20代ならまだ間に合う乾燥と見た目年齢対策

MENU

20代に多い乾燥肌は見た目年齢にどう影響?

20代で乾燥肌だと、今後が不安です。

 

年齢を重ねるにつれ肌の水分量が減ることは知っていますよね?

 

「肌質だから」とあきらめないで、20代のうちに健康で乾燥しない肌を作っておきましょう。

 

乾燥のせいで20代でも見た目年齢は30代!?

肌の乾燥は、見た目年齢に大きく関係します。

 

シワやシミ、たるみなど、すべての原因は乾燥から来ているからです。

 

20代の方でも、肌が乾燥しているせいで見た目年齢が老けて見えることはあります。

 

本当は20代なのに、30代に見えてしまってはせっかくの可愛いメイクも服も台無し。

 

肌が見た目年齢に与える影響はかなり大きいので、メイクよりファッションより、肌を若々しく保つことが大切なんです!

 

20代にありがちな乾燥肌の原因

本来、20代の肌というのはまだまだきれいなはずです。
皮膚細胞の働きも活発で、まだターンオーバーも正常になっていて当然。

 

にも関わらず肌が乾燥しているということは、何らかの原因が潜んでいるということですよね。

 

20代に多い乾燥の原因は、このようなことが考えられます。

 

  • 栄養が偏った食生活
  • 睡眠不足
  • スキンケアの不足
  • 過度のスキンケア

1つ1つ、詳しく解説していきますね!

 

栄養が偏った食生活

皮膚も、当然自分が食べたものから作られます。また、健全なターンオーバーを促すのも、食べたものから来る栄養が必要です。

 

たとえば、1人暮らしを始めた途端肌荒れしてしまう人がいますが、これは、食生活の偏りが原因になっていることが多いんですよ。

 

実家で栄誉バランスの良い食事をしていたときは肌がキレイだったのに、1人暮らしを始めたことで栄養バランスが崩れた、ということは無いでしょうか?

 

コンビニ弁当や外食ばかりになっていませんか? 食事を抜かしてお菓子や菓子パンで済ませたりしていませんか?

 

好きなものばかり食べていたり、食事を抜かしていたりすると、栄養が足りなくなって肌が乾燥しやすくなりますよ。

 

睡眠不足

若いうちはまだ体力があるので、たまに徹夜したり夜更かししても、回復が早いです。

 

でも、だからと言って睡眠時間を削ってはいけないのです。

 

体は大丈夫でも、体の内部には疲れが溜まっていきます。

 

溜まった疲れは肌に影響します。もちろん、内臓も疲れて消化がうまくいかなくなったり、栄養が行き渡らなくなってしまうことも!

 

皮膚は体の中でも一番末端の組織になるため、栄養が足りなくなるとまず肌から衰えていくんですよ。

 

寝ているあいだには、成長ホルモンが分泌されます。身長が伸びるだけが成長ではありません。

 

新しい皮膚を作るのも成長ホルモンのおかげなんです。

 

睡眠不足で成長ホルモンが減ってしまうと、肌のターンオーバーが正常におこなわれなくなってしまいますよ。

 

スキンケアの不足

20代だと、「まだ肌もきれいだし、スキンケアなんてしなくても大丈夫」と考える人もいます。

 

一応化粧水や乳液は使っていても、十分なスキンケアができていないことがあるんですよ。

 

たとえば、使用する化粧水の量が足りていないこともあります。

 

「ベタベタするから」と乳液やクリームを省いたせいで油分不足になっていることもあります。

 

また、一番怖いのは「メイクをきちんと落とせていないこと」!

 

夜更かしをして「面倒くさいから」とお風呂に入らず寝てしまうことはありませんか?

 

ファンデーションなどの化粧品も、長時間付けていれば肌の負担になります。ダメージを受けた肌はどんどん乾燥してしまいますよ。

 

過度のスキンケア

美意識の高い方だと、逆に過度のスキンケアをしてしまっていることがあります。

 

まだ20代なのに50代向けのエイジングケア化粧品を使っていませんか? 年齢別化粧品で一番異なるのは、油分の量です。

 

まだ油分が多い20代の肌に、エイジング化粧品は早すぎます。油分が多くなりすぎてしまい、かえって肌の乾燥を招いてしまいますよ。

 

肌に合わない化粧品を「高かったから」と使い続けるのもダメ。使っても肌の調子が良くならないなら、さっさと使用を中止しましょう。

 

もし体に使えるなら、高かった化粧品はボディローションとして使えば無駄になりませんよ。

 

何事もやりすぎは禁物。

 

スキンケアも、やりすぎてしまうと肌に負担を与えてしまうことを覚えておきましょうね。

 

アレルギー・皮膚疾患

20代なのに肌の乾燥がひどいという方は、アレルギーや皮膚疾患の恐れもあります。

 

代表的なのがアトピー性皮膚炎ですね。なんらかのアレルギー症状が原因で、皮膚が荒れてしまうんです。

 

皮膚疾患の場合、化粧品でどうにかなる問題ではありません。適切な治療と保湿が必要になりますので、まずは皮膚科を受診しましょう。

 

アトピーだとわりと厄介なのですが、アレルギー検査により原因を突き止めたり、薬の使い方をマスターすれば十分コントロールできるようになりますよ。

 

乾燥のせいで見た目年齢が上がってしまっている人は、実年齢の若々しい肌を取り戻すために、早めに原因を探ってみてくださいね!

関連ページ

乾燥が原因で老けて見える20代女性が、まず見直すべきこと
20代なのに老けて見られる方は、肌が乾燥していることが多いです。本来ならまだまだきれいなはずの肌。乾燥してしまうのは、生活習慣やスキンケアに問題があります。乾燥の原因として考えられるものと、それに対する対策をまとめています。
【20代編】使用中の化粧品で十分な乾燥ケアができているかのチェックリスト
20代なのに肌が乾燥している、という人は、基礎化粧品が合っていない可能性も疑ってみましょう。化粧品が合っていないと判断するためのポイントや、20代の基礎化粧品選びのポイントを紹介していますよ。
【徹底解説!】シワが目立ち始めた20代のための乾燥ケアガイド
20代のシワは、老化ではなく肌の乾燥が原因になっています。肌の乾燥を防ぐためにいろいろケアしているかもしれませんが、そのスキンケア、間違っていませんか? 乾燥を防いでシワを改善するポイントを紹介しています。
【20代向け】乾燥からくる「ほうれい線」のケアガイド
20代でほうれい線が気になり始めた人は、肌が乾燥している確率が高いです。しかも、ほうれい線をごまかそうとした間違ったケアをしていることも。ほうれい線を改善するための乾燥対策をおさらいしておきましょう。
20代&乾燥肌の基礎化粧品選びをまじめに考える〜何を重視する?どこにお金をかけるべき?〜
20代で乾燥肌に悩んでいるということは、今後30代40代になったときにはもっと深刻な状態になっているということです。今のうちに基礎化粧品の選び方をマスターして、お金をかけるポイントもおさておきましょう!