肌の乾燥によるほうれい線と見た目年齢

乾燥が作り出すほうれい線と見た目年齢の関係

ほうれい線ができる原因が、何か知っていますか?

ほうれい線は年配の方だけでなく、20代など若い人でも悩んでいる人が多いもの。

そこで、ここではほうれい線ができる原因と、見た目年齢との関係を紹介していきますね。

ほうれい線はたるみの一種である

ほうれい線とは、口の両サイドにできる大きなシワのことですが、たるみの一種です。

たるみは顔の筋肉低下や肌の乾燥が原因で起こっていますが、特に乾燥は深刻な問題なんですよ。

肌の乾燥は、皮膚の中の水分が減っている状態です。水分量が減ることにより肌のハリが失われ、たるみになってしまうんですね。

また、丸顔の人はほうれい線ができやすいため、脂肪の多さもほうれい線に関係していると言われています。

顔の脂肪を減らすのは大変ですが、顔の筋肉を鍛えるエクササイズによって引き締めることはできますよ。

ほうれい線があるだけで老け顔に!?

ほうれい線にも、2つの種類があります。1つは、笑ったときだけ口周りにできる軽いシワ。

これはたいてい誰でもできるもので、特に気にする必要はありません。

怖いのは、真顔の状態でもくっきりと刻まれてしまった深いほうれい線です。

もはや「真皮じわ」のレベルで深いたるみができてしまっているため、簡単には改善できません。

そして、深いほうれい線が与える見た目年齢への影響も大きいですよね。どうしても、実年齢よりも老けて見られやすいです。

ほうれい線には、さらにこんな問題も!

ほうれい線は見た目年齢の問題だけでなく、さらに2つの問題も抱えてしまいます。

1つは、表情おブスになりやすいということ。笑顔になると、よりほうれい線がくっきりしてしまいます。

「なるべくほうれい線を刺激しないように」と笑わないようにしていると、結果的にはいつも仏頂面に。笑顔までなくしてしまうのはつらくありませんか?

もう1つは、メイクがしにくくなること。

深いほうれい線があることにより、ファンデーションが隙間に入り込んでしまいます。

丁寧にメイクをしても、どうしてもファンデーションがヨレてしまい、肌が余計に老けて見えてしまうことも。

ほうれい線があるとしても、

  • 気にせず笑顔になる
  • ほうれい線周辺はファンデーションを薄くする

といったことに気を付けましょう。

ほうれい線があっても、ナチュラルなメイクをして笑顔でいる方がずっと素敵ですよ。

見た目年齢はほうれい線対策が重要

軽いほうれい線であれば、保湿ケアにより改善しやすいです。

肌が乾燥してしまわないように、こまめに保湿をしたり、自分に合った保湿化粧品を使うというのも必要ですね。

そして、これ以上ほうれい線が深くなってしまわないように、注意深く観察していきましょう。

深いほうれい線が刻まれてしまった場合も、改善できないわけではありません。とにかく保湿・保湿・保湿、です!

また、ほうれい線もたるみの一種であることを考えると、猫背にならないように気を付けたり、顔の筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れるのもおすすめ。

ほうれい線はケア次第で目立たないようにできますし、見た目年齢を若返らせたいなら、ぜひ積極的なケアをしていきましょう。

ページの先頭へ