こんな肌なら見た目年齢が実年齢より若く見える!

MENU

見た目年齢が、実年齢より若く見える人の「肌」の特徴

マイナス10歳肌

女優さんの年齢を知って、「え!?」と驚くことがありませんか?
「うちのお母さんと年変わらない……」とショックを受けたり。

 

もう20年も前から変わっていない、
それどころかどんどんキレイになっていく、 良い意味で「化け物」みたいな女性はいます。

 

実年齢よりも、見た目年齢がうんと若く見える人は、肌に特徴があるんです。

 

パッと見でわかる特徴・違い

ファッションだけじゃない!?

 

見た目年齢が若い人は、「ファッションが若い」「流行に敏感」など、いくつかの要素が絡まりあっているものです。

 

でも、ただ「ファッションが若い」とか「流行に敏感」というだけでは、単なる若作りになってしまいますよね。

 

本当に「この人○歳に見えない!」と思われる見た目年齢が若い人は、肌が違うんです。

 

  • ツヤ・ハリがある
  • 吹き出物や肌荒れが無い
  • 光ってる
  • 透明感がある
  • 色白

こんな特徴がある肌の人は、確実に実年齢より若く見えます。

 

色白かどうかはあまり関係ないように思えるかもしれませんが、そうでもありません。

 

肌を若く保つには紫外線対策も重要で、色白の人はきちんと紫外線対策ができているという証拠でもあるのです。

 

実年齢−10歳以上ツヤツヤして見える人の特徴

肌の若々しい女性

 

若々しく見える人の中でも、10歳以上若く見えるような人もいます。

 

そんな人はもちろん肌にハリ・ツヤがあり、色白で透明感があります。肌はキラキラと輝いて見えるかもしれません。

 

「マイナス10歳肌」を持つ人には、さらにこんな特徴があります。

 

  • 髪や爪もきれい
  • メイクはシンプル
  • 姿勢が良い
  • ストレス発散が上手

髪も爪も手入れされている

きれいな爪

 

髪も爪も、肌と同じように細胞から作られます。

 

肌が若々しい人は細胞自体が若々しいということですよね。

 

細胞自体が若々しい人は、髪も爪もきれいです。

 

もちろん、日頃のお手入れをきちんとされている方も多いです。

 

メイクで隠さない

ナチュラルメイクな女性

 

たっぷりとファンデーションとコンシーラーを塗りこんで肌を作りこむと、かえって素肌がボロボロになります。

 

特に、実年齢が上の人ほど、化粧品のダメージを受けやすくなってきます。

 

マイナス10歳肌の人ほど、メイクはナチュラルで、肌に余計な負担をかけていないのも特徴です。

 

姿勢が良いから代謝が良い

筋力トレーニングする女性

 

姿勢が悪いと、たるみやシワができやすくなります。また、姿勢が悪いということは最低限の筋力が不足している証拠。

 

見た目年齢が10歳以上若い人の場合、最低限の筋力をキープしているもの。だから姿勢が良いんです。

 

そして姿勢が良いと体の代謝も正常におこなわれるため、美肌をキープできる、というわけです。

 

ストレスを溜めないから若い

ストレスを上手く解消する女性

 

ストレスは美肌の天敵、とも言われます。

 

若く見える人でもストレスが無いわけではありませんが、周りから見ると「あの人はいつも元気」と思われていることが多いです。

 

それはうまくストレス発散できているから。

 

ストレスを溜めないようにすることが美肌につながり、美肌があるおかげで若く見えるんですね。

 


「特に何もしていない(特別なスキンケアをしていない)」人は本当なのか?

見た目年齢と化粧

 

テレビで見るきれいな女優さんが、美肌の秘訣を聞かれて「特に何もしていないんです」と言っているのを聞いたことはありませんか?

