30代ならまだまだあきらめる必要はない!

30代に多い乾燥肌は見た目年齢にどう影響?

30代になると、肌の衰えを感じるようになってきますよね。

「もうわたしもオバサンだわw」なんて笑っている場合ではありませんよ。

30代に突入すると肌の力はどんどん弱くなってきます。

20代後半から薄々気づいていた肌の衰えは、今後どんどん加速すると思っておいた方がいいでしょう。

30代乾燥肌の見た目年齢への影響と原因について紹介していきます!

30代の乾燥肌、見た目年齢は一気に「おばさん」に!

肌が乾燥していると、それだけで老けて見えてしまいます。

見た目年齢を判断するとき、けっこう肌の影響って大きいんですよね。潤っている肌は若々しく見えるものです。

30代の場合、乾燥が進んでいるとシミやシワ、たるみといった問題も起こってくるため、余計に老けて見えるんです!

30代になると、周りの同級生との差も大きくなってきますね。若い人はいつまでも20代に見えるのに、老けて見える人はすっかり「おばさん」になってしまいます。

20代に見えなくても、せめて年相応の見た目年齢を維持していきましょう!

30代からの乾燥の原因は?

乾燥肌の原因にはいろいろありますが、30代に多い原因は以下の通りです。

  • 生活習慣の問題
  • スキンケアが合っていない
  • ストレス

もちろん、年齢問わず問題になることではありますが、30代女性にとってはかなり深刻な問題なんですよ。

生活習慣の問題

食生活や睡眠、運動など、生活習慣による乾燥は考えられませんか?

  • 仕事が忙しいからつい簡単な食事で済ませてしまう
  • ストレスで暴飲暴食してしまう
  • 慢性的な睡眠不足
  • 慢性的な運動不足

などなど……。

「忙しいから自分のことは後回しにしてしまう」

でも、いつまでも後回しにしていると、どんどん肌の乾燥は進みます。

家事を効率化するなどして、自分のために使う時間を持つことも大切ではないでしょうか?

また、乾燥対策といっても「エステに行く」など時間がかかるようなケアが必要なわけではありません。

少しの時間でできる対策ばかりですので、少しずつ取り入れていきましょう。

スキンケアが合っていない

年齢とともに、必要なスキンケアは変わってきます。

20代の頃に使っていた基礎化粧品にも、30代には合わなくなってくるものです。

長年同じ基礎化粧品を使っている方は、早めに見直しましょう。

本格的なエイジング化粧品じゃなくても、20代向けよりは少し油分が多く、高保湿のアイテムを選ぶのがおすすめですよ。

逆に、スキンケアのしすぎが乾燥の原因になっている人もいます。

基礎化粧品を使いすぎてしまうと、余った油分が酸化して肌にダメージを与えることもあるんです。

適量を守りながらスキンケアすることが何よりも大切だと言えるでしょう。

ストレス

20代なら、多少ストレスが溜まっても肌にまで影響が出ることはほとんどありません。

しかし、30代になるとストレスによる肌荒れも増えてくるんです。

それに、30代は仕事でも責任ある立場になったり、子供ができたりしてストレスが大きくなってくる人も多いですよね。

ストレスを放置していると体調不良や肌荒れなど、乾燥以外の問題も起こってきます。

ストレスを完全になくすことは難しくても、早めにストレス発散するように心がけてくださいね。

アレルギーや皮膚疾患の可能性も

上記3つの原因の他、アレルギーや皮膚疾患の可能性も疑ってみてください。

特に、こんな方は要注意です。

  • どの基礎化粧品を使っても滲みる・赤くなる
  • 肌がかゆくて掻きむしってしまう
  • 肌がボロボロに荒れている

慢性的にこんな状態が続くなら、生活習慣やスキンケアでは解決できません。

アトピー性皮膚炎など皮膚疾患が考えられますし、何らかのアレルギーを発症しているかもしれません。

アレルギーは、大人になってから突然発症することもあります。

花粉症もアレルギーの1つですが、ある日突然発症することだってありますよね。

皮膚疾患やアレルギーが疑われる場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

乾燥がひどく肌が荒れているときには基礎化粧品を変えてもただ刺激になるだけです。

まずは治療。基礎化粧品を使うのはその後にしてくださいね。

ページの先頭へ