30代に見られるための必要なことって?

MENU

30代に見られたい40代のための見た目年齢&乾燥ケア

40代でも30代に見える人っていますよね。

 

「え!? 年下だと思ってた……」

 

なんて、驚きとともに、けっこうショックだったりしますよね。

 

でも、きちんと乾燥対策をすれば、見た目年齢を引き下げることは可能です。

 

10歳も若返るというのはすぐには難しくても、今より5歳ぐらい若返ることなら十分可能です。

 

地道に乾燥対策を続けていれば、見た目年齢を「実年齢−10歳」も夢ではありませんよ!

 

40代が実践すべき乾燥ケア

40代になると、肌自体が持つ水分保持力はかなり低下してきます。

 

これは生物学的にも仕方のないこと。

 

コラーゲンやヒアルロン酸といった皮膚の保湿成分は年齢とともに減っていくので、乾燥対策ケアで補っていかなければならないんですね。

 

だから、化粧品選びで気にするべきなのは、高品質な保湿成分です!

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド……。

 

いずれも一般的な保湿成分で、これらの保湿成分が配合されている化粧品は多いですよね。

 

でも、同じ名前でも、その内容は全然違うんです。

 

メーカーによって、保湿成分をナノ化して浸透力を高めていたり、人間が本来持つ保湿成分に近い性質の成分を配合していたりします。

 

簡単に言ってしまえば、安い化粧品に入っている保湿成分は効果が低めで、高価な化粧品ほど、高品質な成分が入っている傾向があるんですよね。

 

これまで安い化粧品を使ってきた人は、そろそろスキンケア化粧品の見直しをするとき。

 

高ければいいというものでもありませんが、40代ならスキンケア化粧品にかけるお金も、少し増やしたほうがいいかもしれません。

 

肌をいたわる「低刺激」な化粧品を

肌の乾燥が進む40代には、低刺激の化粧品をおすすめします。

 

肌の乾燥が進むほど、肌自体が弱くなっていきます。

 

化粧品の成分に反応してかぶれてしまったり、赤くなってしまったりすることも増えてくるんですよ。

 

化粧品の品質を安定させるためには添加物が必要なのですが、なるべく無添加に近いもの、肌に刺激となるような成分が入っていないものを選ぶのがおすすめです。

 

最近は敏感肌・乾燥肌用の基礎化粧品が増えているので、自分に合った化粧品を見つけやすくなっているでしょう。

 

化粧品で油分を補う

肌の乾燥は、皮膚内部の水分保持力が減ってくることだけでなく、角質層の水分保持力が減ったり、皮脂の分泌量が減ったりと、肌表面の問題でもあります。

 

基礎化粧品も、若い人向けのもの、エイジングケア用など、年代別にいろいろありますよね。

 

こういった年代別化粧品の大きな違いは、油分の量だと言えます。(もちろん、配合されている成分の違いもあるのですが。)

 

若い人向けの化粧品は油分が少なく、さっぱりしています。逆に、40代以上向けに作られた化粧品は油分が多くなっているんですね。

 

エイジングケア化粧品に乳液よりクリームタイプが多いのもそのせいです。

 

べたつくのが嫌いだという人も、若い人向けの化粧品を使うのはやめましょう。

 

べたつきを感じないタイプのクリームもありますから、ぜひチャレンジしてみてください。

 

年代によって適切な油分と水分のバランスは変わるので、意識してみましょうね。

 

シンプルケアを心がけよう

年齢が上がるごとに、基礎化粧品のアイテム数も増えますよね。

 

化粧水、乳液だけではありません。美容液、クリーム、アイクリームなどなど。

 

肌に合うものであればアイテム数は何個でもいいのですが、肌の乾燥が気になる人ほど、まずはシンプルケアを心がけることをおすすめします。

 

使用するアイテム数が多くなるほど、肌を触る回数も増えてしまいます。触れることによる刺激も、乾燥が進んだ肌には大きなダメージとなりますよ。

 

また、使用するアイテム数が多くなるほど、肌につける成分の種類も増えます。

 

