50代&乾燥肌の基礎化粧品選び

50代&乾燥肌の基礎化粧品選びをまじめに考える~何を重視する?どこにお金をかけるべき?~

50代になると、乾燥肌がかなり深刻な状態になっている人も少なくありません。

「若いころに無茶をしたから」「昔日焼けしたせいで乾燥する」など、「若気の至り」を反省することもありますよね。

ただ、多かれ少なかれ、どんな人にでも老化は訪れます。きちんとスキンケアしてきた人でも、50代になると乾燥肌になるのです。

それは、肌本来が持つ水分保持機能が低下していくから。

だからこそ、スキンケアでもきちんとフォローしていくことが大切です。

でも残念ながら、基礎化粧品の選び方を間違えているせいでかえって乾燥肌を進行させてしまってしまうこともあります。

そこで、ここでは乾燥肌に悩む50代の方にお伝えしたい、基礎化粧品の選び方やお金をかけるポイントについて解説していきますね!

50代の乾燥肌には「余計なことをしない」!

化粧品の選び方を知る前にまず、前提として知っておいてほしいことがあります。

それは、「肌に余計なことをしない!」ということ。

乾燥肌が深刻化するほど、ついあれこれ化粧品を試したくなるんですよね。

10代の若い肌なら多少無茶をしても大丈夫なのですが、50代の乾燥肌には、あれこれ試すという無茶は命取りになることも。

一度肌が荒れてしまうとしばらく回復しないこともあるので、安易に新しい基礎化粧品を試すのはおすすめしません。

残念ながら、普通肌には問題ない化粧品でも、乾燥肌には「余計なモノ」になってしまうこともあるのです。

だからこそ、基礎化粧品は慎重に選びましょう。

50代向け!基礎化粧品の正しい選び方

50代の乾燥肌に必要な基礎化粧品は、こうして選びましょう。

保湿成分にはこだわろう

乾燥肌に必要なのは、何よりも保湿成分です。エイジングケア化粧品にはこだわりの保湿成分が配合されていることが多いですが、まず試したいのはセラミド。

セラミドにもいろんな種類があり、人によって合う合わないはあるので、セラミド配合の基礎化粧品を中心とした選び方をしてみましょう。

アヤナス、アスタリフト、ヒフミドといったブランドにはそれぞれセラミドが配合されているので、使い心地を比較してみてくださいね。

値段が安すぎないものを

値段が安いからと言ってダメとか、高いからいいというわけではありません。とは言え、実際には高額な商品ほど、品質の高いものは多くなります。

安い化粧品だと、どうしても大量生産できる格安な原材料を使わざるを得ませんからね。

目安として1本5,000円以上のものがおすすめですが、比較的格安なものだと、ヒフミドやモイスティシモといったブランドがおすすめです。

シンプルなケアに変えてみるのもおすすめ

50代で乾燥肌の方だと、いろんな基礎化粧品を試しすぎて迷子になってしまっている人もいます。

そんな方には、一度シンプルなスキンケアに立ち返る、というアプローチもおすすめです。

たとえばライスパワーエキスという成分を使った「米肌」や独自の保湿理論で作られた「オラクル」、POLAが展開する「モイスティシモ」など、セラミド以外の保湿成分を試してみましょう。

また、メディプラスゲルのようなオールインワンゲルを使ってみるという方法も。1本でスキンケアが終わってしまうのでとってもシンプルですよね。

スキンケアを簡潔にしてしまうことで肌への負担が減って乾燥肌が改善することもありますよ。

1つだけお金をかけるなら美容液で

乾燥肌に悩む50代の方には、基礎化粧品にこだわっていただきたいです。そういう意味では、クレンジングからクリームまで、すべてある程度レベルの高い基礎化粧品に投資すべき。

ただ、その中でも特にお金をかけるとしたら、美容液にドンっと投資するという選び方がおすすめですよ。

保湿成分にもいろんな種類があり、格安な商品だと少ししか保湿成分が入っていないということもあるんですよね。

そこで、美容液だけ高級なものを使い、たっぷりと高品質な保湿成分を取り入れて、乾燥肌対策をしよう、というわけです。

アヤナス、米肌、アスタリフト、ヒフミド、オラクルといったブランドだとトライアルセットがあるので、しっかりお試ししてから購入するかどうかを決められますよ。

それぞれ機能性の違う美容液なので、使い心地を比較してみてくださいね。

50代の乾燥肌に合った基礎化粧品を選ぼう

50代の方だと、30代や40代のころからずっと同じ基礎化粧品を使用している人も見かけます。

それでも本人が満足しているならそれでいいのですが、乾燥肌に悩んでいるなら基礎化粧品は見直すべきです。

基礎化粧品には膨大な種類がありますから選び方を知らなければ何から考えればいいのかわからなくなってしまいますよね。

だからこそ、今回紹介した選び方や、重視すべきポイントをしっかり意識した上で自分に合った基礎化粧品を選び取ってくださいね。

ページの先頭へ