30代のシワ対策

MENU

【徹底解説!】シワが目立つ気がする30代のための乾燥ケアガイド

30代のシワ対策

 

30代になると、きちんとケアしてきたかどうかの成果が、はっきりと肌に現れてきます

 

その代表的な要素が「シワ」です。

 

シワが目立つと、それだけで見た目年齢が老けて見えてしまいますよね。

 

そして、シワができる原因はやっぱりお肌の乾燥!

 

シワが目立ってきたな、と思ったら、30代のうちに手を打っておきましょう!

 

あなたのシワはどのレベル?

シワをなくす

 

シワと言っても、細かい小ジワ(ちりめんジワ)からくっきり刻まれた深いシワまでいろんなレベルがあります。

 

あなたのレベルはどの程度でしょうか?

 

レベル1: 目尻の小ジワ(ちりめんジワ)
レベル2: 軽い表情ジワ
レベル3: 深い表情ジワ
レベル4: 深いシワがおでこにもある

 

レベル1程度なら、すぐに改善できます。肌が乾燥していて、シワが出来始めている状態ですね。まだ、「一時的なシワ」と言ってもいいでしょう。

 

レベル2もまだ軽度のシワです。表情ジワはほうれい線のところや目尻など、表情の変化によって出来るシワのことです。

 

表情を変えたときにできたシワが少し残る程度、といった感じですね。

 

レベル3だと、深刻に受け止めた方がいいです。集中的に保湿ケアをして、肌の乾燥を改善しましょう。

 

肌の乾燥が慢性的に続いていると、表情ジワが刻み込まれてきます。

 

30代だとさすがにレベル4まで到達している人はほとんどいないでしょう。でも、もし該当するなら、かなり焦った方がいいです

 

「年取ったからしょうがないよ」なんて言っている場合ではありません。30代なら、そこまでのシワはまだできないものです。

 

かなり重度の乾燥状態になっているはずなので、今すぐ対策を打ちましょう!

 

やってはいけないシワ対策

30代になってシワが目立ち始めると、ついやってしまうことがあります。

 

それは、過剰に触ること

 

スキンケア化粧品を変えたあと、肌の調子がいいかどうか、つい触ってしまう。
スキンケアにも力が入るので、シワを伸ばすように念入りにスキンケアしてしまう。

 

心当たりはありませんか?

 

スキンケア自体でも、手で触れることによる刺激はあります。シワをぐいぐい伸ばすような触り方は完全に逆効果です!

 

スキンケア化粧品を変えたあとは特に、シワが気になって顔を触る回数が増えてしまいますから、意識的に我慢してくださいね。

 

スキンケアやメイクの際にはどうしても手が触れてしまうものですが、触るのは最低限に抑えましょう。

 

正しいシワ対策は保湿から

保湿は重要

 

シワ対策はとにかく保湿です。

 

ただ、保湿と言ってもやり方が分かっていないと間違った対策をしてしまうこともあります

 

保湿を「乳液でフタをすること」とか「化粧水で水分を与えること」だと思っていませんか?

 

もちろんそれも大切なのですが、それだけでは肌自体の機能は取り戻せません

 

つまり、「化粧品を塗ったときだけの保湿」になってしまうのです。

 

それよりも、肌自体が水分保持力を取り戻し、肌が勝手に潤うような状態に戻す必要があります

 

そのためには、化粧品以外のことにも注意して乾燥対策していくのがおすすめです。

 

生活習慣の改善も

食事も重要

 

化粧品だけでなく、生活習慣にも目を向けてみましょう。

 

30代になってくると私生活でも仕事でも多忙な人が多いので、乾燥対策が後回しになりがちです。

 

忙しい中でも、

  • 食事の栄養バランスには気を付ける
  • 睡眠時間は確保する

など、基本的なところは意識しておきましょう。

 

無理を続けると、肌の乾燥が進むだけでなく体調不良にもなってしまいます。

 

さらには、40代になったときにはさらに肌が深刻なダメージを引きずったままになってしまいますよ。

 

室内の乾燥にも注意

加湿器

 

オフィス内や車内、家の中など、空気が乾燥していると、それだけ肌も乾燥しやすくなりますよね。

 

湿度計や加湿器を導入して、空気の乾燥にも気を付けましょう。

 

オフィスのように公共の場所では加湿器を使うのが難しいので、ミストタイプの化粧水を取り入れるなどして乾燥対策してくださいね。

 

化粧品は保湿成分に注目

保湿成分にはコラーゲンヒアルロン酸などがあり、いずれも大切な成分です。

 

しかし、保湿成分でもっとも注目しておきたいのはセラミド

 

セラミドにも種類がたくさんあるのですが、浸透力の高さを謳っているものを選ぶようにすると失敗しにくいですよ。

 

他にも、ただ保湿成分が入っているだけでなく、皮膚本来の働きを取り戻させるために働く成分などいろいろあります。

 

化粧品を選ぶときには説明書きをよく読んで、保湿力の高そうなものを選んでくださいね。

 

30代のシワはなかったことにできる

シワはなくせる!

 

おばあちゃんのように深く刻み込まれたシワになると、たるみもあるので簡単には除去できません。

 

美容外科でのあれこれが必要になってきます。

 

しかし、30代の比較的浅いシワであれば、十分取り返し可能です!

 

1か月程度保湿ケアを重点的にしていけば、かなり薄くなっていることでしょう。

 

2か月3か月と続けていけば20代にも見えるほどの肌を手に入れることもできます。

 

「もうオバサンだわ」なんて諦めないで、しっかり乾燥対策をしてシワに立ち向かっていきましょう。

 

30代のシワ改善にはフラーレン配合化粧品!

フラセラ
詳しくはこちら
『フラセラ』で肌の老化・酸化対策をすることが、乾燥と見た目年齢ケアにもつながる!

 

関連ページ

【30代向け】乾燥からくる「ほうれい線」のケアガイド
ほうれい線は肌の乾燥も原因で、30代になると徐々に目立ってきます。しかも、放っておくとどんどんシワが深くなり、たるみも発生するんです。でも、ほうれい線を気にするあまり、間違ったケアをしている人も多いです。早めにスキンケアを見直しましょう!
【30代編】使用中の化粧品で十分な乾燥ケアができているかのチェックリスト
30代になると、肌の乾燥で悩む人が増えてしまいます。でも、実は年齢のせいではなく、使っている化粧品の問題かもしれません。合わない化粧品を使っているなら今すぐ見直しが必要。化粧品が合っているかどうか、チェックしてみましょう!
20代に見られたい30代のための見た目年齢&乾燥ケア
30代は、20代とは違うスキンケアが必要になってきます。さらに、スキンケア以外にも気を付けるべきところが出てきます。肌が乾燥して見た目年齢が老けて見えている方も、ケア次第では20代に見えるほどの肌を取り戻せますよ!
30代に多い乾燥肌は見た目年齢にどう影響?
30代の乾燥肌は、さまざまな原因が複雑に絡み合っているものです。だから、何が原因か分からないのでは?でも、放置していると見た目年齢は老けていく一方。30代にありがちな乾燥肌の原因をチェックして、適切なケアをしていきましょう!
30代&乾燥肌の基礎化粧品選びをまじめに考える〜何を重視する?どこにお金をかけるべき?〜
乾燥肌に悩む30代のあなた。基礎化粧品の選び方には自信がありますか?基礎化粧品を買うとき、どこにお金をかけるべきなのか、どのような基準で選べばいいのか、あらためて確認しておきましょう。きちんと選べば乾燥肌も改善されるはずですよ!