30代&乾燥肌の基礎化粧品選び

30代&乾燥肌の基礎化粧品選びをまじめに考える~何を重視する?どこにお金をかけるべき?~

30代に突入して急に乾燥肌になった、という人は多いんですって!

実はわたしもその1人。だからこそ、30代の化粧品選びには一言どころか二言三言、物申したいと思っています。

乾燥肌は見た目年齢も老けて見えますし、お金をかけるところを見極めて、効果的に投資したいですよね。

ここでは、30代乾燥肌の方に伝えたい、基礎化粧品の選び方やお金をかけるべきポイントについて紹介いたします!

お金をかけるポイントを見極めよう

30代になると、化粧品の選び方も二極化していきます。

まずは、「独身貴族ガンガンお金かける派」。
独身、特に実家暮らし。お給料も上がってきて、美容にもお金をかけられる人たちです。

でも、お金をかけられるからこそ、大して吟味せずに新商品に飛びついたり、モデルさんや女優さんが使っている珍しい化粧品に飛びついたりしてしまいます……。

一方、「既婚者お金かけない節約派」。
子供が生まれると特に、自分のことにかけられるお金は減ってしまいます。もちろん独身でも、一人暮らしで生活が苦しいと化粧品にかけられるお金は少ないですね。

既婚者だと、ある程度の収入や貯金があったとしても、「子供の教育費として残しておきたい」とか、「自分ばかりお金を使うのは夫に悪い」といった心境に。

美容にお金をかけることに抵抗が出てきてしまうことで、安い化粧品しか買わなくなってしまうんですね。

どちらのケースも、正しい基礎化粧品の選び方をマスターしておかなければなりません。

お金をかけるよりも時間をかけよう!

お金をかければいいというものではありません。それよりも大事なのは、化粧品選びに時間をかけることなんです。

「早く、いい商品を紹介してくれ!」

そんな思いでこのページを見ているなら申し訳ないですが、人それぞれ肌質は違うのに、「あなたにおすすめの商品はこれ☆」だなんて紹介できません。

そうやって安易におすすめ商品を紹介するのは無責任だと思っています。

化粧品の選び方のコツはお伝えできても、おすすめ商品は紹介できません。

自分に合った化粧品を見つけるには、正しい選び方を知った上で、自分で時間と手間をかけることが絶対に欠かせないということを知っておいてくださいね。

重視すべきポイントのリスト

乾燥肌に悩む30代の方のために、基礎化粧品を選ぶときに重視すべきポイントをまとめました。

以下のポイントを意識して選べば、失敗することは少なくなりますよ。

保湿成分至上主義

基礎化粧品にはいろんな機能を持たせたものがありますが、乾燥肌の人は何よりも先に、保湿を重視してください。

美白だとかそういうのは後回し!

多機能の基礎化粧品も、肌が乾燥していては大して効果はありません。先に乾燥肌を改善し、それから肌の悩みを解決するための基礎化粧品にシフトしていきましょう。

アルコールフリー

アルコールに敏感な方は、アルコールフリーの基礎化粧品を選びましょう。今までに合わなかった化粧品で、「もしかしてアルコールが原因かも?」と心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

アヤナスとオルビスのアクアフォースはアルコールフリーですよ。アヤナスはしっとり、アクアフォースはさっぱりとした使い心地です。

敏感肌向け・エイジングケア

基礎化粧品にはいろんな種類がありますが、乾燥肌で悩んでいるうちは敏感肌向けの化粧品や、エイジングケア商品を選ぶのがおすすめです。

乾燥肌だと刺激に弱く、化粧品の成分でも赤くなってしまったり、かぶれてしまうことがあるんですね。

敏感肌向け・エイジングケア商品だと刺激になりやすい成分を極力避けて作られているので、乾燥肌の人にも使いやすいものが多いですよ。

当サイトで紹介しているものは、すべて敏感肌向けやエイジングケア向けの商品です。

おすすめの保湿成分

保湿成分にはいろんな種類がありますが、もっともおすすめなのはセラミドです。

アヤナス、メディプラスゲル、アスタリフト、ヒフミドにはセラミドが配合されていますよ。

また一方で、植物エキス系の商品が合うという人もいます。オラクルやPOLAモイスティシモなどは、セラミドをはじめとする一般的な保湿成分は配合されていません。

しかし、普通とは違うアプローチの保湿の仕方を考えられた製品なので、試してみる価値はあると思います。

30代乾燥肌女性がお金をかけるべき基礎化粧品とは?

基礎化粧品はお金をかければいいというものではありません。それに、使えるお金には限りがあるのですから、メリハリのあるお金の使い方をしたいですよね。

乾燥肌に悩む30代女性がお金をかけるべき基礎化粧品は、ずばり乳液・クリームです。

その理由を説明しましょう。

一般的には、「お金をかけるなら美容液!」と言われています。
しかし、保湿のことだけを考えれば、本来は美容液を使う必要はないんです。

せっかく美容液を使うなら高いものを使った方がいいと思いますが、限られた予算の中で1つだけお金をかけるとしたら、美容液よりも乳液・クリームの方がいいはずです。

化粧水も大事ではありますが、化粧水の目的は水分を与えること。そして、化粧水の成分はそもそもほとんど水です。

刺激になるような成分が入っていなくて肌トラブルが起こらないものを選べばそれでいいです。

乳液・クリームは、スキンケアの仕上げです。しっかり保湿してくれる成分と適度な油分が入ったものを選ぶことが大切なんですよ。

美容液は絶対に使わなければ保湿できないというものではありませんから、使いたい人だけ使えばOKではないでしょうか。

高ければいいというものではありませんが、乳液とクリームだけは少し奮発して高いものから選ぶようにしてみてくださいね。

ページの先頭へ