50代によくある乾燥肌

50代に多い乾燥肌は見た目年齢にどう影響

実年齢が50代でも、乾燥ケアを続けていけば40代に見られるほど若返ることも可能です。

実際、周りにも若々しい人っていますよね。

その人たちは、もしかしたら美容にすごくお金を使っているのかもしれません。もしくは、遺伝的に肌が丈夫なのかもしれません。

でも、そんな人はほとんどいません。

たいていの「見た目年齢が若い人」というのは、わたしたちと同じように肌の乾燥に悩むこともあります。

美容に使えるお金だって、たくさんあるわけではありません。

それでもきれいを保てるのは、やはり日々の乾燥ケアのたまものではないでしょうか。

50代がやってはいけない乾燥ケア

20代と50代では、どう考えても必要なケアは違いますよね。

でも、あなたはこんなことをしてしまっていないでしょうか?

  • 若い人向けのスキンケア化粧品を使う
  • 化粧水をパチパチと肌に叩き込む
  • 化粧品を肌に刷り込むように塗る

化粧品は年相応のものを

エイジングケア用の化粧品だと、高いものが多いですよね。「高いものをちびちび使うよりも、安いものをたっぷり使うほうが肌にいいはず」なんて思っていませんか?

たしかによく聞くフレーズですが、安いものでも大丈夫、というのは間違いです。

ちびちびと使うのはダメです。

高額な化粧品ならいい、というわけでもありません。

でも、50代になったらやはり、年相応の化粧品を選びましょう。

そして、バシャバシャ使わなくていいので、適量使うようにしましょう。

化粧水は優しく浸透させる

「パチパチと叩き込む」のも、「ゴシゴシと刷り込む」のも、どちらも間違ったやり方です。

叩き込んでしまうと、皮膚の細胞に強い刺激を与えてしまうことになりますよね。

化粧品を刷り込むように塗るのも、やはり摩擦により強い刺激を与えてしまいます。

スキンケアするときには叩かず刷り込まず、優しく「ハンドプレス」してください。

50代がやるべき乾燥ケア

肌の老化現象は、単に年齢的な問題だけではありません。

普段の生活が、今の肌を作っているということを意識しましょう。

化粧品選びやスキンケアのやり方以外にも、こんなところに気を付けてみてください。

  • 食生活を整える
  • 軽い運動をする
  • 良質な睡眠をとる

食事から美肌成分を摂ろう

いくら良い化粧品を使っていても、栄養が不足しているときれいな肌が作られません。

自分が食べたものから肌が作られますよね。

難しい栄養のことが分からなくても、肉や魚、野菜などいろんな食材をバランスよく食べればOKです。

そのためには、「昨日は肉だったから今日は魚にしよう」とか「昨日は洋食だったから今日は和食にしよう」といった具合に偏りを作らないのがポイントですよ。

もちろん、一番のおすすめは和食です。和食の割合を少し増やすだけでも、美肌成分を摂取しやすくなります。

運動は軽いものでOK!

いわゆる「美魔女」と呼ばれる人たちだと、毎朝所ジョギングをしているとか、ジムに通っている、という人も多いですよね。

でも、いきなりそんな意識の高いことはできません。できなくて当然なので、「わたしにできるわけがない」なんて落ち込まなくても大丈夫です。

できることをやればいいんです。

たとえばたまには歩いて買い物に行くとか、家事をするときには姿勢を正すことを意識するとか。

日常生活の中で少しずつ運動量を増やしていけば、徐々に血行が良くなり、肌が生き返ってきますよ。

もちろん、体力もつきますから、健康寿命を延ばすこともできます。

睡眠は量より質

年齢を重ねるとともに、睡眠時間は短くなっていきます。でも、睡眠は量より質。

無理に長時間寝ようとしなくても大丈夫なんです。

それよりも、寝つきを良くする・眠りを深くするといったことを意識してみてください。

そのためには、朝しっかり日光を浴びるとか、寝る前はテレビを消して静かに過ごすなど、睡眠の質を高めるための対策が必要です。

化粧品×生活習慣の改善

見た目年齢が40代になるぐらいの肌に戻すためには、化粧品選びやスキンケアといった対策と、もう生活習慣の改善が必須です。

どちらか1つだけでは、実年齢より若く見られる肌は作れません。

たいていの人は高い化粧品を使ってみたり、スキンケアに力を入れてみたりするわけですが、肝心の生活習慣が乱れたままでは、効果が少ないんですよ。

今50代の人でも、見た目年齢を40代に見せることは可能です。

老化には勝てないとあきらめる前に、できる対策から1つずつ実践していきましょう!

ページの先頭へ