30代のほうれい線ケア

【30代向け】乾燥からくる「ほうれい線」のケアガイド

年齢を重ねるとともに、ほうれい線が目立ってきていませんか?

30代に突入すると、今まで以上にほうれい線が目立ち始めます。

そして、このまま放っておくとさらにほうれい線が濃くなってきて、40代にはさらに深刻な事態に……。

ほうれい線の濃さによって見た目年齢はかなり左右されますから、しっかり乾燥対策してほうれい線を薄くしていきましょう!

30代の乾燥がほうれい線を作る

肌が乾燥している人ほど、ほうれい線が目立ちます。

10代や20代のときは、肌の水分量が多いのでほうれい線もさほど目立たなかったですよね?

30代になるとどんどん肌の水分量は落ちてきますから、ほうれい線が目立つのも当然です。

乾燥の原因はいろいろあります。

空気の乾燥、スキンケア化粧品が合っていない、洗いすぎ、などなど……。

でも、それだけではなく、肌自体の衰えも、乾燥の原因になっています。

20代のときと同じスキンケアを続けていると、肌は乾燥する一方です。

30代には30代に合ったスキンケアがあります。スキンケアのやり方を見直すことも、忘れてはいけません。

シワ+たるみをケアしよう

ほうれい線の正体は、シワ+たるみです。

ほうれい線は口元にできるシワですが、若い人でも笑うとほうれい線ができますよね。

この表情ジワが固定されてしまうことで、ほうれい線が目立つようになってきます。

さらに、年齢とともにたるみが出てくることにより、さらにほうれい線のシワが深く刻まれていきます。

シワだけでなく、たるみも肌の乾燥が関係しています。ほうれい線をなくすには、シワとたるみの対策を併用していくのが鉄則ですよ!

口元を乾燥から守るケアガイド

ほうれい線をなくすには、まずは口元の乾燥を解決しなければなりません。

以下の点をチェックして、あてはまるところを改善するといいですよ。

生活習慣は乱れていませんか?

食生活・運動習慣・睡眠時間など、生活習慣は問題ありませんか?

30代になると、完璧な生活習慣を維持できないものですよね。

でも、「忙しいから仕方ない」と生活習慣をおざなりにしていると、ますます乾燥が進んでしまいます。

1つずつでいいので、生活習慣の改善を意識してみてくださいね。

あと、室内の空気の乾燥にも要注意です。

空気が乾燥していると当然お肌も乾燥してしまいます。

加湿器を使うなど、空気の乾燥対策も同時にやっていきましょう。

化粧品が合っていないのでは?

やはり、化粧品は大切です。スキンケア化粧品は長年同じものを使っているという人は、そろそろ見直しが必要。

30代になると肌自体が持つ水分保持力が下がってくるので、保湿機能が高い化粧品にシフトしていくのがおすすめです。

マッサージのやり方が間違っていませんか?

ほうれい線が気になる方がやってしまいがちなのが、間違ったマッサージです。

ほうれい線を伸ばすつもりでしているマッサージが、逆効果になっているかもしれません!

間違ったマッサージのやり方として多いのは、こういったものです。

  • リンパの流れに沿っていない
  • クリーム(ジェル)を使っていない
  • 強い力でゴリゴリマッサージしている
いずれも、肌に負担をかけるマッサージなので、今すぐやめましょう。
  1. リンパの流れに沿って、
  2. マッサージクリーム(ジェル)を使い、
  3. 優しくマッサージする

この3点を守れば、ほうれい線にも効果のあるマッサージができますよ。

ページの先頭へ