50代のほうれい線も乾燥ケアで改善できる!

【50代向け】乾燥からくる「ほうれい線」のケアガイド

ほうれい線がいよいよごまかせなくなってきた50代のあなた。

なんとなく効果がありそうな化粧品を見つけては、手あたり次第試していませんか?

50代のほうれい線は、肌の乾燥が原因になっています。

そこで、ここでは50代のほうれい線を軽減するための、乾燥対策について紹介したします!

年を取るほど肌は乾燥する

年齢を重ねると、徐々に肌の保湿機能が低下していきます。

子供の肌は何もしなくてもあんなにきれいなのに、20代半ばを過ぎたあたりから、だんだんと肌が乾燥してくるんですよね。

人間の皮膚にはもともとコラーゲンなどの保湿成分が含まれているのですが、その保湿成分の量が減ってきて、それが原因で肌が乾燥しやすくなります。

これは老化の一種で、完全に止めることはできません。

しかし、老化のスピードを遅くさせることは可能です。

また、あなたが「老化」だと思っている肌の乾燥には、実は老化以外の原因が関係していることもあります。

老化以外の原因は排除しよう

老化以外の原因としては、スキンケアの問題と、生活習慣の問題があります。

スキンケアの問題

まず、正しい方法でスキンケアできていますか? ほうれい線が気になるあまり、ゴシゴシと刷り込むようにスキンケアしていないでしょうか?

スキンケアをするときの手の圧力や摩擦も、肌にとってはストレスになります。優しく、丁寧にケアしてくださいね。

また、もちろん使用している基礎化粧品が合っていないという問題もあるでしょう。

肌に合わない基礎化粧品は、肌をきれいにしてくれるどころか、肌荒れや乾燥によるほうれい線など、肌を汚くしてしまうのです!

肌に合わない化粧品は、「もったいないから」と使い続けるのではなく、すみやかに使用を中止しましょう。

生活習慣の問題

スキンケアができていても、生活習慣に問題があれば肌の乾燥は防げません。

たとえば紫外線対策。万全にできているでしょうか?

運動不足になっていないでしょうか。睡眠はきちんととれているでしょうか。

なるべく健康的な生活習慣に近づけることが、ほうれい線を和らげるための近道です。

スキンケアは保湿重視

ほうれい線を薄くするためには、ほうれい線だけにアプローチしても意味がありません。

皮膚って、顔全体がつながっていますよね。肌質自体を改善していかないと、ほうれい線対策にはなりません。

だから、ほうれい線にピンポイントでケアしようとするのではなく、顔全体をしっかり保湿するように意識してくださいね。

ほうれい線を軽減するためには、とにかく皮膚を乾燥させないようにしなければなりません。

特に、以下のポイントを意識してみてください。

  • 皮膚を清潔にすること
  • たっぷりと水分を与えること
  • たっぷりと油分を与えること

肌が乾燥させないように丁寧な保湿ケアをするのはもちろんのこと、肌を清潔にすることも大切ですよ。

スキンケアも、クレンジング・洗顔から見直しておくことをおすすめします。

ほうれい線を軽減する具体的なスキンケア

スキンケアのやり方を具体的に見ていきましょう。

洗顔はぬるま湯で優しく

クレンジング剤と洗顔料を両方使う、いわゆる「ダブル洗顔」はおすすめしません。

肌が乾燥しているのに、さらに2回も続けて洗顔すると、ますます乾燥してしまいますよね。

1回の洗顔で不安だという方は、コスメを見直してみても良いでしょう。最近はお湯で落ちるタイプの化粧品も増えているので、チェックしてみてください。

洗顔の基本はぬるま湯を使うことです。

お風呂に入るときはつい熱いお湯を使ってしまうという人も多いのですが、それでは必要な皮脂まで洗い流してしまうことになりますよね。

なるべく38度以下の温度で、優しく丁寧に洗うようにしてください。

ゴシゴシこするのも、絶対にダメですよ。

化粧水は低刺激のものを

50代の乾燥肌には、低刺激なタイプがおすすめです。

肌が乾燥するのは老化や生活習慣だけが原因ではありません。

刺激の強い基礎化粧品を使うことによって、肌がさらにダメージを受けてほうれい線ができやすくなります。

敏感肌用など、最近は低刺激タイプの基礎化粧品も多いので、そういったものを選ぶようにしましょう。

乳液・クリームで迷ったらクリームを

50代の方には乳液よりも、クリームのほうがおすすめです。

肌の乾燥を防ぐためには保湿成分がもっとも重要ですが、ついヒアルロン酸だとかコラーゲンといった成分ばかりに気を取られてしまいますよね。

それだけではなく、化粧品の油分も大切なんです。意外と見逃しがちな人が多いのですが、肌は水分と油分のバランスが大事なんですよ。

ほうれい線を和らげるには、ほうれい線だけを念入りにケアするのではなく、顔全体の肌質に対してアプローチすることが大切です。

生活習慣にも気を付けつつ、きちんと丁寧に保湿ケアを続けていけば、ほうれい線も軽減されていくはずですよ。

ページの先頭へ