 

ウソくさい……と思いながらも実際どうなるか気になりますよね。

 

「特別なスキンケアはしていない」と言う人のうち、半分は本当に何もしていません。もう半分は、実はいろいろしているはずです。

 

実はいろいろしている人

いろいろする女性

 

実は毎日のようにエステサロンに通っている。
美容クリニックでヒアルロン酸やらボトックスやらやっている。
週に3回のワークアウトをしている。

 

などなど実は並々ならぬ努力をして、マイナス10歳肌を手に入れている方です。

 

ただ、一般人からすると「並々ならぬ努力」でも、本人にとっては生活の一部になってしまっているため、「特別なことはしていない」という発言もあながちウソではないでしょう。

 

本当に何もしていない人

何もしない女性

 

遺伝的に肌が強い人というのはいると思います。

 

また、たまたま実践していた生活が、たまたま美容に良いことだった、というパターンもあります。

 

たとえば日光アレルギーの人が、紫外線に当たらないように対策を徹底したことで、見た目年齢が若くなった、とか。

 

他にも、「子供がいるおかげで食生活に気を遣うようになった」みたいなこともあるでしょう。

 

たしかに本当に特別なスキンケアはしていないのですが、かと言って肌に悪いようなことも何もしていない、というのが実際のところ。

 

彼女たちが実はどんな生活を送っているのか、マネすればマイナス10歳肌が手に入るのではないでしょうか?

 

化粧でごまかしているか見極める方法

化粧でごまかす女性

 

とは言え、「見た目年齢が若すぎる!」という人の中には、化粧でごまかしている人が一定数いるのも事実です。

 

「この人実年齢より若く見えるから、ぜひとも美容の秘訣を教えてほしい!」と思っても、その人が化粧でごまかしている人だと参考になりませんよね。

 

「実は化粧でごまかしている人」を見極める方法はあります。以下の2点がポイントです!

 

  • 40代以上でごまかしている人はいない
  • すっぴん美人は顔を近づけても堂々としている

40代以上でごまかしている人はいない

実は実年齢相応の肌をしている人、というのは、シミやシワ、たるみがあります。ただ、シミはメイクで隠せても、シワやたるみまでは隠せません。

 

30代ぐらいまではシミやたるみが少ないので見分けが難しいですが、40代以上になるとシワ・たるみが増えてきます。

 

40代以上なのに30代以下に見える人は、本当に若々しい肌を持っている人だと言えるでしょう。

 

すっぴん美人は顔を近づけても堂々としている

すっぴん女性

 

たとえうまくメイクでごまかしていても、至近距離で見るとごまかしきれいないものです。

 

特に、目元や口元の小じわ。メイクが上手な人でも、間近で見れば小じわが見えるもの。

 

すっぴん美人ほど、至近距離で見られても堂々としています。

 

さすがに「きれいな肌ですね!」なんて言いながら顔を近づけると誰でも恥ずかしくて顔をそらしてしまいます。

 

しかし、さりげなく間近で見てみると、本当にきれいかどうかが分かりますよ。

見た目年齢が若い人に近付いてみよう

美肌の秘密

 

女優さんほど実年齢が分からないというレベルでなくても、周りに若々しい見た目の人っていませんか?

 

周りに見た目年齢が若い人がいれば、ぜひお近づきになってみましょう。

 

特におすすめなのは、40代以上の人

 

20〜30代の人でも、会社の先輩や年上のママ友など、知り合うチャンスはありますよね。

 

肌を観察するだけでなく、その人が食べているものを観察したり、普段のスキンケアを聞いてみたりするのです。

 

化粧品に関しては個人差もあるのでマネして良いとは限りませんが、生活習慣などは参考になるところが多いですよ。

 

 

ベスト3!「マイナス10歳肌」の方が愛用するスキンケアアイテム

 

フラセラの特徴

美肌成分「フラーレン」を高配合した基礎化粧品。フラーレンは、乾燥した肌にうるおいを与えたり肌の老化を食い止めたり、いろいろな働きをしてくれる非常に優秀な成分です。見た目年齢が気になる30代以上の方に特に使ってほしい肌ケアアイテムとなっています。「マイナス10歳肌」を目指すなら、まずはコレ!

