30代の乾燥ケア

【30代編】使用中の化粧品で十分な乾燥ケアができているかのチェックリスト

年齢とともに、使うべき化粧品は変わってきます。

でも、化粧品もいろいろあるので、「どの化粧品が自分に合っているのか分からない!」という人も多いんですよね。

そこで、30代の方向けに、使用中の化粧品が合っているかどうかのチェックリストを作りました。

ぜひ、チェックしてみましょう。

使用中の化粧品で乾燥ケアできてる?

以下の項目が自分に当てはまるかどうか、チェックしてください。

  • スキンケア直後にべたつく
  • スキンケア直後でも乾燥する
  • スキンケアしてしばらく経つと乾燥する
  • 赤くなることがある
  • ピリピリする
  • スキンケア後のメイクがしにくい
  • ニキビ、吹き出物ができる

当てはまる項目が多いほど、今の化粧品が合っていないということです。

1つだけであればまだセーフですが、2つ以上当てはまるようなら化粧品の変更を検討してみてください。

使い方が間違っている可能性も

「どの化粧品もわたしに合わない!」とコロコロ化粧品を変えている人は、使い方が間違っている可能性があります。

べたつきや乾燥を感じる人は、使い方について振り返ってみてください。

使う量が多すぎたり少なすぎたり。

1日2回のところを1回にしてみると調子が良くなる人もいます。

化粧品によって自分に合う量やお手入れ回数も変わるので、長年使い方を変えていないという人は、1週間ほど検証してみてくださいね。

皮膚科での治療も検討を

赤くなる・ピリピリするなど、肌に異常が出ている場合は、化粧品が合っていない可能性が高いです。

肌荒れがひどいなら、皮膚科に行って治療しましょう。

荒れた肌は化粧品では治せません。

肌荒れした状態ではどんな化粧品を使っても刺激になるだけですよ。

しっかり治療したあとで、使いたい化粧品を使いましょう。

ちなみに、皮膚科でも保湿剤は出されるので、治療中はその保湿剤を使うようにしてくださいね。

乾燥が気になる30代のための化粧品とは?

スキンケア化粧品は年齢とともに見直すのがおすすめです。

使用中の化粧品が合わないのなら、もっと自分に合いそうな化粧品を探してみましょう。

新しい化粧品を選ぶときのポイントはこちらです。

保湿重視の化粧品を

「美白」だとか「毛穴ケア」だとかいろいろありますが、まずは保湿そのものを重視して選びましょう。

肌が乾燥していると、どんな良い美白化粧品を買っても毛穴ケア化粧品を使っても効果が無いからです。

まずは何よりも保湿。保湿成分にもいろいろありますが、表面的な保湿ではなく、ナノセラミドなど浸透力の高さを謳っているものを選ぶのがおすすめです。

油分は少し多めに

20代はまだ皮脂自体がたくさん分泌されるので、さっぱりした化粧品の方が使いやすかったはずです。

でも、30代になり、肌の乾燥が気になるのであれば、「さっぱりタイプ」の化粧品はダメ。

使い続けていると見た目年齢にも開く悪影響を与えてしまいます。

油分は主に、乳液・クリームに配合されています。

30代ならまだ、あまり油分の多いクリームは必要ありません。

選ぶなら、しっとりタイプの乳液か、もしくは比較的軽めのクリームを選ぶといいですよ。

ページの先頭へ