肌が乾燥して敏感な状態になっていると、化粧品の成分に反応してしまうことも増えるので、肌荒れリスクが高まるのです。

 

シンプルなスキンケアを心がけていれば触れる回数も、触れる成分の種類も減らせるので、肌の刺激が減りますよ。

 

30代に見られたいなら

スキンケアを少し変えるだけでも、年齢相応に見られるようになるはずです。

 

でも、もっと若いときのような、30代の肌を取り戻したい方は、もう少しがんばらなければいけません。

 

まずはシンプルケアを実践していただきたいのですが、肌の調子が良くなって来たら、さらにスキンケアに注力していきましょう。

 

クレンジングも今より丁寧におこなったり、メイクに使う化粧品も、より高品質なものを使うようにしてみてください。

 

それだけスキンケアに力を入れるのは、すぐにはできないかもしれません。でも、「まずは1か月だけ」というように気軽に始めてみると、案外続きやすいものです。

 

時間をかけたスキンケアに慣れてきたら負担に感じることもなくなります。ストレスは肌の大敵なので、ストレスがかかりすぎない範囲で今よりもっと、肌をいたわる気持ちでスキンケアをしてみてくださいね。

 

もちろん、医療機関で美容点滴を受けるとか、エステに行く、といった方法は手っ取り早くて効果的です。

 

でもこうしたワンランク上の美容も、肌の乾燥が進みすぎていると十分な効果が得られないので、まずは基本的なスキンケアで肌を落ち着かせることが大切ですよ。

 

生活習慣の改善も忘れないで

ここまで化粧品の話を中心に進めてきましたが、生活習慣が乱れたままでは、どんなに良い化粧品を使っても効果を実感しにくくなります。

 

40代は仕事や家事、育児などいろいろ忙しい年代ですが、自分のことを後回しにしすぎると、ますます肌の乾燥が進み、見た目年齢が老け込んでしまいます……。

 

外食のときはいつもより少しヘルシーなメニューを選ぶ、歩くときはお腹を引っ込めるなど、普段の生活の中でできることはいろいろありますよね。

 

はじめから完璧な生活習慣を実践するのは難しいですから、1つずつできることをやってみてください。

 

1つずつやっていくだけでも徐々に肌は健康な状態に近づいていきます。

 

肌の乾燥が軽減されれば見た目年齢も若返っていきますし、体も健康に近づくので、スキンケアも楽しめるようになってくるはずですよ。

関連ページ

【40代向け】乾燥からくる「ほうれい線」のケアガイド
ほうれい線の原因は、主に肌の乾燥です。40代になると肌も乾燥しやすくなるので、当然ほうれい線も目立ってくるんですよね。でも、正しくケアすれば乾燥は改善し、ほうれい線も薄くなってきますよ。
【徹底解説!】シワが目立ち始めた40代のための乾燥ケアガイド
シワが目立ち始める40代でも、正しい乾燥対策をすることでシワは改善できます! 「正しい乾燥対策」と言っても意外と間違ったケアをしている人も多いんですが。このページでは、40代が実践すべき正しい乾燥対策について紹介しています!
【40代編】使用中の化粧品で十分な乾燥ケアができているかのチェックリスト
40代になると肌が乾燥しやすくなりますが、もしかすると、今使用中の化粧品が合っていないだけかもしれません。化粧品が合っているかどうかのチェックリストと、化粧品選びのポイントを解説しています。
40代に多い乾燥肌は見た目年齢にどう影響?
肌の乾燥が深刻になってくる40代では、見た目年齢もぐっと上がってくるころです。見た目年齢を決めるのはどのパーツなのか、乾燥対策をする上でどんな心構えが必要なのか、改めて考えておきましょう。
40代&乾燥肌の基礎化粧品選びをまじめに考える〜何を重視する?どこにお金をかけるべき?〜
40代の乾燥肌は、けっこう深刻なレベルになっていることも多いです。どこまでお金をかけるべきか、迷ってしまうこともありますよね。ここでは、1つだけお金をかけるとしたら何がいいか、値段の目安など、選び方のポイントを紹介していますよ。