肌の乾燥と見た目年齢

MENU

肌の乾燥が作り出す老け顔の具体例

老け顔の人っていますよね。

 

子供の頃から老けて見られがちな友達、年上だと思っていたら実は年下だった職場の先輩……。

 

老け顔というのは、実は肌の乾燥が作り出すものなんです。肌の乾燥を解決すれば、見た目年齢はぐっと若返るはずです。

 

老け顔と実年齢はほとんど関係ない

年齢を重ねれば、当然見た目も老けた感じになっていきますよね。

 

でも、「年を取ったから老け顔になる」とは言い切れません。

 

孫がいるような年齢なのに30代に見える女性もいれば、
まだ20代なのにオバサンみたいな見た目の人もいるからです。

 

実年齢と老け顔というのは、実はあまり関係がないんです。だから、「わたしはもう年だから、老けて見られるのは仕方ない」なんて思ってはいけません!

 

老け顔に見える肌の特徴

「老け顔」と呼ばれる顔には、こんな特徴があるはずです。

 

  • シワが多い
  • たるみが目立つ
  • シミ、そばかすがある
  • 肌がくすんでいる
  • ハリ、ツヤがない

どれも、肌の悩みによくある定番のものばかり。

 

見た目年齢が老けている人には、こういった肌の悩みが1つ2つではなく、3つ以上同時に存在しています。

 

言わば、肌トラブルのデパート!

 

シワもたるみも、シミそばかすも、くすみもケアしなきゃ。

 

そう思うと、かなり大変です……。

 

でも、実はこれらの肌の悩みは、すべてたった1つの原因が作りだしていると言っても過言ではありません。

 

乾燥がすべての原因になっている

それが、肌の乾燥です。

 

肌が乾燥しているほど、さまざまな肌の悩みが出てきやすくなるんです。

 

たとえばシワ。シワは、年を取って肌が老化するから出てくるものだと思っていませんか?

 

たしかに、年を取るほどシワはできやすくなりますが、実際には年をとることが原因なのではありません。

 

加齢により肌が乾燥するから、シミができるんです。

 

つまり、肌を乾燥させなければ、シワもできにくくなるというわけ。

 

他のシミそばかす、たるみなんかも、肌が乾燥していることが原因です。

 

シミそばかすに関しては、「それより日焼けによる紫外線の影響じゃないの?」という意見もあるでしょう。

 

たしかに紫外線対策もとっても大切なんですが、これも結局、紫外線によって肌がダメージを受け、乾燥することにより肌トラブルが起こる、という流れ。

 

やっぱり、「乾燥」というキーワードは絶対に入ってくるのです……!

 

肌を乾燥させず、十分な水分量を保てるように意識してスキンケアしてみましょう。

 

きっと、少々の小じわ程度ならあっという間に消えてくれます。

 

今あるシワやたるみも、徐々に薄くなって見た目年齢も若返ってきますよ。

関連ページ

見た目年齢を若くするための乾燥対策!"保湿"の基本をおさらいしよう!
見た目年齢を左右するお肌の乾燥問題。解決するには保湿が重要です。でも、保湿成分のことや化粧水など基礎化粧品の役割、ちゃんと説明できない人の方が多いのでは? このページでは見た目年齢を若くするための保湿の基本を紹介しています。
見た目年齢が、実年齢より若く見える人の肌の特徴
実年齢よりも、かなり若く見える人がいます。見た目年齢の若さを決定づけるのは間違いなく肌です。肌がきれいな人は若く見え、場合によっては10歳以上若く見えることも。メイクでごまかしたりしなくても若々しい肌の人には、どんな特徴があるのでしょうか?
乾燥が作り出すほうれい線と見た目年齢の関係
ほうれい線は若い女性にもできやすいのですが、原因を知っていますか?ほうれい線もたるみの一種で、乾燥対策として保湿をして、顔の筋肉を鍛えることが有効。ほうれい線があるだけで見た目年齢が老けて見られてしまうので、早めに対策しておきましょうね!
乾燥が作り出す肌のたるみと見た目年齢の関係
たるみの原因は、表情筋の衰えだけではありません!実は、乾燥が原因でできるたるみもあるんです。たるみがあると見た目年齢も老けて見られてしまいますから、しっかり保湿ケアしていきたいですね。
乾燥が作り出す肌のシワと見た目年齢の関係
シワには小じわから真皮じわまで種類がありますが、いずれも原因は乾燥です!肌の乾燥を放置すると、どんどんシワが増えて、見た目年齢は実年齢から大きくかけ離れてしまうことも!保湿ケアを続けることでシワは予防できるので、早めの対策が大切です。
乾燥が作り出す肌のシミと見た目年齢の関係
シミができると嫌な気持ちになりますよね。シミがあるせいで肌がきれいじゃなくなり、老けて見えるようになるから。シミは、見た目年齢を押し上げてしまうのです。老人性色素斑とも呼ばれるシミは、紫外線だけでなく、乾燥が原因の一つになっています。
ずっと同じ化粧品を安心して使っているけど、加齢とともに変えるべきなの?
ずっと同じ化粧品を愛用していると、だんだんと肌に合わなくなっていくものです。なぜなら、加齢とともに肌は乾燥しやすくなり、肌質も変わるから!新しい化粧品を試すのには勇気も必要になりますが、新しい化粧品を選ぶときのコツも紹介していますよ。