20代のシワとほうれい線ケア

【20代向け】乾燥からくる「ほうれい線」のケアガイド

20代でもほうれい線に悩む人は多いですよね。

ほうれい線ができてしまう原因にはいろいろあり、むくみや骨格が関係していることもあります。

ただ、20代になってからほうれい線が気になってきたという場合は、肌の乾燥が影響していることが多いんですよ。

ほうれい線ができる「乾燥以外」の原因

ほうれい線ができる原因のうち、骨格や姿勢といったものは、なかなか変えられるものではありません。

スキンケアよりも、日頃から姿勢を正すように意識したり、骨格矯正に通うという対策が必要です。

また、むくみによるほうれい線を解決するには、まずはむくみ解消が必要ですよね。

ただ、むやみにマッサージしても逆効果なので、顔のエクササイズや月1回程度のフェイシャルマッサージなどがおすすめですよ。

乾燥によるほうれい線は老けて見える!

もともとの顔立ち(骨格)が原因でほうれい線がある方もいます。

そういう人は、ほうれい線があったとしてもそこまで老けて見えるようなことはありません。

ただ、乾燥が原因のほうれい線は、皮膚自体の質感も乾燥しているため、見た目年齢が老けて見られやすいんです。

肌の乾燥を改善すれば、ほうれい線も薄くなります。

見た目年齢も引き下げられるので、ちゃんと20代に見てもらえるようになりますよ。

ほうれい線部分が乾燥してしまう原因は?

ほうれい線があるところは、頬や口周りなので、わりと乾燥しやすいです。

20代で若くても、ちょっとしたことで乾燥してしまうんですよね。

たとえば不規則な生活になったり、肌に合わない化粧品を使ったりしてしまうと、すぐに乾燥してしまいます。

また、ほうれい線特有の問題としては、「気になるから触りすぎてしまう」という問題。

マッサージをしたり基礎化粧品を塗り込んだり、さらにはメイクするときにもしつこくファンデーションを塗ってしまいます。

こうした「触りすぎ」や「塗りすぎ」が肌の負担になり、さらに乾燥が進んでしまうんですね。

ほうれい線を薄くする乾燥対策!

ほうれい線を薄くするために必要な乾燥対策のポイントは2つだけです。

  • こすらない
  • 保湿を徹底する

ほうれい線があると、顔のマッサージにも力が入ってしまいます。

しかし、自己流のマッサージだと顔を必要以上に摩擦してしまうことになり、肌に負担を与えます。

「ちゃんとスキンケアしなくちゃ!」とこすりすぎてしまうこともあります。

ほうれい線が気になるとしてもなるべく触らないこと。特にこすったり押したりする刺激は肌に大ダメージなので、絶対にやらないでくださいね!

次に保湿。
保湿の基本は、基礎化粧品によるスキンケアです。

保湿と言っても、特別なことは必要ありません。20代のうちは肌の回復力も高いので、化粧水と乳液だけで十分です。

ただ、肌に合わない化粧品は使わないでください。また、基礎化粧品はセラミドをはじめ保湿成分がしっかり配合されているものがおすすめですよ。

ページの先頭へ