価格 1,944円(トライアルセット)
評価 評価5
ポイント トライアル割引あり

 

アヤナス(ディセンシア)の特徴

見た目年齢が気になる方にぴったり。エイジングケアの神髄である「糖化」対策を徹底したオリジナル成分が含まれています。肌のうるおいが無くなっていくその原因に目を向け、根本から改善するために生み出された、老舗メーカー・ディセンシア渾身のスキンケア商品。見た目年齢とともにお肌の乾燥に悩みたくない方へ!

価格 1,480円(トライアルセット)
評価 評価4
ポイント 30日間返品保証付き

 

米肌の特徴

肌が本来持っている力を積極的に引き出すことにアプローチした基礎化粧品が「米肌」です。米肌の最大の魅力は、お米から抽出される成分「ライスパワーNo.11」。ライスパワーNo.11の働きで、肌に最適な保湿成分「セラミド」を肌自身が生み出せるようになるのです。お米の力で見た目年齢をマイナスにするなんて、まさに私たち日本人のためのスキンケアアイテムですね!

価格 1,500円(トライアルセット)
評価 評価3.5
ポイント 送料無料

関連ページ

見た目年齢を若くするための乾燥対策!"保湿"の基本をおさらいしよう!
見た目年齢を左右するお肌の乾燥問題。解決するには保湿が重要です。でも、保湿成分のことや化粧水など基礎化粧品の役割、ちゃんと説明できない人の方が多いのでは? このページでは見た目年齢を若くするための保湿の基本を紹介しています。
乾燥が作り出すほうれい線と見た目年齢の関係
ほうれい線は若い女性にもできやすいのですが、原因を知っていますか?ほうれい線もたるみの一種で、乾燥対策として保湿をして、顔の筋肉を鍛えることが有効。ほうれい線があるだけで見た目年齢が老けて見られてしまうので、早めに対策しておきましょうね!
乾燥が作り出す肌のたるみと見た目年齢の関係
たるみの原因は、表情筋の衰えだけではありません!実は、乾燥が原因でできるたるみもあるんです。たるみがあると見た目年齢も老けて見られてしまいますから、しっかり保湿ケアしていきたいですね。
乾燥が作り出す肌のシワと見た目年齢の関係
シワには小じわから真皮じわまで種類がありますが、いずれも原因は乾燥です!肌の乾燥を放置すると、どんどんシワが増えて、見た目年齢は実年齢から大きくかけ離れてしまうことも!保湿ケアを続けることでシワは予防できるので、早めの対策が大切です。
乾燥が作り出す肌のシミと見た目年齢の関係
シミができると嫌な気持ちになりますよね。シミがあるせいで肌がきれいじゃなくなり、老けて見えるようになるから。シミは、見た目年齢を押し上げてしまうのです。老人性色素斑とも呼ばれるシミは、紫外線だけでなく、乾燥が原因の一つになっています。
肌の乾燥が作り出す老け顔の具体例
見た目年齢が実年齢を上回ってしまう「老け顔」。遺伝的な自分の顔立ちが原因だと思っていませんか?見た目年齢を老けさせる原因となるさまざまな肌トラブルも、乾燥から引き起こされるんです。老け顔を克服するなら、乾燥対策は欠かせません。
ずっと同じ化粧品を安心して使っているけど、加齢とともに変えるべきなの?
ずっと同じ化粧品を愛用していると、だんだんと肌に合わなくなっていくものです。なぜなら、加齢とともに肌は乾燥しやすくなり、肌質も変わるから!新しい化粧品を試すのには勇気も必要になりますが、新しい化粧品を選ぶときのコツも紹介していますよ。