60代の乾燥肌と見た目年齢に関する”あきらめ”

60代の乾燥肌と見た目年齢~必要なあきらめとあきらめてはいけないこと~

60代の肌はシミ、しわやたるみなど、さまざまな困難との戦いになりがちです。

「もう歳だから仕方ないわ」

と言いながらも、できれば美しい方がいいし、若く見られたいって思いますよね。

ここでは、60代の方でも見た目年齢を老けさせないために考えておきたい「あきらめてはいけないこと」を紹介します。

60代になってもあきらめてはいけない!?

化粧品のCMなどを見ていると、「年齢に負けない」とか「いつまでも若々しく」といったフレーズが踊っています。

なんとなく魅力を感じるフレーズではありますが、本当にそれが正しいのでしょうか?

間違った方向で努力しても、その努力は報われないと言われています。

たとえば20代の子と同じようなファッションをしてみても、似合っていなければ痛々しいだけになってしまいますよね……。

「若作り」と「若々しい」は違います。

自分に似合わないのに若い人のファッションを取り入れるのは間違い。

もちろん、気分はまだ若いからと、若い人向けの基礎基礎化粧品を使うのも間違いですよ……!

では、60代らしい若々しさってどういうものなのでしょうか?

60代らしさ・60代の美しさって何だろう

60代にもなると、どうしても肌は老化してきます。50代のとき以上に肌は乾燥しやすくなりますし、乾燥と老化のせいでたるみやシワ、シミも目立つようになってくるもの。

でも、同じ60代でも見た目年齢が50代に見える人もいれば、70代に見えてしまう人もいますよね。

できれば若く見られたいというのは当然の気持ちですし、実際、肌の乾燥対策をきちんとおこなっていれば、見た目年齢は若く見られます。

肌質は見た目年齢に大きく影響するところなので、肌自体が若々しければ、多少若い人のファッションをしていても、違和感なく見えるでしょう。

ただし、60代の乾燥肌対策は、多少手間とお金がかかります。

60代でも見た目年齢が若く見える人は、必ず対策をしているものです。その努力を見せていないだけなんですね。

面倒くさいけどがんばってお手入れをする、ちょっとだけ美容にお金をかかる。

この差が、とても大きいんですよ。

自分らしく美しさを追求しよう!

60代の人が20代や30代の肌質になることはできません。今あるたるみやシミを消し去ることもできません。

※美容外科に行くのもいとわない!というなら別です・・・

でも大事なのは、自分らしい美しさを追求することではないでしょうか。

ここで言う自分らしさ・美しさというのは、精神的な部分も含めてです。

CMを見て新しい基礎化粧品に飛びついて失敗したり、いい加減なスキンケアをして自分の肌をいじめたりするのはやめましょう。

60代でも乾燥肌でも、きちんと自分に合った基礎化粧品を選んでスキンケアをして、自分の肌と丁寧に向き合っていれば結果は出ます。

簡単に今すぐ若返る方法なんてありません。美は1日にしてならず、と思って地道にケアを続けていくことが何よりも大切だということを忘れないでくださいね!

ページの先頭へ