにつるつるして綺麗なのに、大人になるとだんだん肌のキメも荒くなり、肌トラブルが出やすくなりますよね。

 

これも、肌が乾燥していくからです。

 

肌が老化する→乾燥する→肌トラブルを起こす→ますます老化する

 

という悪循環に陥ってしまうことも……!

 

どうしても肌は乾燥していきます。それを食い止めるには、生活習慣を改善して健康な生活を送ったり、美容クリニックで高額な美肌治療を受けたりといったことも有効です。

 

もちろん、化粧品の見直しが有効であることは言うまでもありません。

 

エイジングケア・高保湿化粧品を使おう

ここ数年で「エイジングケア化粧品」はどんどん増えてきています。

 

やはり、年齢に応じて化粧品を変えるべき、ということなんですね。

 

エイジングケア化粧品の大きな特徴は2つあります。

 

1つは、保湿成分が重視されていること。
配合されている保湿成分が多かったり、より保湿効果が高い成分が入っていたりするのが特徴です。

 

特に、保湿成分として優秀なセラミドが配合されていることは多いんですよ。

 

2つめは、低刺激に作られているということ。 乾燥した肌は刺激に弱いです。化粧品に含まれている成分でも肌荒れを起こしてしまうことがあるぐらいなので、エイジングケア化粧品はなるべく低刺激に作られているのも特徴だと言えるでしょう。

 

◎ずっと同じ化粧品を愛用することで起こる問題

「特に肌トラブルも無いから」とずっと同じ化粧品を愛用していると、こうした問題が起こる可能性があります。

 

  • 保湿が十分にできておらずどんどん肌の乾燥が進行する
  • 乾燥が進行することによってシワ・シミ・たるみができやすくなる
  • 肌トラブルが加速することにより見た目年齢も老けてしまう

大きな肌トラブルはなくとも、水面下では着々と肌の乾燥が進み、そのせいでシミやシワ、たるみといった老化現象も増えていくのです。

 

新しい化粧品を使うのが怖い人へ

ずっと同じ化粧品を愛用していると、新しい化粧品を試すのには勇気がいります。

 

「もし肌に合わなくて化粧品代が無駄になったらどうしよう」
「肌トラブルを起こしたらどうしよう」
などなど。

 

たしかに、新しい化粧品を試すときにはこうした不安はつきまとうもの。

 

そんな人は、エイジングケア化粧品・高保湿化粧品を中心に選ぶことをおすすめします!

 

ドラッグストアなどに行って1つ1つ試してみるのは時間がかかりすぎますし、正直、乾燥が進んだ肌だと合わない化粧品もたくさんあります。

 

でも、エイジングケアや保湿に特化して作られた化粧品であれば、肌に合わない可能性はぐっと減らせるんですよ。

 

また、化粧品を選ぶときにはメーカーの有名度やCMのイメージに惑わされないことも重要です。

 

なるべくサンプルやトライアルセットのある化粧品を選び、まずは実際に試してから、本商品を買うようにしてくださいね。

 

いきなり本商品を買ってしまうと万が一肌に合わなかった場合はお金がもったいないですし、処分するのも心苦しいもの。

 

サンプル品から試すならずっと同じ化粧品を愛用してきた人でも気軽にチャレンジしやすいのではないでしょうか?

関連ページ

見た目年齢を若くするための乾燥対策!"保湿"の基本をおさらいしよう!
見た目年齢を左右するお肌の乾燥問題。解決するには保湿が重要です。でも、保湿成分のことや化粧水など基礎化粧品の役割、ちゃんと説明できない人の方が多いのでは? このページでは見た目年齢を若くするための保湿の基本を紹介しています。
見た目年齢が、実年齢より若く見える人の肌の特徴
実年齢よりも、かなり若く見える人がいます。見た目年齢の若さを決定づけるのは間違いなく肌です。肌がきれいな人は若く見え、場合によっては10歳以上若く見えることも。メイクでごまかしたりしなくても若々しい肌の人には、どんな特徴があるのでしょうか?
乾燥が作り出すほうれい線と見た目年齢の関係
ほうれい線は若い女性にもできやすいのですが、原因を知っていますか?ほうれい線もたるみの一種で、乾燥対策として保湿をして、顔の筋肉を鍛えることが有効。ほうれい線があるだけで見た目年齢が老けて見られてしまうので、早めに対策しておきましょうね!
乾燥が作り出す肌のたるみと見た目年齢の関係
たるみの原因は、表情筋の衰えだけではありません!実は、乾燥が原因でできるたるみもあるんです。たるみがあると見た目年齢も老けて見られてしまいますから、しっかり保湿ケアしていきたいですね。
乾燥が作り出す肌のシワと見た目年齢の関係
シワには小じわから真皮じわまで種類がありますが、いずれも原因は乾燥です!肌の乾燥を放置すると、どんどんシワが増えて、見た目年齢は実年齢から大きくかけ離れてしまうことも!保湿ケアを続けることでシワは予防できるので、早めの対策が大切です。
乾燥が作り出す肌のシミと見た目年齢の関係
シミができると嫌な気持ちになりますよね。シミがあるせいで肌がきれいじゃなくなり、老けて見えるようになるから。シミは、見た目年齢を押し上げてしまうのです。老人性色素斑とも呼ばれるシミは、紫外線だけでなく、乾燥が原因の一つになっています。
肌の乾燥が作り出す老け顔の具体例
見た目年齢が実年齢を上回ってしまう「老け顔」。遺伝的な自分の顔立ちが原因だと思っていませんか?見た目年齢を老けさせる原因となるさまざまな肌トラブルも、乾燥から引き起こされるんです。老け顔を克服するなら、乾燥対策は欠かせません。